« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

本【あくむ/井上夢人】

あくむ/井上夢人

5編収録の短編集ですが、どの話も人の悪趣味を上手に刺激してくるというか……。
夢中になって読んでしまいました。

「ホワイトノイズ」
ふと目に付いて購入した盗聴用の小さな機械を使い、
電話や無線など、ランダムに会話を盗聴する事にのめり込んでいく男。
ある日受信した電話の音声が近所に住む女性だという事がわかり……。

悪趣味なわくわく感がリアル!
語り掛けるような文体もなんだか秘密を共有するようで良い。

この主人公が盗聴にはまり過ぎてアルバイトも辞め、機械には「ブチ」という名前をつけ、
盗聴した人々の会話をノートに書き溜めたりしちゃいます。
短いながら、かなり入り込んで読んでしまいました。
自分、盗聴とか覗き見とかのネタが好きでね!(もちろん現実ではそんなことしませんけどね)
こういう負の好奇心をくすぐられる話は大好きです。

ただ、大体わかってしまう終わり方(オチ)はあんまり好きじゃない。

「ブラックライト」
チーズバーガーとアイスコーヒー(M)を買った帰りに交通事故に遭い、車に撥ね飛ばされた画家。
目を覚ますと、手足は動かず暗闇だった。そして医師から事故で複雑骨折と失明をしたと告げられる。
しかし、手足がバンドで固定されている事に気付き、医師と看護師の会話にも違和感を感じ始める。

何かが起っているようで、何も分からない恐怖。
途中は結構ハラハラさせられます。
お!お!?あぁ……、と(?)これもオチが弱め。

「ブルーブラッド」
普通の人間とはちがう種である事を隠して生活している教師。
唯一、夢の中では本性を現す事ができた。
女性を捕まえ、その首に牙を立てる……今日の獲物は同僚の女性教師。
夢は普段とは違った進行をしていた。

このひと……、まさか中二病……!!?
こじらせると怖いよねー、って違うか?

「ゴールデンケージ」
財閥の御曹司である優等生の兄と劣等性の弟。
自分の足に小さな赤い斑点を見つけた兄。次第に虫が這ったような跡が拡大して行く。

それぞれの苦しみがあるんですが、兄は孤独と恐怖(虫の)で本当に苦しいでしょうね。
弟は「兄の事をうらやましく思った事はなく、むしろ気の毒だと思っていた」とあるし、
金と権力の恩恵は(本人の意思とは関係なくても、ですが)受けてるので。
うーん、でもやっぱりどちらも救われない……。

ただ、前の画家もだけど、ハンバーガーにはコーラが良いと思うんです!!
なんで皆アイスコーヒー?!しかもお兄ちゃん、○ッテリア名指しでまずかったとかいっちゃダメ!
最近ではモスバーガーが一番うまいと思う。行く回数はマックのが上だけど。

あぁ、一気に真面目さが吹き飛んで行ったよ……。

「インビジブルドリーム」
同じ劇団に所属する女の見た「夢」の出来事が自分に起こる。

「夢」って不思議ですよねぇ。
なぜ他人の夢が自分の正夢になるのか、聞いたから起るのか、夢なのか、現実なのか。
良く分からないけど、奇妙なお話です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
読み始めたら止まらない!面白かった!
中盤は物凄く惹き込まれるけど、オチが弱い、というか、どれもあっけない感じの印象だったので、
長編作品が読んでみたい。
そのうち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

ガチャガチャ【食虫植物】

食虫植物のガチャガチャをまたやってしまった。
1回200円なのに3回も……。

ダブってないのがせめてもの救いか。
欲しかったやつが出たので、一応これで終了のつもり。
2

手前から
ムスシプラ
【Dionaea muscipula】
和名:ハエトリグサ
■ディオネア属
自生地:北アメリカ
南北カロライナ州沿岸部

ザ・食虫植物!食虫植物といえばコレ!
三つとも閉じ具合が少し違っている所が良い。
残念ながらシークレットの虫付きは手に入りませんでした。

ラジャ
【Nepenthes rajah】
和名:オオウツボカズラ
■ネペンテス属
自生地:ボルネオ島キナバル山

見た目、一番グロいかも。
本体外側と蓋の内側の塗りがなんか平坦?
でも名前はカッコイイな。ラジャ!(`Д´)ゞラジャ!!

写真の背景には、もののけ姫の本を使いました。

背景や絵コンテなどが大きいサイズで見られる優れもの!
(まさか食虫植物の背景に使う事になるとはw)
どれを使おうか、と、ペラペラ捲っていて目に付いたのが……

コダマ(∵)のイメージボード(初期のもの)

Photo

ハハハハ……怖っ!!!!
このコダマがいっぱい集まってきたら……間違いなく発狂しますな。
(∵)(∵)(∵)(∵)カラカラコロコロ……

こんなイメージボードや宮崎駿の手書きストーリーボードが多数楽しめる!
食虫植物と合わせてオススメ!
別に合わせなくても良いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

「yonda?」「ハッケン!」……「ハチ」文庫キャラ

部屋を片付けていたら、去年の夏に新潮文庫のキャンペーンで貰ったマスコットが出てきました。
Yonda?君のやわらかマスコットです。
2009
小さいながらも、あの100%ORANGEのイラストを忠実に立体化してますね。
一見雑なように見えるあの塗りもバッチリ再現!
手に持っている塊は本ですよ。本。

まぁとにかく、やわらかくてかわいい奴です。
実はまだ開封していませんが、袋の上からもみもみして柔らかさを堪能しています。

さて、今年も各社のキャンペーンが楽しみですね。

もちろん、角川うんこには注目だよね☆(ピンズの記事参照)

去年は集英社文庫とご縁がなかったので今年は頑張ってほしい。
蜂マスコットのストラップは2008年のをいくつか持っているのでもういいからね……。
2008
(2009年は似たようなストラップにペア要素を組み込んだものだった)
この蜂の子、検索しても名前がわからないのですが、
やっぱり「ブーン子」とかでしょうかねぇ。
集英社のブーン子、集英社ぶーんこ、集英社文庫!!って!
ありそうですよ!……ね?
性別すら不明なので「子」が微妙ですが。
もしくは“ナツイチ”キャンペーンに掛けてナツハチとかかも?
そもそも“ナツイチストラップ”って事はこいつがナツイチ君か?

