« ミニストップで「伝染るんです。」その2 | トップページ | 「トイレの神様」じゃなくて『便所の神様』 »

2010年12月 3日 (金)

本【忌館 ホラー作家の棲む家/三津田信三】

忌館 ホラー作家の棲む家/三津田信三

編集の仕事のをしながら小説を執筆している三津田信三。
街に隠れるように建つ洋館を見つけ、すぐに引越しを決める。
同時期に同人雑誌でホラー小説の連載を依頼され、自分の住む洋館「人形荘」をモデルにした怪奇小説の執筆を始めるが……。

やっっっと読み終わったあぁぁ!!
一週間位掛かったか……?
なんだか、読むテンションが維持できない作品だった。
作中作と現実が混ざっていくのは良いけど、盛り上がりに水を差す形で挿入されるのが嫌だ。
何よりこの、作中の三津田信三が……

小説のネタを思いつき( ´_ゝ`)「乱歩の『怪談入門』の分類で見るなら~」

 ( ^ω^ )ほう。

雑誌で自分の連載予告を見て( ´_ゝ`)「乱歩が『悪霊』の予告を何度も出されて結局中絶してしまったエピソードが……」

 ( ^ω^ )また乱歩か……好きなんだなー。

道を歩けば( ´_ゝ`)「乱歩の『白昼夢』の世界を見るように感じた」

 ( ^ω^ )はぁ……。

本棚の整理でも( ´_ゝ`)「乱歩やディクスン・カーやキングは特別扱いしたい」(ホラー・ミステリーの名作を書き連ね始める)

 ( ^ω^; )そうっすね。はやく片付けた方がいいっすよ。

( ´_ゝ`)「江戸川乱歩の家は~」

 ( ^ω^ ;)はいはい、わかったから……

( ´_ゝ`)「乱歩のおかげで浅草に親しんだ」

以降延々と乱歩やミステリー小説の歴史を語る

 ( ^ω^ ♯)おいおい、あまり俺を怒らせるなよ……?

( ´_ゝ`)「それにしても自分の好きな話になると人は、ついつい喋りすぎて相手をうんざりさせてしまうものだと、これまでの経験で分かっているのに~うんたら」

 ( ^ω^ ♯)分かってやってたのかてめぇ……

 
江戸川乱歩出しすぎ!
本の厚さの20%は乱歩なんじゃないか。
乱歩の作品は好きだけど、乱歩その人に対してそれほど興味ないって。
他にも「三津田」の仕事である編集の話ついでにやたら作家や著作名が出てくる。
架空の物も混ざっているようだけど、小説や映画の薀蓄がいっぱい!

今からホラー小説を読みたい、という人には良いリストになるかもしれない。
積み本増殖リスト。
今度、連城三紀彦のミステリー読んでみようかな。

自分の名前を語った謎の投稿小説があったり、曰く付きの家に住んだりするのに、乱歩アレコレと余計なエピソードが多すぎて読みにくい。
小説が読みたくて手に取ったのに評論を読まされていたでござる状態。
しかも、主人公の三津田、探偵小説好きなわりに伏線に気が付くのが読者より何ページも後ってどうなのよ。

オカルトとミステリーの融合というか、どちらも半端に織り交ぜたというか……。怖くないし。
色々腑に落ちない点があったりしますが、
( ^ω^ )< にちゃり は印象的でした。

結論:一番怖いのは表紙
   (よく見ると可愛い感じの絵柄だけどあんまり見たくない)

|

« ミニストップで「伝染るんです。」その2 | トップページ | 「トイレの神様」じゃなくて『便所の神様』 »

【書籍・小説】ホラー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/37940313

この記事へのトラックバック一覧です: 本【忌館 ホラー作家の棲む家/三津田信三】:

« ミニストップで「伝染るんです。」その2 | トップページ | 「トイレの神様」じゃなくて『便所の神様』 »