« 懐かしの駄菓子 | トップページ | 【ガチャ】ポケモン二種 »

2011年5月 4日 (水)

本【まだある。~文具・学校編~/初見健一】

まだある。~文具・学校編~

今でも“まだある”懐かしの文房具をまとめたシリーズ。
全商品のカラー写真があり、コラムがまた面白い。

先に読んだ「食品編」は、パッケージがリニューアルされているものが多かったですが、
学校で使うような文具って昔からほとんど変わってないんですね。
おどうぐばこ、クレヨン、紅白帽、学習帳……
写真を見るだけでもめちゃくちゃ懐かしい!

幼稚園や小学校で使っていた文具は、親が買ってきたものや学校で配布されたものが多いので
この本で見て初めて自分が使っていたハーモニカが「トンボシングル」だった事を知った。
他メーカーのハーモニカも載っているけど、橙色のケースを見てピンときた!
このように、同じ商品でも多数のメーカーの物が載っているので、自分が使っていたものが見つかると嬉しい。
幼稚園の時に使ってた「ヤマト糊」の匂いとか、表紙にも載っている黄色い顔の糊(あれは犬らしい)は目にした事はあっても一度も使ったことがないなぁ、とか、
学習帳は「トーカイグラフィック」だったから、ジャポニカ学習帳のCMを見るたび謎の嫉妬心を感じていたな、とか
色々思い浮かんできてたまらなく懐かしい。
友達が使っていたものなんかも結構憶えているものですね。

学習ルーペ(虫めがね)のコラムに書いてあった「発火実験」(虫めがねで光を集めて紙を燃やすやつ)
これを読んで、小学生時代に授業でこの実験をやった事を鮮明に思い出した。
グループで外に出て、校庭やらで実験に励んだが、
その日は曇りだったのか、なかなかうまくいかず、
虫めがねを手にした私たちのグループはなぜか「あきらめかけたその時」の寸劇を始めた。
よくテレビであるような、時間ギリギリになって諦めかけた時にナレーションが入って~みたいな。
「あ~もう駄目だ」(チラッ
「やっぱり無理だったんだ」(チラッ
「諦めよう……」(チラッ
口々に諦めの言葉を吐くグループ。
傍から見たらただのネガティブ集団だが、

皆が諦めかけたその時!

授業時間が終わり、結局失敗に終わった。
世の中テレビの演出のようには上手くいかない、という教訓を胸に大人の階段を昇った出来事でした。
簡単に言うと……みんなバカだったんだな。
そしてピュアだった小学生も、テレビを見ては「どうせヤラセだろう」や「うそくせ~」などとほざく大人になりましたとさ。

こんな懐かしい思い出がたくさん浮かんでくる一冊です!

良い思い出ばかりとは限りませんけどね……。

|

« 懐かしの駄菓子 | トップページ | 【ガチャ】ポケモン二種 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/39853743

この記事へのトラックバック一覧です: 本【まだある。~文具・学校編~/初見健一】:

« 懐かしの駄菓子 | トップページ | 【ガチャ】ポケモン二種 »