« 【CM】木村カエラではありません | トップページ | 本【文通/吉村達也】 »

2010年5月23日 (日)

本【レインツリーの国/有川浩】

レインツリーの国/有川浩

昔好きだった小説の感想をネットで検索した事から、
「レインツリーの国」管理人の女性とメールのやり取りが始まる。

メールを続けるうちに惹かれて行き、
会いたい旨を伝えるが、彼女は乗り気ではなかった。

何とか説得し会う事になったが、微妙に噛み合わない会話と、
腑に落ちない彼女の態度に疑問を感じる。

彼女には、彼に隠している秘密があった。

―――

ひゃあ!恋愛小説を読んでしまった!

最近、名前をよく見かける作家さんなので読んでおこうかなーと、
去年の夏にキャンペーンに乗じて買いました。

恋愛小説、といっても、内容は至って真面目で、
障害についても色々と詳しく書いてあります。

『図書館戦争』シリーズの『図書館内乱』にも出て来るお話らしいです。
その本は読んでいませんが、特に問題なく独立した一つのお話として読めました。

二人が実際に会う事になる、第二章のタイトル
「……重量オーバーだったんですね」
を見たときは、ものすごいデブちゃんが来るのではと……((´∀`))ワクワク

事の真相が解って、「なるほど」と思うと同時にクソヤローな自分にしょんぼり。

穏やかな話の流れではありますが、障害や、それぞれの葛藤に色々考えさせられる。

しかし、読みながらテンションが上がらず、二人がくっ付くように心から応援できない。
面白くなくはないんだけど……。
どちらの立場にせよめんどくせーと思ってしまうのは、自分がクソヤローだからかもしれない。

ブログの本の感想から始まる恋……か。

自分も、読んだ本の他人の感想を見るのが好きなので、
気持ちは良く分かります!

が!メールなんて来ないって!
アリエナーイ( ゚∀゚)アハハノヽノヽノヽノ \ / \/ \/ \

ハァ……。

それにしても、著者の「有川 浩」って読みが「アリカワ ヒロ」で、
しかも女性だったんですね。
著書と名前はよく見かけていたんですが、
今回初めて作品を読んで、あとがきで「私の夫が……」と書いていたのを見て、
はじめて「ヒロシ」ではないと云う事に気が付きました。

ちなみに自分は、石田衣良の事も名前だけを見て女性だと思っていました。
「らきすた」の作者も名前だけ見て女性だと思っていました。

マツコデラックスは……結局どっちだったんだっけ?
名前と顔を見ても未だに判りません。

どうでもいいし……。

|

« 【CM】木村カエラではありません | トップページ | 本【文通/吉村達也】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/34821537

この記事へのトラックバック一覧です: 本【レインツリーの国/有川浩】:

« 【CM】木村カエラではありません | トップページ | 本【文通/吉村達也】 »