« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

本【事件のカンヅメ/村野薫】

事件のカンヅメ/村野薫

表紙に「思わずトホホな犯罪テンコ盛り」とか、
著者の名前の下に「三面記事の鬼」とか書いてあるし、
何より「新潮OH!文庫」というふざけた名前の響きから、アホな事件ばかりが載っているのかと思ったが、割と真面目に色々な事件の事が書かれている。

興味深かったのが、新聞の尋ね人・求人欄に絡んだ事件。
第三者から見てもただの“呼びかけ”にしか見えない尋ね人欄が
実は誘拐や脅迫事件の連絡手段としてつかわれていたり、
犯人自身が依頼主だったり。
実際に新聞に載った尋ね人欄の裏でのやりとりや、求人広告を使った殺人事件も。
求人を呼びかけて、結果保険金殺人とか恐ろしい例がいくつもあるもんですね。

実際ただの人探しでも深読みすると怖く思えてしまう。
解決したのかどうかは知り様がないので尚更。

最後の方は超メジャーなグリコ・森永事件がほとんどメインになっているのが惜しい。
この他の章でもちょくちょくグリコ・森永事件に触れる。
気持ちはわかるが、有名ゆえにどこでも見れる情報だからね……。

面白かったのが偽の夜間金庫を作った強盗の章。
ベニヤ板で作ったニセ夜間金庫にお金を入れさせて騙し取る、という事件ですが
犯人の手先が器用で、レシートが出るような工夫やライトアップまでこだわり、
巧みな張り紙や注意書きでベニヤ製の夜間金庫にお金を入れさせる。
結局失敗に終わるわけなんですが、後に別の脅迫事件で同じベニヤの片割れが使われていた、とか。
グリコ森永事件の犯人と同一ではないかと騒がれたっていうのもなんだかすごい話です。
犯人が捕まってないというのも凄い、と思ったけど、まったくお金を手に入れていないのでやっぱり凄くはないか。

この件をまねて作られた発泡スチロールのニセ夜間金庫はさすがに笑った。
もちろん速攻でショボさに気が付かれて失敗している。
失敗に終わっているせいもあるけど、昨今のATMを機械ごと盗む手口より愛嬌があって良いですが、
こんな工作をする暇と熱意を犯罪以外に向けて欲しいものです。

しかし、ベニヤ板=男のロマンなのは間違いない!はず

広く浅く、軽い感じだけどなかなか面白かった。
雑学として話のタネにもなりそうです。

事件のジャンルでカテゴリー分けがされているものの、途中で別の事件や犯人の話が挟まったりして
(模倣的な犯罪が多いせいもあるけど)読みにくい箇所が結構ある。

新潮OH!文庫wの本、アマゾンでもあまり手に入らなくなっているけど、
「殺人データファイル」とかも読んでみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

アニメ【空中ブランコ】

アニメ「空中ブランコ」

電気グルーヴの曲が使われているのをCMで見たので、一巻を見てみました。
このアニメ、放送枠が“ノイタミナ”なんですね。
アニメ「ハチミツとクローバー」「のだめカンタービレ」「東のエデン」など、
なんとも女子向けの枠であり、尚且つオサレ感が高い。
あぁ、ノイタミナかぁ……と、それだけで近寄りがたいというか、
ぶっちゃけた話、あまり見たくない。

とか言いながら、調べてみたら「墓場鬼太郎」と「モノノ怪」は見てた!
この二つは結構好きだ。。。くやしいっ!
鬼太郎も電気だったね。

前置きが長すぎましたが「空中ブランコ」

話は精神科を舞台にした一話完結型で、毎回患者・症状が異なる。
作画が実写を交えていたり、極彩色に加えそこかしこに水玉模様が描かれていたり、
説明もなく先生の大きさが変ったり、患者の顔が動物になったりと、なんか色々凄い。

凄いんだけど、何もかもオサレ~にまとまっているのがやはり“ノイタミナ”の魔力か。
精神に関わる病をテーマにしていても不安定感はなく、むしろ統一されていてガッチリ安定した世界に見える。
エンディングもシャングリラで無難w
見る側も作り物の狂気として安心して見ているから、そう見えるのかも知れません。

