« ガチャガチャ【食虫植物】 | トップページ | 本【そして誰もいなくなった/アガサクリスティー】 »

2010年3月31日 (水)

本【あくむ/井上夢人】

あくむ/井上夢人

5編収録の短編集ですが、どの話も人の悪趣味を上手に刺激してくるというか……。
夢中になって読んでしまいました。

「ホワイトノイズ」
ふと目に付いて購入した盗聴用の小さな機械を使い、
電話や無線など、ランダムに会話を盗聴する事にのめり込んでいく男。
ある日受信した電話の音声が近所に住む女性だという事がわかり……。

悪趣味なわくわく感がリアル!
語り掛けるような文体もなんだか秘密を共有するようで良い。

この主人公が盗聴にはまり過ぎてアルバイトも辞め、機械には「ブチ」という名前をつけ、
盗聴した人々の会話をノートに書き溜めたりしちゃいます。
短いながら、かなり入り込んで読んでしまいました。
自分、盗聴とか覗き見とかのネタが好きでね!(もちろん現実ではそんなことしませんけどね)
こういう負の好奇心をくすぐられる話は大好きです。

ただ、大体わかってしまう終わり方(オチ)はあんまり好きじゃない。

「ブラックライト」
チーズバーガーとアイスコーヒー(M)を買った帰りに交通事故に遭い、車に撥ね飛ばされた画家。
目を覚ますと、手足は動かず暗闇だった。そして医師から事故で複雑骨折と失明をしたと告げられる。
しかし、手足がバンドで固定されている事に気付き、医師と看護師の会話にも違和感を感じ始める。

何かが起っているようで、何も分からない恐怖。
途中は結構ハラハラさせられます。
お!お!?あぁ……、と(?)これもオチが弱め。

「ブルーブラッド」
普通の人間とはちがう種である事を隠して生活している教師。
唯一、夢の中では本性を現す事ができた。
女性を捕まえ、その首に牙を立てる……今日の獲物は同僚の女性教師。
夢は普段とは違った進行をしていた。

このひと……、まさか中二病……!!?
こじらせると怖いよねー、って違うか?

「ゴールデンケージ」
財閥の御曹司である優等生の兄と劣等性の弟。
自分の足に小さな赤い斑点を見つけた兄。次第に虫が這ったような跡が拡大して行く。

それぞれの苦しみがあるんですが、兄は孤独と恐怖(虫の)で本当に苦しいでしょうね。
弟は「兄の事をうらやましく思った事はなく、むしろ気の毒だと思っていた」とあるし、
金と権力の恩恵は(本人の意思とは関係なくても、ですが)受けてるので。
うーん、でもやっぱりどちらも救われない……。

ただ、前の画家もだけど、ハンバーガーにはコーラが良いと思うんです!!
なんで皆アイスコーヒー?!しかもお兄ちゃん、○ッテリア名指しでまずかったとかいっちゃダメ!
最近ではモスバーガーが一番うまいと思う。行く回数はマックのが上だけど。

あぁ、一気に真面目さが吹き飛んで行ったよ……。

「インビジブルドリーム」
同じ劇団に所属する女の見た「夢」の出来事が自分に起こる。

「夢」って不思議ですよねぇ。
なぜ他人の夢が自分の正夢になるのか、聞いたから起るのか、夢なのか、現実なのか。
良く分からないけど、奇妙なお話です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
読み始めたら止まらない!面白かった!
中盤は物凄く惹き込まれるけど、オチが弱い、というか、どれもあっけない感じの印象だったので、
長編作品が読んでみたい。
そのうち。

|

« ガチャガチャ【食虫植物】 | トップページ | 本【そして誰もいなくなった/アガサクリスティー】 »

【書籍・小説】ホラー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/34010907

この記事へのトラックバック一覧です: 本【あくむ/井上夢人】:

« ガチャガチャ【食虫植物】 | トップページ | 本【そして誰もいなくなった/アガサクリスティー】 »