« 伊集院光「のはなし」文庫化! | トップページ | 3月2日の怪談レストランのつづき »

2010年3月 3日 (水)

3月2日の怪談レストラン

「あたしをかえして!」

ある日、肩に“自分の顔”に似たおできが出来ていた。
少しだけ自分の笑った顔に似ていた、とナレーションが入るも、ペンで描いた並のくっきりさ。
キモい!
そう、なんと今回は人面そうの登場です。(別にシャレじゃないよ!変換で漢字がでないのだ)

そのままにしておくと、日に日にはっきり自分に似てきて、ある朝ついに喋り始めます。
学校でショウ君との仲をおできにからかわれるアコ。
周りの人に「誰と喋ってたの?」とか聞かれたり、コソコソと人前で喋らないでよ!とか言ったりと王道中二病展開。

自分がはっきり言えなかった事をおできが発言してくれた事で多少の感謝を抱くが、
翌日目が覚めると自分がおできになってしまっていた。
体を乗っ取られ、声も出せなくなってしまったアコ。
おできは好き勝手に行動し始める。
クラスで勉強の優秀ぶりを見せ、レイコに勝つ!と宣言。

そしてなんと
メガネをやめたのである!
(入れ替わっておできになっているアコはメガネをしている)
師匠の命より大事なメガネを外し、こっちの方がかわいくない?とのたまうおでき。

声の出せないアコは、考えたあげく「そうだ!気付いてショウ君!(テレパシー)
ショウ君「はッ!」

やはりオカルトイケメンたるもの、テレパシーぐらい使えないとね~^^
って思うわけないだろ!
「はッ!」って!絶対笑わせようとしてるだろ……くやしいけど笑った。

放課後、「あなたには消えてもらう事にしたわ」とおでき。
その方法とは「大木に右肩から体当たりしておできをつぶす」

ほう…………良いセンスだ。

おでき「あなたはぺしゃんこになって消える、たぶんものすごく痛いけど」

おまえもな!

しかし、テレパシーの一件でアコの異変に気付いていたのか、ショウ君が駆けつけ
捕まえてあった蜂で攻撃!おでこに針を刺され空気が抜けるようになって元に戻りました。

ぷしゅーってね!穴を開けるのが弱点だったらしいですね。しらんけど。
直ったらすでにメガネをしてました。さすが師匠。

アコ師匠「どうしてわかったの?」
ショウ君「いつもと違ってたからね、ずっと後を付けてたんだ」

「ずっと後を付けてたんだ」

ずっと……(;゚д゚)

あとを……:(;゙゚'ω゚'):

ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

ちょっといつもと違ったことをする人が居たら後を付けましょう。
(イケメンでない場合逮捕されるので注意)

朝、おできにメガネなしの方がかわいいでしょ?と言われ「うん」といったショウ君
「朝はあんなこと言ったけど、メガネ、似合ってるよ」

師匠……落ちたな。

悪戯に闘志に火をつけられたレイコは完全にスルーです。
おできがクラス全員の前で、次のテストではレイコに勝ちます!とか言ったのにね。
知らずに燃えてるレイコが見たかったよ!

めずらしく長い話でした。
もう一個の話も憶えてたら明日書きます。眠い!

|

« 伊集院光「のはなし」文庫化! | トップページ | 3月2日の怪談レストランのつづき »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/33610641

この記事へのトラックバック一覧です: 3月2日の怪談レストラン:

« 伊集院光「のはなし」文庫化! | トップページ | 3月2日の怪談レストランのつづき »