夜中に、ものすごくくだらない事で頭を使ってしまった気がするな……。

そういえば、新潮文庫は今年すでに抽選の福袋プレゼントがありましたね。
帯には4月末発送予定と書いてありましたが、抽選なので……
うーん、嫌な時期に思い出してしまった。
来月末までドキドキして過ごさねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

流行り神3【序章】~【第零話】

流行り神3【序章】

開始直後からいきなり血塗れの主人公。
今回は生死に関わる事件が!?
例の如く各章の間で小出しにされて行くのでしょう。

【第零話】客の消えるブティック

大物政治家の失踪があり、大忙しの警視庁。
一方主人公の属する呑気な窓際部署、警察史編纂室は今日も暇である。

そんな主人公達の前にいつもの謎の男(笑)道明寺がお客さんを連れて登場。

道明寺が連れて来た女性、峰岸さおりの依頼は「失踪した娘を探して欲しい」とのこと。
政治家の失踪事件で人手不足の警察に各部署をたらい回しにされていたそうだ。
元来暇であり正義感の強い編纂室のメンバーが捜索をする事に。
公に認められていない部署、と言うわりに堂々と行動する編纂室の人々。

失踪中の娘は中学生の峰岸紫音。
母親のさおりとの関係は希薄で、ほとんど顔を会わせる事もなく生活していたらしい。
当人の写真もないと言う。(周りの話では相当の美人だそうだが……)
友人などを頼りに捜査を進めていくと、
高級なブティックに通っていたり、ストーカー被害に遭っていたりと
中学生とは思えない生活をしていたようだった。

そして彼女はブティックの試着室に入ったまま忽然と姿を消してしまった。
過去に二回同じ土地で失踪事件があった事が分かり、当時の担当刑事と共に捜査を進める。

結構長い話です。最初はもっと短くて良いのに……。
ダルマ(四肢切断した人間)や虫のような微グロあり。

乱れた若者へのお小言ばかりが目立ってしまって、
死体人形のDD(デッドドール)やソフィア・オルレアの残酷史が薄くなってる様な。
学校で見せられるビデオ並にお説教をする主人公……

他にも、
抽象的な文章がくどい。
登場人物の肩幅が異様にせまい。
おばさんのドレスアップ……
等々。

注目すべきは新メンバー!
【羽黒 薫】が登場!この名前は聞いた事がッ!?
オカルト知識豊富の新キャラの登場で、主人公の存在価値の無さが際立って参りました。
ストーカー男を捕まえようとして二度も逃し、ドアは破れず、危ない局面では金縛りに。
本当に使えないな!!

ダルマの都市伝説を元にしたお話なので一応都市伝説の「だるま」の話を貼っておきます
----------------------------------------------------------------------------
女の子2人が韓国へ旅行に行った。ブティックに入り、一人の女の子が試着室に入った。
だけど待てども待てどもいっこうに試着室から出てくる気配がない。
カーテンを開けるとそこには誰もいなくなっていた。
店の人に警察に連絡してもらい、試着室、店内、近隣を捜索してもらったが結局見つからず、
行方不明のままになる。残された女の子は一人日本に帰った。
そして3年後、別の友達と韓国へ旅行にいくと「日本だるま」という看板が目に付いた。
無性に胸騒ぎがしたその女の子はその看板がかけてある建物へとはいっていく。
そこは見世物小屋のようで薄暗い店内の奥の方に行方不明になっていた女の子が手足をもぎとられ
日本だるまとして観客の前にさらされていた。
うっすらと開けた目が合ったとたん、その目をかっと見開き「助けて!!」とその女の子は叫んだ。
今その女の子は、両親がマフィアから高額な金額で買い戻し、
日本に戻り、病院で過ごしているらしい。 

----------------------------------------------------------------------------

友人の知人が先月中国に行ったときに、森の中で迷子になりかけたと。
そのときにどこか休憩できるところはないのかと探したところ、
ふと「達屋」なる建物を見つけたそうです。入り口には誰もいないので、
真っ赤な壁に黒い天井の長い通路を進んでいったら日本人と思われる達磨が・・・
その中の一人が「俺は○×大学の学生だが、3年前にやつらに捕まった・・」などと話し始めたそうです。
隣の部屋から物音がするのに気づいた彼はさすがに怖くなり 一目散に逃げ帰ったそうなのです。
帰国後、興味と恐怖半々でその大学に問い合わせたところ実際に失踪した学生がいたそうな。

----------------------------------------------------------------------------

(((( ;゚Д゚))))四肢切断系は嫌だなぁ……。

【おまけ】今までに読んだそういう系の本で印象に残っている物。
芋虫 /江戸川乱歩
多重人格探偵サイコ /田島 昭宇 , 大塚 英志
ミザリー/スティーヴン キング
異常快楽殺人/平山 夢明
角川ホラー文庫の江戸川乱歩ベストセレクションは、カバーイラストが「サイコ」の田島氏!
すごいピッタリだなー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

流行り神3購入

流行り神3を買いました!

流行り神とは、都市伝説をモチーフにした事件を解決するノベルゲーム。
公式サイトを見たら、ジャンルは「都市伝説推理アドベンチャー」らしい。
確かに推理もあるけど、選択によっては「幽霊の仕業に違いない!」みたいなトンデモ推理が楽しめます。

三作目にして完結編となっている今作。
本当に完結しているのだろうか……。
早速プレイしてみると、2→3でイラストや音楽、画面の表示などの細々した変更が多数あります。
中でも賀茂泉かごめ警部補の変貌が凄まじい。

【参考:前作】
8

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【今回】
Photo_2

別人……ですよね?!
っていうか別人だって言ってくれ!!
誰なんだこのバ○ァは!!!
そのむかつく表情やめて!

