« 流行り神3【第壱話】 | トップページ | 5月4日【怪談レストラン】 »

2010年5月 3日 (月)

本【忌憶/小林泰三】

忌憶/小林泰三

キオクにまつわる連作短編集
「奇憶」
「器憶」
「垝憶」
 の三編収録
連作短編といっても、「奇憶」に登場する人物が出てくる程度なので、どれから読んでも良さそう。

「奇憶」
ちょっと読むのがつらい程のダメ人間・藤森直人
立ち行かなくなった生活の中で過去の記憶を顧みるうちに、
幼い頃の記憶におかしな点を見つけ……

冒頭からすごい、ものすごいダメ人間の登場です。
今までにも色々ダメ人間の出てくる話を読みましたが、これは凄い。
「太陽の塔」を、より絶望的にして凝縮した感じです。
それでいてSFでありホラーであり……とにかく色々と凄い。

「器憶」
ちょっとした負けず嫌いから、恋人に腹話術を見せる事になった男。
腹話術の練習に励み、次第に妄執して行く。
偶々入った寂れたおもちゃ屋から腹話術の人形を譲り受け、
喋らせ、会話をするうちに人形の「クルオ」がある提案を持ち掛ける。

人形の「クルオ」が持ち掛けるのは、人形と人間の意識を入れ替える事。
もう聞いただけで危ないです。
ところが、この男はホイホイ乗ってしまうんですねー
この男も相当です。

「垝憶」
手元には一冊のノート
多数の注意書きと共に記されていたのは、自分の記憶は留めておくことが出来ないという事、
そして、かつて殺人を犯した事と、冷凍庫にある死体の処理を進める手順だった。

感動映画やドキュメントでたまに見る記憶がリセットされる病を、まさかここまで狂気の渦に巻き込むとは……
記憶が継続しないので主人公自身も何が何だか分からない状態で、
それでもノートに従って行動し、考え、気が付くと手元には一冊のノート。
ノートを読み、驚愕し、考え、行動し、気が付くと手元には一冊のノート。
これは確かに恐ろしい。
最後まで読んでも“真相”はよく解らなかったのですが、
主人公の決断と、これからも繰り返されるであろう記憶のリセットを思うと……。

とりあえず三作の中では最後の「垝憶」が一番面白かったです。

初めて気が付いたんですが、著者の名前、小林泰三「こばやしやすみ」って読むんですね。
「たいぞう」だと思ってたわ……はずかし。
や、でも普通、最初はみんな「たいぞう」って読むと思うのよ!

なんというか「たいぞう」だと厳ついおっさんのイメージだけど、「やすみ」だと中性的でスマートな感じですね。
空脳でしょうか。

……なんと書評と関係ないシメだろう。

|

« 流行り神3【第壱話】 | トップページ | 5月4日【怪談レストラン】 »

【書籍・小説】ホラー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/34493736

この記事へのトラックバック一覧です: 本【忌憶/小林泰三】:

« 流行り神3【第壱話】 | トップページ | 5月4日【怪談レストラン】 »