« 宝島社文庫の「ぶんこちょ」キャンペーン | トップページ | 本【殺人鬼/綾辻行人】 »

2010年4月14日 (水)

アニメ怪談レストランが帰ってきた!

特番でほぼ一ヶ月放送のなかった怪談レストランがついに帰ってきました!
いきなりミサイルをぶっ放すメカ二宮金次郎像が出てきたりして、
帰ってきたと思った途端にさっそく置いてきぼり……。

それはさておき第一話

「好きな人の髪の毛を……」

学校の教室で女の子3人と喋るアコ。
「絶対にきく」というおまじないの話題に。
なんでも、好きな人の髪の毛を一本抜いて和紙などに包み、「私の事を好きになって」と念じると恋が叶うとか。

やってみよう!と盛り上がる女子達、
タイミングよく登場のレイコ「そんなもの信じるなんて暇ね」
(立ち聞きしてるあんたもよっぽど暇だよ)

アコは「皆、好きな人とか居るの……?」と少し驚いてましたが、
家に帰ると母親の鏡台に向かい「髪の毛一本抜くのって難しい」と意外にやる気満々?
一番難易度が高いのはアコ自身の髪の毛でしょう。うどんみたいにかたまってるし。

ところでアコの狙いはやっぱりショウ君でしょうか。
どちらかといえば不良君の方がお似合いな気がするけど。

そして、うどんみたいな髪の毛を櫛でとかしたりしていると、
引き出しの中に封筒のようなものが入っているのに気が付きます。

開けてみるとそこには縮れた毛が!!
しかしよく見ると長さから髪の毛のようです。びっくりした~

その日はちょうど両親の結婚記念日だったらしく、
母親が気合を入れてごちそうの準備をしています。
そこに父から電話が入り、仕事で遅くなるので飯はいらない、と。
どうやら結婚記念日をすっかり忘れているようです。

母は「そう」と言って、
部屋に行き、ひとりちぢれ毛……いや、髪の毛入りの和紙を抱きしめます。
そしてまた台所に戻ってきた所で再び父から電話が入り、
結婚記念日だった事を思い出したのですぐに帰る、とのこと。

アコが母親に伝えると、母はにっこり。
食事の後で父と母はどちらが先に好きになったのか尋ねると、
母が父を先に好きになり、父は“他に好きな(交際していた)人が居たにも関わらず”母を好きになって結婚に至ったそうな。
(おまじないすげーっていうか黒魔術みたいで怖い。おやじいまだに操られてるのか……)
父「母さんと結婚して良かったと思ってる。他の人生なんて考えられない!」
(だめだ……完全にやられてる)

次の日、学校でおまじないの話をしていた子達がまた集まっていて、
その中の一人(アコじゃない子)が
「私の両親もこのおまじないで結婚したって言ってた」と言い、
ダメでもともと、私もやってみるわ!などと一同大盛り上がり。

最後に、桜の木の下に座るショウ君が映り、その背中にそっと忍び寄る手。
こっそり毛を抜こうと思っているようですが、ショウ君が振り返り「やあ」と言ってこのお話は終了。

最後、忍び寄った「手」が誰だったのかわからないんですねー。良い演出です。
普通に見ればアコかと思うんですが、教室で「私の両親も~」の話をしている際、
まったく話に入らないのに、ちょっと離れた席に座っているレイコが映っていたのが少し気になります。
絶対話を聞いてますよ、ってか聞いてない訳がない!
前にも未来の結婚相手が見えるおまじないを試してたし……さてはレイコ……!!!

まあ、ショウ君はもてそうだし、だめでもともと!とか言ってた子かも知れませんが……。
あの意味深なカメラワーク……。ううむ。

今回の話で一番怖かったポイントは、ダントツで母親。
二階の部屋に無言で上がっていく母親は子供心にハラハラするだろうが……
おまじない後、父がすぐ帰ると連絡してきた時の素早い満面の笑顔がこわい!
お呪いによって生まれた子供だから、アコには霊が寄って来るのか……?

この人は水の精だったか何だかと付き合いがあったりして色々怪しい。要注意人物です。

 
あとの話はだいたい知ってるような内容だったので割愛。
無難に怖い話って感じでした。

二話目の「幽霊トンネル」で、先生達が友人を見捨てる所、
足を掴む手を見た3人が驚く演出が絶望先生の「絶望したっ!」手前みたいでちょっとウケた。
見捨てられた奴は本当に「絶望した」ことでしょう。

今日の放送では、なぜかEDの歌が無かったです。
歌とCM明けのおばけギャルソンの語りも、「この後は~」もなかったし……

もしかして歌変わるのかな?

|

« 宝島社文庫の「ぶんこちょ」キャンペーン | トップページ | 本【殺人鬼/綾辻行人】 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/34219951

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ怪談レストランが帰ってきた!:

« 宝島社文庫の「ぶんこちょ」キャンペーン | トップページ | 本【殺人鬼/綾辻行人】 »