別に2の時の絵が好きだった訳でもないのに、前の絵が恋しくてたまらない不思議。
このキャラ絵ならむしろ「かまいたちの夜」みたいに青一色の表示の方が良いレベル。

まぁ、そのうち慣れるかな~?
とりあえず……今日限りで彼女を「かごめちゃん」と呼ぶのはヤメだ!

小暮さん、犬童警部は何故か画面に映る面積が増えた気がする?ぐらいで特に変更なし。
兄さんはむしろ変えて欲しかったが、コチラも大した変更はなし。

まだ零話までしかプレイしていませんが、主人公のへタレっぷりは健在のようです。
この人、1、2、3と必ず携帯を機種変してますね。

あと、セルフクエスチョン時の音楽は変えなくても良かったような。

次回からプレイ日記をちょこちょこ書いて行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

くだらない今日のできごと

貴方は、芸能人等の「○○に似てる」と言われた事がありますか?
 

私はありません。
 

 
 

いや、終わりませんよ!

実は今日、声を掛けられたんです!

いや~、普通に立っていただけなんですけどね~

相当オーラを発していたのでしょう。

おずおずと近寄ってきた女性が、
 

「あのー、ジグソーパズルって置いてますか?」

inダイソー
 

(; ´_ゝ`)え……?


店員じゃねーし……。
 

でも、配置は完璧に知ってるから教えてあげたよ。

ブックオフとダイソーは極めた!
安物大好きの森野でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

本【「超」怖い話Θ/平山夢明・加藤一】

「超」怖い話Θ(シータ)/平山夢明・加藤一

いちいち読めないアルファベットでお馴染み「超」怖い話シリーズ。
ほとんどが平山夢明氏の執筆にもかかわらず、そんなに気持ち悪くない。
最後の方は割とグロい描写もありますが、怖さは控えめで全体的に“不思議な出来事”系が多い。

一日で読みきってしまったのですが少し勿体なかったかも。
序盤に旅行・キャンプの話が続いていて、それ系ばっかりなのか?と思ったが、そんな事はございませんでした。
真ん中辺りに好きなタイプの話が連続していたので一気に読んでしまった。

自分は、「子供の頃の話」とかの、ノスタルジックな話が好きなので、かなり楽しめました。
不思議な話が好きな人にオススメです。
(まれにぐちゃぐちゃの人間とか、そういうのが出てくる話もありますが……)

以下、気に入った話の紹介。

神社で拾った傘のちょっと九十九神っぽい話「神社の傘」

疲労で仕事中に眠ってしまうイラストレーター、
目が覚めると妙な絵が描かれていて……「うたたね画」

深夜、学校を見回りする警備員。教室を見ると自殺した生徒が使っていた机の上に……「鞄」

マネキンの首を引き抜いて集めるアルバイトを始めた青年の話。「ひきぬきにくいくび」
これは、話もまあまあ怖いけど、タイトルがなんか好き。
全部ひらがなって何故かゾッとさせて良い。

一番印象に残った話は、

「夕焼け嫌い」

真っ赤な夕焼け空の下、散歩をしていると、ビルの裏からヌッと
“怪獣みたいに大きな”人が顔を出した。
その顔は、周囲を見回すとまたビルの陰に隠れてしまったが
入院中である目撃者の同室の老人だった。

部屋に戻ると、その老人のベッドは空になっていて
様態が急変して亡くなった事を知らされる。

それからも真っ赤な夕焼けの日、ビルの裏から顔を出す人を見ると、
その人は確実に亡くなってしまうという。

「あえて知りたくないものだもんな」と言う彼は夕方になると俯く癖が付いた。

よくある「人の死が見える系」ですが、
その手段が“でかい人間が顔を出す”って……。
舞台が夕焼けっていうのも良いけど、顔を出した人はどんな表情をしているのでしょうか。

最後「彼には『私が出たら教えてくれ』と告げてある」と。
昨日お前が出たよーって言われたら、それからどう過ごせばいいんだ……。

次のページの「貸して」も良い。
看護実習生として病院に勤務している女性の話
夜勤の日見回りをしていると、ある部屋のドアの隙間から
女が「かんごふさん……」「書く物……貸して」と声を掛けてくる。

実はその部屋には寝たきりの人しか居なくて、
探してもドアの隙間から覗いていた女はどこにも居なかった。

かなり端折ってしまいましたが、
夜中に「ドアの隙間から顔」は普通に怖いし、
書く物を借りて何をしようとしていたのか、
ただ誘き寄せようとしていたのか……とか想像するともっと怖い。

面白い話もありました!
「泥竹」
ひとりでキャンプに行った際、キラッと光る切り落とされた竹の筒を見つける。
覗いてみても何も入っていなかったが、かぐや姫のようだ、と、竹筒をテントに持ち帰る。

夜、寝る前に財布がない事に気付き、
テント内や焚き火の周囲を探すが見つからず、
明るくなってから探す事にして眠る。

シャリシャリ……という音で目を覚ますと、竹筒が光っている。
そして竹筒の穴から小さな手が二本、女の手であり、着物の袖も見えた。
小さな手は近くにあった腕時計を掴むと筒の中に戻ってしまった。

すぐに竹筒を逆さにしてみても何も落ちて来なかったし、
割ってみても何の変哲もない竹だった。
結局財布も腕時計も見つからず、「泥棒ってのがあるけどあれは泥竹だな」

「俺、かぐや姫がなんで金持ちなのかわかった。泥棒の子分が一杯いるんだよ」

そんなかぐや姫嫌だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

ロックマンDASHプレイ日記まとめ

全20回、あらすじ付リンク集。

1【プレイ日記1】ロックマンDASH
 ~カトルオックス島に不時着、悪事の事で頭がいっぱい。

2【プレイ日記2】ロックマンDASH
 ~アップル商店街を歩く。ジャンク屋のおやじ助け回
  ここで発言した「ヒポポタマス」の名は、おやじの脳に深く刻まれてしまった。

3【プレイ日記3】ロックマンDASH
 ~人の話に聞き耳を立てまくり。ロックの趣味がだんだん見えてきます。
  移動範囲が広がり、サザエさんにも初遭遇。

4【プレイ日記4】ロックマンDASH
 ~ついに悪事に走る。空き缶蹴って荒稼ぎ!