ガチの草間 彌生(←公式ページ。細かい物・ブツブツ・びっしり嫌いは観覧注意)の作品は恐ろしいのであまり長時間みられない。
空中ブランコのパッケージを見た時この人を連想したんですが、特に関係はないようです。
地面や建物に草間 彌生作のテクスチャーとか貼られたら、見てるこっちが発症モノだ。

アニメ内の水玉テクスチャーは、かわいい感じ。ギャルの持ち物とかこんな色使いありそう。
ゴチャゴチャした画面だが、主要人物以外の人ごみなどはハリボテのようだったりして面白い。
これは関係ない人々なんだな~というのが解りやすくて良いかも。
パラッパラッパー以来のペラペラ感。

精神科医・伊良部一郎が、大・中・小とくるくる変化するのは何か意味があるんだろうか。
大→中年?顔がぬいぐるみ。下品デブ
中→青年・一番普通?見た目がハウルみたい
小→子供・クール。か・わ・い・い
大きさも見た目も性格も変るので、最初はわけわからんかった。
いきなり実写で登場するマユミちゃんにもびっくりしたが、
注射後の「ふんっ」てのはイイネ!

お話は、まぁ普通(二話までしか見てないけど)
映像のインパクトに比べてストーリーは薄い……かな?
最初と最後5分ぐらい見れば大体理解できるだろうし。

第一話でサーカスの空中ブランコが出てきたけど、
タイトルが「空中ブランコ」なのに一話だけしか出てこないのかなあ。

遊びゴコロは面白いけど、見るのが疲れるアニメです。
でも、アート好きのオシャレさんは見るとイイよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

怪談レストランが完全にギャグアニメになっていました。

怪談レストランが完全にギャグアニメになっていました。

第12話
「取り替えられた赤ちゃん」

友達の家に赤ちゃんを見に行く主人公たち。
お祝いの品は何にするかと相談していると、「金属のスプーンかな」とショウくん。
理由を尋ねると、この本を読めば解る、と。(得意気にハードカバーの本を持ち歩いてるw)

仲の良い夫婦に嫉妬した黒い妖精が赤ちゃんを取り替えてしまうというもの。
物語りのシーンでは、アコと不良君のコンビが夫婦として出演。
お姫様抱っことか楽しそうです(^q^) ウフフアハハ
2人の子供をうらやましがった黒い妖精(肌が紫でぼさぼさ白髪の酔っ払いおやじみたいな赤鼻)に、
赤ちゃんがすりかえられ
「ヒゲ面~!!!」に。(髭以前に色とかもおかしい)
ポーズまで付けて驚き、ダンナも同じポーズで驚き、村人たちも同じく。

これだけでもギャグなのに、
子供がミルクを飲まず「ビールもってこい!」
まだハイハイもしてないのに!とか大混乱。
村人「こんな昼間からビールなんて先がおもいやられる」「ビールは夕食の時だろ」

えっ?!……デスヨネー(^^;)

そして長老が「子供のあしに油を塗って、近くで火を焚けば親が迎えに来る」
という、ピンポイントな習わしを伝授。
酔いつぶれている子供の足に油を塗り、
足元で火を焚くとすぐに赤ちゃんがうわあぁぁあぶねぇえってな具合に大慌て。
目ン玉ビョーーーンとなって「なんてことすんだよー!」と叫ぶと
黒い妖精(父)が登場し、

父「もう大丈夫だぁ~人間は酷いことをするよなぁ」

子供「そもそも、お前が捨てたのがいけねーんだよ」

夫婦の子供がもどって一件落着。

最終的には黒い妖精は金属を嫌がるから、常に赤ちゃんのそばに金属を置いとけというお話だった。

( ´,_ゝ`)

「いっしょにいこう」
このアニメの中で使用頻度の高いセリフ、「一緒に行こうよ」
今回は、風邪をこじらせて入院したアコが病院で出会った男の子(勿論イケメンの幽霊)に連れて行かれそうになります。
夜毎に男の子に会いにいき、病気が悪化するアコ。
不純異性なんちゃらですよ!けしからんね。
目の下にくっきりと隈を作ってフラフラ会いに行く様は、取り付かれモノの王道で結構よかった。
……んだけど、連れて行こうとしていた男の子がいい子で、最終的に男の子自らアコを突き放して帰すという、
ちょっといい話し系だった。
ギャグ→いい話、と来て、
さて次は!
「食堂のコタツ」
ダメだ!タイトルからして怖くない!
内容は、アコの親父がタヌキに化かされる話。
山奥の食堂でコタツに入ろうとすると、中に目が付いた足のお化けが!
店主に訴えると「それってこんなry
めっっちゃありきたりな!

