« 3月2日の怪談レストランのつづき | トップページ | おや……?雄星の様子が…… »

2010年3月 7日 (日)

本【心霊探偵八雲1/神永学】

心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている/神永学

“心霊”っていうのと、ハッケンくんピンズに釣られて買ったこの本。

いやぁ、表紙を見た時からわかってたんですよ。
角川なのにホラー文庫じゃないし、イケメンのイラストだし。

わかってたけど!まぁ女性向けですね。

あらすじ~主人公が不思議な力を持つ八雲と心霊事件を解決する。(続きはwebで!)

斉藤八雲っつー奴が、生まれつき赤い左目で霊が見えるとかなんとか。
ぶっきらぼうで口が悪く「本当に嫌な奴!」(主人公談)なのですが、毎回ピンチになる主人公を助けてくれたりする。
そして悲しい過去があり、時折優しい一面を見せる……という、王道、ツンデレヒーロー。
赤い目をコンタクトで隠しているが、見せ場ではコンタクトを落とすエンターテイナー

主人公の小沢晴香はかわいこちゃん。愛嬌があるだの可愛いだの、周囲の人間がしつこく強調するほど。
ツンデレしつつも八雲に惹かれる様は少女漫画の主人公のよう。
こいつも悲しい過去があったが、八雲によって救われる。

大抵がこの2人のツンデレ会話で構成されているので、
もう付き合っちゃえよ~ヒューヒュー∩(´∀`∩)な感じです。
出てくる人物、設定がとにかくベタで王道。
幽霊や事件はこいつらを接近させるための小道具です。
著者がおっさんなのが唯一のホラー要素でしょうか。

とっても読みやすい女の子向けライトノベル。
読んでてニヤニヤしてしまいました。
なんというか、小学生向け少女漫画を読んでいるような、むず痒い気持ちです。
妹の「りぼん」とか読んでた記憶がよみがえるw

漫画で出した方が良いじゃん、と思ったらもうとっくに出てた。
アニメ化も近そうです。いちいちコンタクトを落とす様子などは既にアニメっぽい。

そうそう、今ドラマで放送中の“左目探偵なんとか”とは関係ないようです。
まぎらわしいのでどちらか、(向かって)右目探偵とかにして下さい!

|

« 3月2日の怪談レストランのつづき | トップページ | おや……?雄星の様子が…… »

【書籍・小説】ホラー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/33663435

この記事へのトラックバック一覧です: 本【心霊探偵八雲1/神永学】:

« 3月2日の怪談レストランのつづき | トップページ | おや……?雄星の様子が…… »