5【プレイ日記5】ロックマンDASH
 ~ツンデレとボス戦回。犬まで蹴っ飛ばす足癖の悪いロック。

6【プレイ日記6】ロックマンDASH
 ~ボス戦後、ショボイお礼を握り締め「ミポちゃん」等身大フィギュアの安否確認。

7【プレイ日記7】ロックマンDASH
 ~サルに先回りされまくりのロック。逃げ惑うコブンを撃つ非道さを垣間見せる。

8【プレイ日記8】ロックマンDASH
 ~穴掘りロボごときに苦戦。街ではロックの悪い噂が広がり始める。

9【プレイ日記9】ロックマンDASH
 ~ロールちゃんの車に轢かれるM男ロック。足パーツを入手して大ジャンプにワクワク。

10【プレイ日記10】ロックマンDASH
 ~調達部長に任命される。黒いお金で良い事をして清々しい気持ちになるクズっぷりを見せる。

11【プレイ日記11】ロックマンDASH
 ~ワイリーさんが登場!結局最後まで良い人のままでした。疑ってごめんよワイリー。

12【プレイ日記12】ロックマンDASH
 ~爽快!ダッシュパーツを入手。書くの忘れたけどTV局のミニゲームも楽しい。

13【プレイ日記13】ロックマンDASH
 ~ラピュタでお馴染み、アノ巨神兵が登場!?

14【プレイ日記14】ロックマンDASH
 ~拾われた子供の悲しい運命、涙なしには見られないフラッター号の内部。

15【プレイ日記15】ロックマンDASH
 ~グレネードで遺跡内部の壁を無闇に破壊するロック。破壊こそ至高の楽しみ!

16【プレイ日記16】ロックマンDASH
 ~ボーン一家が本気を出す!怒涛の三連戦、コンティニューの数がひどい事に。

17【プレイ日記17】ロックマンDASH
 ~ボーン一家散(ったように見せかけ)る。
  ロールちゃんの着替えも覗いちゃった!(画像なし)

18【プレイ日記18】ロックマンDASH
 ~アイラちゃん!アイラちゃん!若年性美人局!

19【プレイ日記19】ロックマンDASH
 ~秘密基地成長日記。道で拾った「マンガ本」はPS版だと「エロ本」だったらしい!ww

20【プレイ日記20】ロックマンDASH
 ~感動のラスト!?最後までサルの移動速度には敵わなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

食虫植物と出会う

ガチャ、もといガチャガチャ、いや、ガチャポン?ガシャポン?
正式名称はよくわかりませんが、久しぶりにやってみました。
子供が周りに沢山居たので、恥ずかしさ(と、お財布事情)により一回しか出来ませんでした。

タカラトミーアーツ、不思議生物大百科
「密林の怪罠 食虫植物」 200円也。

Photo
フォリキュラリス
【Cephalotus Follicularis】
和名:フクロユキノシタ
■セファロタス属
自生地:オーストラリア南西海岸部

写真で見る限り、他の物より小さめです。
内側の黄色い部分がトロッとした感じに見えて中々良い。
少しやわらかいので、指で押さえれば蓋が閉じた状態にもできます。
(指を放したら元に戻るので、何の特にもなりませんが)

ラインナップは全5種+シークレット。
ハエトリグサ(ムスシプラ)が欲しい。
(写真左うしろに写ってるやつ)食虫植物と言えばアレですよね。
どうやらシークレットは“虫付き”のハエトリグサのようです。いいなぁ!

一個だけポツンと置いてもなんか虚しいので、
もう一回くらいはやってみようかな……と思うんですが、
一回200円てなんだかもったいなくてあんまりできないんですよね。
最近は400円とか、バカみたいな価格のガチャガチャもありますけど。

しかしまあ、普通のスーパーの一角で、こんなガチャガチャに出会うとは素晴らしい!
ポケモンやトミカのガチャガチャに混じって食虫植物って!!
リアルなカエル・亀フィギュアのガチャガチャも置いてあり、
そこだけ異様なオーラを発していてかなり素敵でした。

集めて一緒に並べても楽しい!

……かどうかはあなた次第だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

たのしいペイント

ブログ村とかに表示されるイメージ画像を作ろうと、自分で描いてみました。
久しぶりにペイントを使ったのでやたらと楽しかった。

Photo_3

なんか手が凄く上手に描けた気がする!
マウス一発書きは偶に良い結果になるなァ
字は……

でも、実際に登録して見てみたら、白黒なうえ小さすぎて何もわからなかった。
そこでもうひとつ作成。

Photo_2

伝染るんです。かわうそ+新潮文庫のyonda?
もしくはパンダ風のぷりぷり県頭巾か、金星パンダのコスプレと見ても良し。
「新潮文庫の100冊」の壁紙があったのでパクりました。

「今、読まなくても別にいい」は適当に考えた標語です。
(人様の得になるような文を書いていないため)

今日一番の不覚は、こんな丸パクリイラストを描くのに2時間近くかかった事!
せっかくの休日になにやってんだか……。

そもそも、こんなブログを見に来る人が居るのかすら微妙なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

ロックマンDASH【プレイ日記20】

少し時間が空いてしまいましたが、ロックマンDASHプレイ日記20日目。

実はもうとっくにクリアしてしまったので、多少うろ覚えでの文章になるのですが、
新しいゲームを買ったので、パパっと完結させましょう!

やっと入り口が登場したラストダンジョンであるメインゲート。
中腹にあるコンピューターを操作する事で、街中に怪しい入り口が現れたりします。
メインゲート内には、少し前に出てきた中ボスの四速歩行の動物型の奴(三体同時に戦ったやつ)が早速ザコ敵としてぽこぽこ配置されていて、
あまりのスピード格下げに、リーバード界の厳しさを垣間見た。
イベントが終わった後のダンジョンを監視する役、みたいなレベル……。

そういえば、前の戦いで爆死したと思っていたボーン一家
普通~にみんな生きてました。
これにはロックもほっと一息。
ボーン一家、仲良くたこ焼き食ってやんの。(たのむから仲間に入れてください!)
まぁ懲りずにまた戦うわけなんですが、倒すと「これで手を引く」と男らしく去っていきました。

当然、また出てくるんですけどね!