これは……ほのぼのストーリーか?
もしくは親父萌え?

今回の最怖は途中に入った豆しばのCMで「牛は1日に100リットルヨダレをたらすんだって」ってやつに決定。
豆しばの豆知識はなぜかキモいのとか軽い下ネタが多い気がするな……。
飯食ってたのに……食欲なくなるわ。

そういえば、EDのシーモの歌、いつの間にか歌詞が表示されるようになってたw
一緒に歌おう!運命の味噌汁~♪

終わった後の“本編中にこっそり出てきた”おばけの答え合わせも見てます。
話の合間に入るおばけギャルソン達の掛け合いもかわいいし、
結構楽しんでるけど、やっぱりホラー要素が薄すぎるなぁ。
子供ですら普通にギャグアニメとして見てるんじゃないか?知らんけど。

最後の最後、おばけギャルソンが次の番組を予告するんだけど、(このあとは~ってやつ)
「本当は怖い家庭の医学」の番組名のままだったら面白かったのに……。
今は「みんなの家庭の医学」だっけ?おしいなぁ……。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

本【超・殺人事件 推理作家の苦悩/東野圭吾】

超・殺人事件 推理作家の苦悩/東野圭吾

タイトルに殺人事件と付くものの、推理でもミステリーでもなく、出版業界、作家絡みのギャグ短編集。
八本の短編と超短編が収録されていて、どれも小ネタ的だけど笑える。
ちょっと思いついたブラックジョークをまとめたような感じ。

短編なので多少物足りない感はあるものの、ブラックユーモアが好きなら楽しく読めると思う。

超税金対策殺人事件、税金の額に驚愕した作家が、旅行や買い物などを経費で落とすために試行錯誤。
小説内で書いている小説がどんどん改変されていく様や苦しすぎる経費の理由が面白い。

超理系殺人事件、最初に(この小説が肌に合わない方は飛ばし読みしてください)とあり
なんのこっちゃ?と思ったけどなっとくの理系小説(笑)
ハッブル定数とか……うわあああああああ頭痛い!
おっさん結局どうなったんだ。。

超犯人当て小説殺人事件、問題編・解決編があり、これは一応推理に参加できる。仕掛けもあってなかなか。

超高齢化殺人事件、名前の通りの高齢化社会において、ボケ始めた小説家のお話。ブラックユーモア。

超予告小説殺人事件、唯一のシリアス。売れない作家の連載小説「殺しのコスチューム」にそっくりの殺人事件が次々に発生。
注目を集める作家に犯人から連絡が……。
犯人の最終目的は何だったのか、真実がうやむやになってしまうのはもったいないなぁ。

超長編小説殺人事件、枚数の多い小説こそ至高!な世界のお話。
無駄な文を付け足したり、資料的な要素を盛り込むなど、様々な手を使ってページ数を増やすよう要求する編集者。
ヴァンダールの事か!!……ちょっと笑った。(“理由”のレビュー参照)
短編好きだから、こんな世界嫌だ!

風魔館殺人事件(超最終回・ラスト5枚)、5枚の超短編。連載推理小説作家の行く末。これは良いダメ人間(笑)

超読書機械殺人事件、「ショヒョックス」とは、本を読まずに書評が作成できる機械。
完璧な書評のうえ、甘口・辛口の評価も設定できる。
これを購入した書評家たちのお話。

ブラックユーモア満載で色々楽しめる。

「超理系殺人事件」よりハードカバー本を買わない理由3つを抜粋。
値段が高い。少し待てば文庫本が出るというのに、わざわざ高い金を払う人々の気持ちが理解できない
次に、持ち運びが厄介だ。特に昨今は頁数が多く、分厚い本が増えてきた。
あんなものを通勤電車で開けられない。布団の中でひっくり返って読むにも苦痛である
そして最後に、読んだ後邪魔だ。

概ね同意。たしかにそうなんだけど、東野圭吾のハードカバー本集めてるファンの人とかが見たら可哀想w
それと、京極堂シリーズとかは文庫でも分厚いよね。
あれを凶器にした殺人事件の話も書いてほしかったなぁ!

