« おや……?雄星の様子が…… | トップページ | 怪談レストラン「おまえだ」 »

2010年3月 9日 (火)

漫画【出前姫/吉田戦車】

吉田戦車の新刊「出前姫」購入。

民話ボンボン(創作民話シリーズ第一弾らしい)ということで、おとぎ話のような世界観。
著者のあとがきによると「ファミコン時代の素朴なRPGへのなつかしい気持ちをひっぱりだした」そうだ。

あらすじ:出前姫の住む『あわび王国』に『ギリギリ王国』から出前の注文が入る。
妖術で料理の時間を止め、冷めていない料理を遠方の客に届ける聖なる供食法である出前!
王家への出前は王族がする、という掟に従い出前姫は『ギリギリ王国』へ旅立つ。

妖術師のさずけたお供「尻子玉」や道中に現れる妖怪など、
奇妙でかわいい変な生き物(妖怪とか)がワンサカ出てきます。

主人公がマイペースながらもちゃんとツッコミの立場になっている。
意外とちゃんとした漫画という感じでした。
しかし何かが根本的におかしい、さすがの吉田戦車ワールド。
吉田戦車の漫画って、一度読み終わってからでも色々面白い所がいいですよね。
見るたびに背景にある変な物に気付いたり、キャラの表情が急にツボにはまったりする。
魅力の一つである書き文字の擬音も絶好調!
「むりょむりょ」とか「ペベ」とか「ビョフェ~」とか、
絵と絶妙にマッチしていて凄く良い。

キャラクターでは尻子玉がかなりお気に入り。
小さくてかわいいジャミラのような風貌で、セリフや表情も良い感じ。
尻子玉かわいいよ尻子玉。もっと活躍を見たかった!
ピンピン人も好きだー!
兄もイケメンだし、ねじりパンだし。
本当、こういうキャラ考えるの上手いよなぁ。

見開き1ページのあとがきでは、キャラクターの名前などを考えた時の話が書いてあり、
適当に描いてるように見えて(失礼)やっぱり色々考えてるんだな~、とか、興味深く読めました。

民話(なのか?)シリーズ、もっと読みたい!

ところで、ぷりぷり県の文庫化、アニメ化はまだですか?

|

« おや……?雄星の様子が…… | トップページ | 怪談レストラン「おまえだ」 »

吉田戦車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/33699753

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画【出前姫/吉田戦車】:

« おや……?雄星の様子が…… | トップページ | 怪談レストラン「おまえだ」 »