さてさて、街中に出現した三つの入り口に入り、鍵を集めて再びメインゲートへ。

一応、ストーリーの核心部分は書きません。
明かされるロックマン出生の秘密!!
カトルオックス島に伝わる大いなる災いとは?

君の目で確かめろ!!(別に忘れた訳ではないよ)

ただ、ラスボスがTV局のアナウンサーにそっくりのウソ笑顔なのは何故なんだ!
別人……なんだけど、
序盤にTV局の中継用飛行艇を撃ち落とした事があったな……。

一旦遭遇して、色々あってボーン一家が出てきたりした後、奥の部屋でラスボス戦になるのです。

緊張しつつも慎重に進み、ドアをくぐる。

が、

またしてもサルが先回りしているという事実。
Dash48
「…………」

一瞬、こいつがラスボスかと思った。
(背後のドアの向こう側にラスボスが居ます)

のんきにいつものクルクルパッの動きをしちゃってます。
こいつ……只者じゃない!
とか言ってたら、実際に只者じゃなかった件については書きません。
君の目でたしk

いやー、ラスボス強かったです。
ビームやら衝撃波的な攻撃をえげつない程連射してました。
あのニコニコ顔からは想像できない鬼畜さ。
結局いつもの「ぐるぐるまわって逃げつつ攻撃」でゴリ押しの勝利を収めましたが、
今回は事前に購入してあったアイテムまで使いまくってしまいました。
一定時間ダメージを受けなくなるアイテム最高!
ミサイルも相当強化したので良い働きをしてくれたと思います。
掃除機みたいな特殊武器を使ってまで地道にディフレクターを集めた甲斐があったなぁ。
(実にみじめな作業でしたが……)
ある意味ロールちゃんが最強の敵だった様な気さえする。
見た目はかわいいんですけどね!

エンディングネタバレ:犬(おれを蹴った事忘れないぜ……
確かに序盤で蹴っ飛ばした犬。
まさか最後の最後まで怨まれていたとは……。
サル語だけでなく犬語も理解するロックさんスゲー。

そんなこんなでロックマンDASH、クリア致しました!
久々にかなり楽しめるゲームに出会えて良かった。
アクションの簡単過ぎず、難し過ぎずのバランスが良かったです。
イベントも豊富なので、もしかしたらまだ見ていないイベントがあるかも。
そのうち、攻略サイトを見ながらもう一回プレイしようかと。

2はしばらくしたらやるとして、「トロンにコブン」も移植して欲しいですね~。
最近ロックマンDASHの新作携帯アプリが出たようなので、
少しなら完全新作も期待していても良いかな……?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

怪談レストラン「おまえだ」

3月9日の怪談レストラン

今日の怪談レストランはなんか絵が変だったような気がする。
キャラの目が小さいというか離れてるというか……。
うわさの作画崩壊というやつか、
それとも視聴者の不安感を煽り、恐怖を与える新しい手法でしょうか。

だがしかし!今回、内容的にはレイコファンの皆様は楽しめたのではないでしょうか。

「おまえだ」
アコとショウ君が“いかにも何かありそう”な図書館に探検に行く。
と、物陰に隠れていたレイコが急に「わーーー!」と飛び出し、アコを脅かす。
意外にびくっとさせられるひとこま。最近ビックリ系多いな……
「たまたま本借りにきたのよ」とレイコ。
(仲間に入れて欲しいならそう言えよ!レイコ必死だな!)

図書館に入ると、触れてもいないのに棚から一冊の本が落ちる。
ショウ君いわく「本には亡くなった作者の霊が宿る事があり、読んで欲しい人を引き寄せる」だそうだ。
「偶然よ!」「ばかばかしい!」などとベタに否定するレイコ。

落ちてきた本は占いの本で、
「丑三つ時に、水を張った洗面器を櫛を銜えて覗き込むと未来の結婚相手が見える」というおまじないが書かれていた。
(丑三つ時とは、午前二時~二時半、草木も眠るが私的にはゴールデンタイム)

面白そう!と喜ぶアコに対し、レイコは「こんなのが本当なら皆やってるわよ!」と、またも否定。

その日の夜……
午前二時、ふと目を覚ますレイコ。
なぜかあの占いの本が部屋に置いてあるが、
「間違えて鞄に入れてきちゃったのね」と、手癖の悪さを臭わせる。
窓が閉まっているのに風が吹いてきて例のページを勝手に開く(霊界からの)猛アピール!
ついに、自分でおまじないを試して嘘だということを証明する事に。

レイコの家の豪邸っぷりにもちょっと驚いた。
洗面台が二個並んでやんの。デパートの便所かい!
強がりつつも結構ビビッてるレイコが見所。
髪の毛を二つに結んでるのも良いね!
これで目が離れてなければ尚良かったのですが。

櫛をくわえ、水を張った洗面器を覗き込むが、何も起らず
呆れたその時、水面に影が……
驚いた弾みで、そこら辺に置いてあった鏡が割れ、洗面器の中に。
洗面器にじわじわと血が広がる。

「その出来事は、いつしか忘れていた」
「10年後、あの人に出会うまでは……」
 

!!!!!?
 

まさかの10年経過!
レイコ大人になってるw
しかも、お見合いするんだってww
まだ二十台前半だろうに……
(大人アコもちょっとだけ出てきました)

レイコの見合い相手は優しくて良い人そう。
ただ、ずっと大きなマスクをしていた……。

そして初デートの時

大人レイコ「マスクを外して、もっとよく顔をみせて」

男「いいけど……怖がらないかい?」
 「これ、風邪じゃないんだ。10年前からしてるんだ」

大人レイコ「10年……?」

マスクを外すと!!