「超高齢化~」では完全に年寄りしか読まないものとして書かれているし、
「超読書機械~」でも、本を本当に好きで読んでいる人はもう居ないとか……

東野圭吾さん、業界でなんか嫌なことでもあったんですかね?
分厚い本に対する気持ちも良く分かった一冊でした。

こんなにブラックなのに、作者写真が結構イケメン。ムキー!

福袋プレゼントの応募マーク付きでなければ買わなかったであろう作品ですが、
今回は楽しめたので良かった。
なんとなく、装丁で損をしているような気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月12日 (金)

本【理由/宮部みゆき】

宮部みゆき「理由」

荒川区の高層マンション「ヴァンダール先住北ニューシティーウエストタワー2025号室」で事件が起きる。
落下して死んだ男性を始め、2025号室内には3人の遺体が発見されたが、
亡くなった4人は当時入居していると思われていた家族ではなかった。

入居していたはずの家族は何処に行ったのか。
亡くなった人々は誰なのか。
事件がはなぜ起きたのか。

諸々の「理由」をドキュメンタリーのようにとき明かす。
カード破産の「火車」に続き、今回は競売物件のしくみが書かれています。

まず思うのが、“ヴァンダール先住北ニューシティーウエストタワー2025号室”
この長~い名称が文中に頻繁に出てきすぎ!

Photo
序盤のページ。
赤線の所が全部ヴァンダール先住北ニューシティーです。
マジですよ。
むしろ、もっと多く出てくるページもあるかも。
マンションの名前を短いものに変更すれば本の厚みが変わりそう。

ドキュメンタリー調なので、ほとんど人物にインタビューをしているような書き方をされているんですが、
住民、亡くなった人の家族、事件に関連のある人、事件に関係がある人に関係がある人
……沢山出てきます。そして、この人々の家庭環境がこれまた細かく記されている。
架空のサンドイッチ屋の繁盛うんぬんを掘り下げられてもねえ……。
現実味をもたせて物語に引き込みやすくなっているのかもしれないんですが、
なんだか編集前の資料を見ているような気分。
章ごとに違う家族に行ったり戻ったりして、その度に説明が挟まったりとかなり冗長。
同じ人物の事でも語る人によって印象が違ってくるのは確かにリアルだと思うけどね……。
各人の小糸静子フルボッコには虚しさを感じました。

映画化もされているので、読んでから見ようかと思ってたけど、
これはあんまり見たいと思わないなぁ。
映像にして映えるような話でもないし、第一見せ場がない!
読んでいる間も、ほとんど盛り上がる箇所がないので挫折しそうでした。

最終的に説教くさいセリフで終わるのも嫌だなぁ。
最後、せっかくの(?)幽霊話を説教の種につかうなよ!と。

900円高いよ……。

これで福袋当たらなかったら泣ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

アニメ【おおかみかくし】

アニメ「おおかみかくし」

元々PSPソフトとして発売された作品。買ってないけど。
「ひぐらし」の竜騎士07、そしてキャラクターデザインがPEACH-PIT!
ローゼンメイデン好きなので見るしかないでしょう!
あ、ひぐらしもわりと好きです。
でもソフトは買ってないというニワカっぷり。笑ってくれ!

お話は、主人公一家が引越してきた町で起こる失踪、何やら含みのあるクラスメイト、
それに謎の病気、怪しい組織……と、大多数に「またかよ」と言われるであろうシナリオ
これだけ堂々とやられたら、わざわざ指摘する気にもならない……か?

