« とろとろスライムを飲んだ | トップページ | 本【新耳袋 現代百物語 第二夜/木原浩勝+中山市朗】 »

2010年7月18日 (日)

本【サマータイム/佐藤多佳子】

サマータイム/佐藤多佳子

男の子と、ヒステリーだけど綺麗なお姉ちゃんと、片手をなくした男の子とピアノの連作短編。

文章が詩的でおしゃれぽい。
若くてキラキラした感じは堪能できました。
しかし、ジャズもピアノもサマータイムも、ついでにいうとキョウチクトウの花もよく知らないからなぁ……。

最初の一編「サマータイム」はまだ幼い三人の関係を弟の目線から書いています。

まずいゼリーを食べる所とかは結構好きですよ。
なんかホモっぽい展開になるけど。

お姉ちゃん目線の「五月の道しるべ」

お風呂のシーンが良いですね。
変な意味じゃなくて、ヒステリーっ子が自分のしでかした事を噛みしめるってのはなかなか見られないというか。
映像的にも綺麗。(変な意味じゃなくて)

その他二編。
それぞれに見せ場はあるが、
後半になるにつれ蛇足・説明的に……

男の子の表現がわりとさっぱりしているのに対して、
お姉ちゃんに対して、美人だとかかわいいだとかの直接の表現をいちいち言いすぎなような。
男目線の語り(言葉使いとか)が総じてうそ臭い、というか少女漫画っぽい。

小綺麗で詩的な感じなので、中学生の女の子とかにオススメできそうな作品。

問題は、なぜ新潮文庫の「百冊診断」でこれを薦められたのか、という事だ。

「百冊診断」というのは、自分のツイッターアカウントを入力すると、新潮文庫の100冊の中からオススメの一冊を選んでくれるというもの。

森野の吐きすてた、たった三回しかなかった独り言アカウントを入力してみたところ、
まじめでしっかり者、だけど時にはおちゃめな一面も見せるアナタには本書がピッタリ 『サマータイム』
まじめでしっかりもの~?!あ、あたってる!!!
しかも、実はおちゃめだった!おチャマー森野です、よろしくね!

ちょっと面白いので、勝手に人のアカウントを入力してみた。

HikaruIjuin(伊集院 光)繊細で豊かな感受性を持ち、理知的なものの見方が出来るアナタには『海辺のカフカ』
 あるある

yojizen(吉田戦車)頭の回転がとても速く、物事の本質まで深く考える事の好きなアナタには『フェルマーの最終定理』
 す……すげえ!

GachapinBlog(ガチャピン)落ち着いて論理的な考え方が出来る、いつもマイペースなアナタには『ボトルネック』
 マイペースは当たってるような気がするけど、青春ミステリーを読むガチャピンはちょっと嫌。5才です。

KadokawaBunko(角川文庫)行動力があり、アグレッシブで社交的、周りに人がよく集まるアナタには『ミッキーマウスの憂鬱』
 ハッケン!

s_natsuichi(集英社文庫)自分にも周囲にもやさしい、みんなから愛されるタイプのアナタには『さくらえび(さくらももこ)』
 ナツイチのラインナップにもさくらももこのエッセイ入ってたなー^^

shinchobunko(新潮文庫)小さなことにはこだわらず、いつも前向きに物事を考えられるアナタには『七つの怖い扉』

100satsu(新潮文庫の100冊の紹介だけをつぶやくアカウント)
自由に憧れる気持ちが強く、組織の中で生きていくことを重荷に感じているアナタには
『ひとがた流し』
 これは……w 自由に憧れ、組織の中で生きていく事を重荷に感じながら、今日も100冊ラインナップの紹介だけをひたすらにつぶやき続ける……。
涙、涙の物語。

こうして見てみると、性格診断に関しては、なかなかどうして当たっているような気がしますが、
薦めている本は適当なんじゃないか……?
小さな事にこだわらない前向きな人に怖い本薦めるとか、どうかしてる。

|

« とろとろスライムを飲んだ | トップページ | 本【新耳袋 現代百物語 第二夜/木原浩勝+中山市朗】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/35790936

この記事へのトラックバック一覧です: 本【サマータイム/佐藤多佳子】:

« とろとろスライムを飲んだ | トップページ | 本【新耳袋 現代百物語 第二夜/木原浩勝+中山市朗】 »