な、
な、、
なんと!

鏡の破片が口の周りに刺さってるー!!

男(牙まで生えてきた)「お前にやられたんだーーーー!!!」

キャーーー!
ガバッ!→夢オチでしたー。

いや、もう色々言いたい事がありすぎて……。
まず、いきなり10年後って!最終回かとおもったわ。
来週からは疾風伝ですか?とか想像したっつーの!

それと、洗面器に写った影!もじゃもじゃ頭のシルエットだったのに、お見合いの人は普通の髪型!
予想では名探偵コナンの横溝刑事みたいなのが出てくるはずだったのに。

そして、本日の爆笑ポイントは、
破片刺さったまま10年間放置男!
傷があるものとばかり思って見ていたので、
マスクを外した瞬間、破片が刺さりっぱなしで死ぬほど笑った。
医者行けよw

まぁ、結局夢だったので、レイコ達は子供のままだし、
ガラスの破片が刺さったまま10年間放置する男も実在しませんよ!

次の日レイコは、怖い夢だった……夢でよかったわ、とつぶやきつつ学校へ。
もう気にしない!と明るく教室のドアを開けると、
クラスの皆がマスクをしている(なぜか男子しか居ない)
レイコの悲鳴が学校中に響き渡るのでした。
幽霊否定派のレイコのかわいい一面。
これで作画が(ry

そうそう、お見合い相手もクラスの子も、なぜかみんな立体マスクをしてました。
時代の流れを感じるな。。
この話自体も、昔はカミソリ銜えるんじゃなかったっけ?
色々なバージョンがあるのか、子供がマネすると危ないからか?
いや、
破片が刺さってた方が面白いから、か……?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

漫画【出前姫/吉田戦車】

吉田戦車の新刊「出前姫」購入。

民話ボンボン(創作民話シリーズ第一弾らしい)ということで、おとぎ話のような世界観。
著者のあとがきによると「ファミコン時代の素朴なRPGへのなつかしい気持ちをひっぱりだした」そうだ。

あらすじ:出前姫の住む『あわび王国』に『ギリギリ王国』から出前の注文が入る。
妖術で料理の時間を止め、冷めていない料理を遠方の客に届ける聖なる供食法である出前!
王家への出前は王族がする、という掟に従い出前姫は『ギリギリ王国』へ旅立つ。

妖術師のさずけたお供「尻子玉」や道中に現れる妖怪など、
奇妙でかわいい変な生き物(妖怪とか)がワンサカ出てきます。

主人公がマイペースながらもちゃんとツッコミの立場になっている。
意外とちゃんとした漫画という感じでした。
しかし何かが根本的におかしい、さすがの吉田戦車ワールド。
吉田戦車の漫画って、一度読み終わってからでも色々面白い所がいいですよね。
見るたびに背景にある変な物に気付いたり、キャラの表情が急にツボにはまったりする。
魅力の一つである書き文字の擬音も絶好調!
「むりょむりょ」とか「ペベ」とか「ビョフェ~」とか、
絵と絶妙にマッチしていて凄く良い。

キャラクターでは尻子玉がかなりお気に入り。
小さくてかわいいジャミラのような風貌で、セリフや表情も良い感じ。
尻子玉かわいいよ尻子玉。もっと活躍を見たかった!
ピンピン人も好きだー!
兄もイケメンだし、ねじりパンだし。
本当、こういうキャラ考えるの上手いよなぁ。

見開き1ページのあとがきでは、キャラクターの名前などを考えた時の話が書いてあり、
適当に描いてるように見えて(失礼)やっぱり色々考えてるんだな~、とか、興味深く読めました。

民話(なのか?)シリーズ、もっと読みたい!

ところで、ぷりぷり県の文庫化、アニメ化はまだですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

おや……?雄星の様子が……

Photo                              (c)伝染るんです。/吉田戦車

【ニュース】菊池雄星ことかわうそ君こと西武の雄星が卒業式に出席

Photo_2 (c)吉田戦車(ウソ)

ニュースで見たんですが、気になる事はただひとつ。

雄星、眉毛整えたんじゃね!?





うん、それだけ。






Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

本【心霊探偵八雲1/神永学】

心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている/神永学

“心霊”っていうのと、ハッケンくんピンズに釣られて買ったこの本。

いやぁ、表紙を見た時からわかってたんですよ。
角川なのにホラー文庫じゃないし、イケメンのイラストだし。

わかってたけど!まぁ女性向けですね。

あらすじ~主人公が不思議な力を持つ八雲と心霊事件を解決する。(続きはwebで!)

斉藤八雲っつー奴が、生まれつき赤い左目で霊が見えるとかなんとか。
ぶっきらぼうで口が悪く「本当に嫌な奴!」(主人公談)なのですが、毎回ピンチになる主人公を助けてくれたりする。
そして悲しい過去があり、時折優しい一面を見せる……という、王道、ツンデレヒーロー。
赤い目をコンタクトで隠しているが、見せ場ではコンタクトを落とすエンターテイナー

主人公の小沢晴香はかわいこちゃん。愛嬌があるだの可愛いだの、周囲の人間がしつこく強調するほど。
ツンデレしつつも八雲に惹かれる様は少女漫画の主人公のよう。
こいつも悲しい過去があったが、八雲によって救われる。

大抵がこの2人のツンデレ会話で構成されているので、
もう付き合っちゃえよ~ヒューヒュー∩(´∀`∩)な感じです。
出てくる人物、設定がとにかくベタで王道。
幽霊や事件はこいつらを接近させるための小道具です。
著者がおっさんなのが唯一のホラー要素でしょうか。

とっても読みやすい女の子向けライトノベル。
読んでてニヤニヤしてしまいました。
なんというか、小学生向け少女漫画を読んでいるような、むず痒い気持ちです。
妹の「りぼん」とか読んでた記憶がよみがえるw

漫画で出した方が良いじゃん、と思ったらもうとっくに出てた。
アニメ化も近そうです。いちいちコンタクトを落とす様子などは既にアニメっぽい。

そうそう、今ドラマで放送中の“左目探偵なんとか”とは関係ないようです。
まぎらわしいのでどちらか、(向かって)右目探偵とかにして下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

アニメ【青い文学】

青空文庫って本当に良いよね!