田舎町の言い伝えの話とか、嫌いじゃないから良いけど(怖い話ではむしろ好き)
オチまで似たり寄ったりだったらやだなぁ~

さて、現在5話まで放送を見ていますが、やはりキャラクターが可愛いです。
ゲームのパッケージにも描いてある大鎌の女の子や妹、ねむるちゃんなど、
可愛いキャラばかりなので、PEACH-PIT好きなら見て損はないかと。
正直、みんな同じような顔だから、絵が好きなら女の子は大体イケる!
あと都市伝説メガネと友達になりたい。
逆に、男キャラの制服はきつい。なにあれ、セーラー?
思春期にあんな白セーラーもどきにピチピチ白ズボンとかほとんど拷問……。

キャラが可愛いので、あまり恐怖感や緊張感はない(今のところは)
雰囲気は良いと思うけどホラー・ミステリー要素は薄く、謎解きにもあまり興味はわきません。

これまでのお話では、例によって萌え→狂気→謎(大きな鎌を持った女の子が町人を追いかけてる)のパターンで、
嫦娥町のおおかみ信仰や、流行らそうとしているのか、微妙におサムいはっさくがどう絡んでくるのか期待。

ゲームの方では「読み進めるあなたを巧みにあざむくミステリーアドベンチャーノベル」と紹介されているので、
結局はミステリー寄りという事でしょうか。

雰囲気的にはホラーっぽいんで、怖い話な展開になればいいのにな……。
旧市街とか言い伝え(都市伝説とかも)良さげな材料は揃ってると思うんですが。

アニメが終わったあとにやってた番組の、ゲストの柴咲コウの方が怖かった。
「食堂かたつむり」ってタイトルもなんか嫌だし(失礼)
映画作るなら柴咲コウとか栗山千明にサイコな役をやってもらったら良いよね。きっと超怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

ロックマンDASH【プレイ日記19】

ロックマンDASHプレイ日記19日目

Dash47 ごそ……
ぎゃああああああ!!

アレかと思った!
けどこれはかぶとむし~♪
道端で拾ったカブトムシに続いて、あちこちにクワガタとマンガ本も落ちていました。
秘密基地に持って行くと、非常に喜ばれる上にアイテムも貰えてお得!

ロックも調達部長として所属している組織(?)の秘密基地
最初、外から見ると小屋だけど中は土むきだしという良く分からない基地でしたが
(それでも子供の基地には十分すぎるほど)
何度か道具を調達する事によって進化をとげていました。
Dash24
Dash46

フローリング部分が元々のサイズ。
(ロックの色もずいぶん変わってる……あの頃は若かったよね☆)

つるはしとノコギリを調達したら、なぜか小屋のサイズまで変わっていました。
外見も一軒家のようになっていて、もはや秘密でもなんでもないのでは……

むしろ同じエリアにあるジャンク屋がかわいそう。
ジャンク屋は大人2人で土剥き出しの小屋生活。
いや、どっかに家があって、夜は帰って寝るのかもしれないけど。
というか、そうでも思わないとマジでかわいそすぎ!
あまりにもかわいそうなので、商店街のジャンク屋より贔屓にしてあげてます。
商店街のジャンク屋は赤ちゃんがかわいいけど、
ヒポポタマスと呼ばれるという痛い思い出があるのであまり行きたくない。(自業自得)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

本【天使の囀り/貴志祐介】

天使の囀り/貴志祐介

アマゾン調査隊に参加した作家を始めとする数人が帰国後相次いで奇妙な死を遂げる。

医師の北島早苗の恋人・高梨は、帰国以来人が変わった様に過食になり、
何故かアマゾンに行く前には恐れを抱いていた「死」に対して興味を抱くようになっていた。
そして、天使の「羽音」「さえずり」が聞こえると繰り返す。
次々に自分が恐れていた事を体言して亡くなるアマゾン調査隊の関係者。
早苗は彼からのメールや、現地の伝承を元に彼らの死の真相に迫る。

以下、いつも通りの不真面目レビューですが、
多少ネタバレになってしまうかもしれないので注意。

北島早苗の後に出てくるもう一人の主人公?萩野信一
時折入るこの男の話には胸が痛くなる。
早苗とは違う方向から、事件に関わって来る……んですが、
30間近のフリーター、そしてエロゲオタ、
その内面描写も絵に描いたような駄目人間。
完全なやられ役……

