« 【花子さんがきた!!】ちょっと面白い怖い話 | トップページ | ホラー漫画と私 »

2011年6月26日 (日)

【トラウマ】ミッキー(偽)ぬいぐるみ

トラウマ漫画紹介の流れを汲みまして、
子供の頃読んで結構怖かったなぁ、という漫画を思い出したので探してきました。

「ひとりで読む!2000時間の恐怖体験」
1
投稿された体験を元に漫画化したもの、活字の短編などが色々入って分厚くて面白い本です。
漫画は「阿部ゆたか」さん一人が担当。
ほぼ怖くない漫画と活字(~だわ!とかいう嘘臭い口調)の体験談、
その中で唯一印象に残る怖さの一本を紹介!

「人形は知っていた!」
“愛知県/大里佳苗さん(仮名)の体験を元に構成”

小学生の佳苗ちゃん、お父さんが会社の同僚からぬいぐるみを貰ってきました。
子供のいない同僚のおばさんが佳苗ちゃんのために作ってくれたそうです。2
中央の佳苗ちゃんの腕の中に居るのが件のぬいぐるみです。
Photo
どうみてもミッ○ー!

目がつり上がって口もなく、両足とも曲がっている
「よーく見るとあんましかわいくないや」
よく見なくてもかわいくない件については触れないでください。

そんな事を言いながらも、その大きさに喜び
一緒に寝たりおままごとをしたりとかわいがって過ごすのでした。

しかし、ある日遊んでいた友人が
「それ、かわいくないね」
と、本当の事を言ってしまうのです。
3

“最初の頃とても喜んでいた私も
友人からそんなことを言われてから
あまりかわいがらなくなりました”

かわいがらなくなってくると途端にじゃまに思え、
その大きさゆえに置き場所に困るようになります。

そこで、ぬいぐるみの頭に紐を通し、窓辺に吊るす事に。
窓際に吊るし、さっさと遊びに行ってしまう佳苗。
それを見送るぬいぐるみから不穏なオーラが……。

人形を吊るした後、お父さんが怪我をして帰ってきました。
テニスをやっていて“左足を内側に曲げ”アキレス腱を切ってしまったそうです。
その夜、ベッドの横の窓に吊るされた人形をふと見ると、
ぬいぐるみの左足が内側に曲がっていることに気が付きます。
4_2
まさか……?
「そんなわけない、気にしすぎよね」とそのまま眠りにつく。

そして一ヶ月程がたち、お父さんの怪我も治りましたが、
今度はお父さんの目の調子が悪いそうです。
少し新聞を読むだけで充血してしまう、と言ってこちらを見たお父さんの顔が、
なぜかぬいぐるみとだぶってみえたのでした。

さらにさらに、自分も頭のてっぺんに身に覚えのない怪我を負ってしまいます。
ぬいぐるみは、吊るした事で頭がとんがっていて……。5

「人形の呪いだ」と怖くなりお母さんに訴えるがとりあってもらえず、
“さわるのも怖い”ということでベッドの位置を変えて近付かないようになります。

しばらく何も起こらずに何ヶ月か経ちましたが、
またしても父が、今度は右足を怪我。
「人形のせいだ、作った人に返そう」と父に話すと
人形を作った、同僚の佐藤さんは既に会社を辞めてしまい、どこに居るのか分からないとの答え。
お父さんも「信じられない話だが佳苗の言う通りかもしれん」と言い出しますが、
供養する神社も遠く、結局そのままになっているうちに転勤になり、引越しをする事に。

引越し前、外で飼い犬が家に向って吠えていて、
確認してみると、窓から見える吊るされたぬいぐるみが十字架の形になっていた。
“自分の運命を感じとった”かのように――というモノローグが入り、
舞台は引越し後の新しい家へ。

荷物を片付けていると、人形が見当たらない……
なんと母が「気持ち悪いからゴミと一緒に向こうに捨ててきちゃったわ」

おかーさーん!!
この親にしてこの子あり、とはよく言ったもので、
この親子は確実に悪い方へ進んでいきますね。

怖いから吊るしたまま、
呪いが気持ち悪いから捨てるって発想がすごい。

「もっと呪われちゃう……」と怯える佳苗、
そして母に異変が起こり始めます。
何もしていないのに足がつる、しびれるで普通に歩けない、
目がすぐ疲れて頭痛がひどい、
病院に行っても原因がわからない。

お母さん……と震える佳苗
何も解決しないまま

「もう一度いいます、
捨てられた人形は目がつり上がっていて
両足が曲がっていて」

「ひもを通したせいで頭に突起ができていて――
もし見つけた人がいたら一刻も早く供養してください
そうしないと母は一生このまま苦しまなければなりません」

「そうしないと拾ったあなたにもきっと呪いが――」

タモリ的な役割の男が出てきてシメて
6
おわり。

「もし見つけた人は」って、絶っ対に拾わないから。
そもそも人任せにするなよ……。

今読んでみると、人形を作った佐藤さんとお父さんてちょっとアヤシイ感じですね。
呪いが、邪険にした女の子じゃなくて主にお父さんに行ったり、
「人形のせい」といった事を肯定するところとか。
(母親に人形の呪いと言った時には「せっかく頂いたんだから大事にしなさい」と言ってるが)
会社をやめてどこに居るかもわからないってのも怖いけど、
実際は不倫でもしてたんじゃ……。
もしくはディ○ニーに消されたか……!
タイトルが「人形は知っていた!」ってのも何か……。

この家族自体、お払いは遠いから無理、気持ち悪いから捨てるって、
もうちょっと他にする事ないんかい!と突っ込みたくなります。
まー、トラウマって程ではないんですが、いまだにぬいぐるみを捨てたりはできない。
ぬいぐるみ抱き枕とかも、顔が付いてるやつは枕にしたりできないし……。
あと、うっかり踏んだりしたら謝る。

この話は結構有名なようで、
「ミッキーのぬいぐるみ」「吊るして頭がとんがる」
「人形と同じように怪我」っていう話が2ちゃんのトラウマスレとかで
上がってたりするんですが、同じやつなのかは分かりません。

もしかしたら別の似た漫画もあるのかも?
もしくは同じ漫画を使いまわして出版しているのか……。
違うイラストの物を読んだ事がある、という方はコメント欄かメールでご一報下さい。

|

« 【花子さんがきた!!】ちょっと面白い怖い話 | トップページ | ホラー漫画と私 »

【書籍・小説】ホラー系」カテゴリの記事

コメント

私もこれトラウマになってました!
大人になった今も記憶に残っていて
忘れられないんですよね。

投稿: | 2016年9月 9日 (金) 17時40分

これを読みました。
小学生の時に京都のおばあちゃん家へ遊びに行くとこれとそっくりな人形をおばあちゃんが持ってきたんです‼︎
私は怖くて、家族に本の事を言ってもばかにされると思って誰にも言えませんでした‥

投稿: なつき | 2017年7月25日 (火) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/40550664

この記事へのトラックバック一覧です: 【トラウマ】ミッキー(偽)ぬいぐるみ:

« 【花子さんがきた!!】ちょっと面白い怖い話 | トップページ | ホラー漫画と私 »