著作権の切れている文学作品がタダで読める!
PCで読む事はもちろん、最近は携帯でも利用しています。

横書きなので長い作品はちょっと読みにくいんですが、
自動栞の機能もあるので我慢できます。(タダだし)

さて、以前放送されていたアニメ「青い文学」シリーズをご存知でしょうか。
青(空文庫で読んだ方が良)い文学という意味のタイトルだと思うんですが、
最初の「人間失格」(全四話)がDVDでリリースされました。

放送当時、スポーツ番組関係か何かで時間が不定期だったりで部分的にしか見られなかったので、そのうちレンタルでもしようかと思ってます。
このシリーズ、キャラクター原案がジャンプ系人気漫画家で、
一時期話題になった、あのカバーイラストそのまんま。

「人間失格」「こゝろ」→小畑健(ヒカルの碁・DEATH NOTE)
「走れメロス」→許斐剛(テニスの王子様)
「桜の森の満開の下」「蜘蛛の糸」「地獄変」→久保帯人(BLEACH)

いやあ豪華豪華。

「人間失格」は、鬱な雰囲気もさることながらなんかホラーっぽい感じだった。
そもそも人間失格って、読んだ事はあるけどほぼ忘れてたので……どこが原作と違うとかはあんまり判らなかった。

ダメ人間がモテて薬やって……ぐらいの記憶だったけど、まぁそんな感じでした。

「こゝろ」は、とんでもないビッチ登場作品として生まれ変わり、ひたすらに胸糞の悪さだけをのこして行きました。
「こゝろ」は“先生の遺書”部分のみのアニメ化で、二話構成になっていましたが、
一話目が先生目線で夏のお話、二話目がK目線で冬のお話。

Kの見た目はもうちょっとどうにかならなかったのか、という疑問もありますが、
特にお嬢さんの悪女っぷりがひどい!
原作でもお嬢さんは先生の気を引く、(というかちょっとやきもちを焼かせる)ためにKに気があるように見せていた所がある……とは思うんですが、
アニメではKに対するちょっかいがあからさますぎる上に、先生に隠れてKの床にまでもぐりこむ事に何の意味が……?

製作者は女に何か嫌な思い出でもあったのだろうか。
先生の視点では、原作の「お嬢さんはKの方がが好きなんじゃないか」から、
「K(見た目が化け物)がお嬢さんを獲って喰うんじゃないか」に変ってるような気すらする。
先生はかっこいいのに対し、Kはバトル物の漫画に(しかも敵とかで)出てきそう。
孤独がどうのこうのっていうのは置いといて、ただひたすらに三角関係を書いたという印象。

あと、登場人物の抑揚のない喋り方がなんか怖え。
奥さん(お嬢さんの母)の声は、聞いていると説教されてる気分。

「蜘蛛の糸」も、「蜘蛛の糸」としては微妙。
原作が好きだからとか、そういうレベルではないと思われる。
映画「パプリカ」の世界に出てくるような国で、グレンラガンのアニキみたいなカンダタが走り回る、斬新すぎる蜘蛛の糸。
地獄に落ちる前の人殺しの数々に時間の半分以上を費やし、
蜘蛛の糸をのぼるシーンは短い。
前半(生前のカンダタ)に相当時間を割いたにも関わらず、カンダタの描写も中途半端。
これが許されるなら、自分で有名文学を原作にして漫画でも描こうか!と思わせる作品。
絵的にはすごくクオリティが高いので、もしかしてこの国とか国王を描きたくてテキトーに有名な文学作品を選んだんじゃ?とも思わせる。
「蜘蛛の糸」としてではなく、悪人が地獄に落ちてべそをかいたりするアニメとして楽しもう。

子供のとき見た蜘蛛の糸のアニメは怖かったなぁ。
わらわらとのぼって来る罪人達にもハラハラしたものです。
あれはNHKのアニメだったか?地獄というものを初めて知った記憶かも?また見たい。

「青い文学」シリーズ、他も(色々な意味で)凄いに違いない!

文学をアニメに、という試みはもっと続けて欲しいです。

それとはちょっと違うけど、まんが日本昔話また放送してくれないかなぁ~。
最近はオサレとか萌えばかりでさすがに、ね……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

3月2日の怪談レストランのつづき

3月2日の怪談レストランのつづき

一話目の「あたしをかえして」が長かったので今回は2話構成になっており、
もう一話は通常時三話目である百物語風の短い話でした。

語り部はレイコ「これはテレビゲームが大好きな子の話よ」

「リプレイ」

ある男の子がテレビゲームをクリアすると、
「お好きなものをご馳走します!」と選択画面が現れる。

 悪魔の目玉焼き(目玉のおやじがほっかほかにw)
 呪いのマカロニ
 妖怪のスープ
 リプレイハンバーグ

変なの、と思いつつも「リプレイハンバーグ」を選択した男の子。
「リプレイ」と言えば、何でもやり直せる能力が使えるようになる。

リプレイしてテストで良い点数を取ったり、
日曜日をリプレイしてずっと遊んだり。

ここまでなら羨ましい話だが、ある日男の子が“幽霊団地”に探検に行く。
屋上に行くには朽ちた非常階段を登らなくてはいけないので、
一緒に来た友達は危ないと言い帰ってしまったが、
男の子は「危なくなったらリプレイすれば良い」と一人で登り始める。

屋上への最後の一段が崩れ、落ちそうになる男の子
うわあああ!リプレイ!

屋上への最後の一段が崩れ、落ちそうになる男の子
うわあああ!リプレイ!

屋上への最後の一段が崩れ、落ちそうになる男の子
うわあああ!リプレイ!