あぁ鬱だー。

全体的に、アマゾンでのサルの種類や生態はもちろん、医療の現場などがかなり詳しく書かれています。
実際、読むのが面倒な箇所もあるほど……。
タイトルはファンタジーっぽいですが、カテゴリーはSF?
作りはしっかりしているので、つまらなくはないと思うけど、
オチ的にはちょっと物足りない感がある。
ただ、読み終わった後にもう一度冒頭のメールを読むと面白いかも?
何が言いたいかというと

森君はエロゲオタである。なんのこっちゃと思ったら本屋さんへ!

気に入ったセリフ紹介のコーナー!

帰国した高梨が、度を越した過食でブクブク太り、
ポテトチップ片手に早苗の勤めるホスピスに来るシーン。
「高梨さん。こういう食べ物は、本当はあまり体に良くないのよ」
と言ってマーガリンやショートニングの危険性について説明する早苗。
一時期騒がれた“トランス脂肪”です。怖いです。
トーストにマーガリンたっぷりつけるの好きだから……。
と、自分の話は置いといて、
そこで高梨が
「だったら、バターの方がずっと体にいいわけだ。
 僕は醤油バター味というのが大好きなんだよ」

高梨をちょっと好きになった瞬間でした。
この人、この後5・6ページで死んじゃうんですけどね。
死因はトランス脂肪……では、ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

ロックマンDASH【プレイ日記18】

ロックマンDASHプレイ日記18日目

メインゲートの入口が開き、ますます終盤な感じが漂ってきました。

カトルオックス島に伝わる秘宝、そして大いなる災いとは!?
ロックの出生の秘密は明らかになるのか!

それはさておき、寄り道のお時間がやって参りました!
美術館にガラクタ(?)を持って行ったり、八百屋の奥さんが行方不明だったり、
道端で謎のカブトムシを拾ったり、と多忙なのですが、
なんと言っても可愛いアイラちゃん!

アイラちゃんとは、レイクサイドパークの病院に入院中の女の子。(ボイスあり)
車椅子に乗っており、現在リハビリをしている。足を治して違う島へ行くのが夢らしい。
ロックをお兄ちゃんと呼んで慕ってくれます。Dash42
健気で可愛い(*´Д`)
看護師さんによると、もう少し良い設備があれば治せる……とのこと。

その話を聞いた後に市長さんと話すと、なんとロック自ら病院への寄付を申し出ます。

Dash43 「病院に設備とうしを!」
ちなみに15000ゼニー

「もちろん、ボクがお金を出します」
「ギョッそれはちょっとムリ」

どちらの選択肢もちょっと笑えるのはなんなんだろう。
ギョッってwダサww

寄付をして、病院に向かうと、なんと!!アイラちゃんが歩いてお出迎え!
Dash44
「お兄ちゃんの買ってくれた機械で歩けるようになったよ!」

驚きの早さにブラックジャックもビックリでしょう。
どんな機械だよ……

しかも
「さっき散歩してる時に見つけたの」
と、アイテムをくれます。

 
市庁舎から寄り道もせず来たのに、機械を導入し、足を治して、散歩までしているとは……。

そういえば、アイラちゃんっていつも病院のロビーに居て、
「自分の部屋に遊びに来てね」と言うんですが、病室に行くと
看護師さんだけが居て「設備があれば治る……」の話を聞かされたなぁ。
寄付するまで毎回毎回。

う~ん……もしかして、騙された?

幼女をダシに、ロックから金を絞り取ろうとしている、そんな被害妄想がチラリと。
心の汚れた人間の悪いクセですね。

でも、ロールちゃんも最近ボッタクリ価格が露骨だし……。

ロックってもしやカモにされて………

まぁ、アイラちゃんが可愛いし、別にいいや!

おまけ
Dash45

アイラちゃんの病室でベッドを調べる、
なんとなく変態っぽいロック。

タンスを調べると

「アイラちゃんの服が入っているのだろう」

おい!
どこぞの勇者気取りで開けたらつかまるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »