« クラブニンテンドーの扇子が届いた。 | トップページ | 本【東亰異聞/小野不由美】 »

2010年8月21日 (土)

IJP「本当は怖い話…だった話」

IJPイジュウインパーク

「本当は怖い話…だった話」
伊集院光が怖い話聞かせた若手芸人が、同じ話をいかに上手く話せるか、トーク力を競う企画。

今回の話は、

元芸人の友人の話。

その人は芸人を辞め、地元に帰ったものの、しばらく実家で何もせずにいた。
ある夜、このままではいけない、と思い、就職活動へ向けて履歴書を書き始める。
そのまま書き上げて、夜が明けたら親が紹介してくれた会社へ持っていくつもりだったが、
履歴書に貼る写真がない事に気付く。

写真を撮れる場所の記憶を探ると、
同級生の家がやっている「さいとうストアー」の前に、
三分間写真機があった事を思い出し、早速出掛ける。

夜遅い事もあったが、久しぶりに来た商店街は寂れていて、灯りもまばら。
ほとんどの店はシャッターが降りっぱなしのようだ。
暗い道を歩き、目的のさいとうストアーが見えてきたが、
なんと、ここも潰れてしまっていた。
店はほとんど廃墟のようになってしまっていたが、
真っ暗な中にぽつんと光っている写真機の前へ行ってみると、まだ稼動しているようだった。

しかし、その中には先客が居て、
カーテンの下からは真っ赤なスカート、そして真っ赤なハイヒールが見えていた。

時間を潰そうにも、辺りの店は閉まっているし、真っ暗だ。
どうしようか迷っていると、いつの間にか写真機のカーテンが開いていて女も居なくなっていた。

いつの間に出ていったんだ、と不思議に思いながらも写真を撮る為に中へ入る。
座って準備をしていると、横から女の声が。

「私、綺麗になったでしょ?」

驚いて横を見ると、カーテンの下から真っ赤なハイヒールが見えた。
さっきの女が向こう側にいて、なぜか声を掛けてきている。
撮影が始まってしまうのでそのまま無視して座っていると

「ねぇ、私綺麗になったでしょ?」
「おしゃれでしょ?」

撮影している間中、横で女がぶつぶつと呟いている。

やっと撮影が終わり、カーテンを開けるが、
ついさっきまで声がしていたのに女の姿は見えない。
いよいよ気味が悪くなってきて、速く帰りたいが、
写真機が古いせいかなかなか写真が出来上がらない。

また女が戻って来るかもしれない。

写真が出て来ると同時に掴み、急いでその場を離れる。

道路に出ると、一台の車がクラクションを鳴らしてきた。
見ると、偶然にも同級生の仲の良かった友人が乗っていたので、
ほっとして、暫くお互いの近況を話合っていた。

「さいとうストアー、潰れちゃったんだね」と話を振ると、
友人は「あれ?お前知らないの?結構大きなニュースになったのに」と、暗い顔に。

「同じクラスだった吉田って憶えてる?」
吉田さんとは、かなり太った女子だった。

「あの吉田が、斉藤に惚れてさ……」

「斉藤には既に嫁さんが居たんで、隠れて不倫してたんだけど、やっぱりバレて。
で、怒った嫁さんと斉藤の夫婦二人で吉田に相当酷い事を言って罵ったらしい。
容姿や体型の事とか服装が酷いとか」

散々なじられた吉田は心の病気になった。

そしてある日、フラリと「さいとうストアー」に現れた吉田さんは、
ガソリンを頭から被って火を付けたのだという。

「まさか……さっきの赤いハイヒールの女……」と先程の話をしようとすると、
友人は「あれ、やっぱり知ってた?吉田が焼身自殺した時、真っ赤なドレスとハイヒールだったんだよ」

ふと、手にしていた写真に目を移すと、そこには自分の顔写真ではなく、
真っ黒に焼け焦げた人間が写っていた。

録画してないので所々うろ覚えです。

寂れた商店街と赤いドレスの女、破壊力高いですね。
足と声だけってのも怖い。
後半は斉藤も吉田もクソだな!

毎回話を作るのは大変だろうけど、この企画はまたやって欲しい。

実は、今回途中から熱闘甲子園(毎年夏にやってるテレ朝の甲子園情報番組)が見たくて、ちょっとザッピングしてしまった……。

甲子園で野球をする高校生は、いつ見ても自分とは住んでいる次元からして違うのではないかと思う。
甲子園で汗を流す高校生、必死の逆転劇を見ながら吐く台詞は

「東海大相模高校の監督、極楽とんぼの山本じゃないか?」

そんなわけで決勝戦も楽しみです。
我が県はもう負けてしまったので両方頑張れ!

|

« クラブニンテンドーの扇子が届いた。 | トップページ | 本【東亰異聞/小野不由美】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/36275867

この記事へのトラックバック一覧です: IJP「本当は怖い話…だった話」:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年8月21日 (土) 05時14分

» デジカメ写真の加工、修正を激安で受けます。 [デジカメ写真の加工、修正を激安で受けます。]
就職活動で自分の写真をお使いになる方へ・・・あなたは、自分の写真に満足してますか?就職活動は第一印象がとっても大切です。少し写真に修正を加えるだけで、印象が大きく変わります。もしかすると、あなたの人生を変えてしまうかもしれません。デジカメ写真の加工・修正は是非おまかせください。... [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 07時07分

« クラブニンテンドーの扇子が届いた。 | トップページ | 本【東亰異聞/小野不由美】 »