なぜか階段が崩れる前に戻れない!
しかしリプレイをやめたらそのまま落ちてしまう。

そして男の子はリプレイを叫び続けるのでした。。
何千回、何億回、そして今も……

無限ループって怖いね!
最後あたりの「リプレイ!」の声の震えた感じが良かったですね。

今も叫び続けているなら、全世界がループしてんじゃねーの?
なんて突っ込む奴はどこのどいつだ!

まぁしかし、一話目の尺でやられなくて本当に良かった。
階段が崩れるループばかりでこれが本当の“階段”レストラン!とか言いそうですよね。
実際8週もの間ループを表現したアニメの例もあるしね。しね!

これは短いながらも中々好きなタイプの話で良かったです。
リプレイハンバーグ以外のメニューはどんな能力だったのか気になる。

最後に、前回あたりからエンディングの歌の時にもお話が表示されるようになったんですが、
14インチのアナログテレビで部屋を明るくして離れて見ている私としては非常に読みにくい。

お城の隠し部屋を作った大工が口封じで殺され、大工の妻は後を追い、
橋の欄干で首を吊って死んでしまう。
雨の降る夜、その橋を歩いていると「亭主を返せ……」とつぶやく声が聞こえてくる。
声のする方を見ると、欄干に何かが乗っている。

そこには!!!!!!

奥さんの首の怖い絵
ド━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━ン!!!

ビクッ∑(´Д`;)←読むためにテレビに近づいてた

怪談レストランにびっくりさせられた悔しさはこの胸に深く……
刻まれませんね、別に。

テレビ買い換えたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

3月2日の怪談レストラン

「あたしをかえして!」

ある日、肩に“自分の顔”に似たおできが出来ていた。
少しだけ自分の笑った顔に似ていた、とナレーションが入るも、ペンで描いた並のくっきりさ。
キモい!
そう、なんと今回は人面そうの登場です。(別にシャレじゃないよ!変換で漢字がでないのだ)

そのままにしておくと、日に日にはっきり自分に似てきて、ある朝ついに喋り始めます。
学校でショウ君との仲をおできにからかわれるアコ。
周りの人に「誰と喋ってたの?」とか聞かれたり、コソコソと人前で喋らないでよ!とか言ったりと王道中二病展開。

自分がはっきり言えなかった事をおできが発言してくれた事で多少の感謝を抱くが、
翌日目が覚めると自分がおできになってしまっていた。
体を乗っ取られ、声も出せなくなってしまったアコ。
おできは好き勝手に行動し始める。
クラスで勉強の優秀ぶりを見せ、レイコに勝つ!と宣言。

そしてなんと
メガネをやめたのである!
(入れ替わっておできになっているアコはメガネをしている)
師匠の命より大事なメガネを外し、こっちの方がかわいくない?とのたまうおでき。

声の出せないアコは、考えたあげく「そうだ!気付いてショウ君!(テレパシー)
ショウ君「はッ!」

やはりオカルトイケメンたるもの、テレパシーぐらい使えないとね~^^
って思うわけないだろ!
「はッ!」って!絶対笑わせようとしてるだろ……くやしいけど笑った。

放課後、「あなたには消えてもらう事にしたわ」とおでき。
その方法とは「大木に右肩から体当たりしておできをつぶす」

ほう…………良いセンスだ。

おでき「あなたはぺしゃんこになって消える、たぶんものすごく痛いけど」

おまえもな!

しかし、テレパシーの一件でアコの異変に気付いていたのか、ショウ君が駆けつけ
捕まえてあった蜂で攻撃!おでこに針を刺され空気が抜けるようになって元に戻りました。

ぷしゅーってね!穴を開けるのが弱点だったらしいですね。しらんけど。
直ったらすでにメガネをしてました。さすが師匠。

アコ師匠「どうしてわかったの?」
ショウ君「いつもと違ってたからね、ずっと後を付けてたんだ」

「ずっと後を付けてたんだ」

ずっと……(;゚д゚)

あとを……:(;゙゚'ω゚'):

ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

ちょっといつもと違ったことをする人が居たら後を付けましょう。
(イケメンでない場合逮捕されるので注意)

朝、おできにメガネなしの方がかわいいでしょ?と言われ「うん」といったショウ君
「朝はあんなこと言ったけど、メガネ、似合ってるよ」

師匠……落ちたな。

悪戯に闘志に火をつけられたレイコは完全にスルーです。
おできがクラス全員の前で、次のテストではレイコに勝ちます!とか言ったのにね。
知らずに燃えてるレイコが見たかったよ!

めずらしく長い話でした。
もう一個の話も憶えてたら明日書きます。眠い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

伊集院光「のはなし」文庫化!

伊集院光の本「のはなし」が文庫化するらしい。

おめでとうございます!

なんと、あとがき書き下ろしに加えて伊集院さん自らが撮り貯めていた写真も収録されるそうです。

おめでとうございます!

ラジオで写真の話を聞きましたが、なんだか面白そうですねー。
予定通りにいけば4月上旬に発売すると言ってました。
文庫「のはなしにぶんのいち」(表記わからん)楽しみですね!

しかし……

「のはなし」1・2の両方を買って、すでに何度も読んでしまっている自分はどうしたらいいのか!
二冊分定価で購入している訳ですよ!
それが半分以下の値段になって、しかも追加要素があるって……!
今、手元にあるでかい「のはなし」の価値は!?
下取り(ブックオフ)に行く運命なのか!!!!
「のはなし」を売った金で、「のはなし」文庫版を買うなんて、なんだかアホらしいですが。

あ、悔しいけど、文庫にするにはうってつけの内容だと思いますね。
一編ごとが短いし、面白いし。

「のはなし3」が出るとしたら、最初っから文庫で出してくれ!
……っていうのはやっぱり難しいんですかね。
ゲームなんかもそうですけど、廉価で出ると思うとどうしても買い控えてしまいますよ。
積んでるうちに廉価が出たりするともう、ね……。

---------------------------------------------------------------------------
4/10追記
なんだかんだ言いつつ、「のはなし にぶんのいち」イヌの巻キジの巻両方買いました。
一冊500円って安いわぁ!
感想書きました→http://morino-book.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-d7ac.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »