« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月27日 (土)

【新潮文庫】Yonda?CLUBリニューアル

新潮文庫の本を読んでいたら、中にチラシが入っていました。
Yonda

yonda?クラブのプレゼントがリニューアル予定!
(表には2011年9月スタートと書いてあります)
「リサ・ラーソンが陶器製yonda?君を製作中!」
「定番ブックカバーがめちゃめちゃ便利でモダンな仕様に!」
「文豪ウォッチが斬新なデザインで復活するかも!?」

リサ・ラーソンといえば、
「新潮文庫の100冊」のプレゼント
2011
大きな声じゃ言えないけれども、
今夏の出オチ的な感じかと思ってたのに……!
↑のキーホルダーは既に応募しましたけどね!

そして、気になる「文豪シリーズ」の復活!
しかも、斬新なデザインですってよ!
いや「復活するかも」なのでまだ確実ではないですが。
ネタ商品なのかな……わくわく。

結構最近まであったと思う「文豪ウォッチ」
探してみたら冊子が残っていました。

斬新なデザインではない頃の文豪ウォッチYonda_2

もっと以前は文豪の写真が印刷された皿とかもあったと思います。

斬新とまでは行かなくとも、もう少し凝ったデザインで復活してくれればいいなあ。
文字盤を着せ替え出来る仕様にして、何種類かの文字盤をセットにするとか、
懐中時計タイプにするとか。

現在のyonda?君時計(50枚)まで貯めるか、絵本(30枚)に応募するか、
リニューアルを待つか……悩む所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

コボちゃんにたかみな(?)

2011/08/22読売新聞より

コボちゃんにたかみな(ぽい髪型・リボンな人)登場!
Akb3
「女の子がおおぜいで人気のAK△……」

△とか、ネットスラング「さんかっけー」を連想させる伏せ字!

リボンの位置がやや微妙ですが、やっぱり「高橋みなみ」ちゃんでしょう!これは!
眉毛がもっとキリッとしていたら完全に!?

握手したばあさんと間接握手をして喜ぶ隠れオタのじいさん。
最初のコマで「どこがいいのかねえ」とか言ってカムフラージュしている所がリアル。

……自分を見ているようです。

関連:前にもあった!コボちゃんに「AKB」

http://morino-book.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/akb-c873.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

花子さんがきた!!の雑誌について

謎の花子さん雑誌まとめ

当ブログの記事が話題に上がったという、
2chの花子さんスレを見てきました。http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1163753885/

<●> <●>このスレは森野に監視されています

一応言っときますけど、ブログを貼ったのは私ではありません。
自演乙とか言わないように!
そんな事いうとむしろアヤシイか……。

というわけで、所有している雑誌の情報最終まとめ

1
「学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!」

竹書房
平成8年8月29日発行
別冊近代麻雀8月29日増刊号
定価390円

表紙は単行本同様に花子さんのイラストが光る仕様。
表紙が光るからといって、その右上に
目を見開いて流血した女が描いてあったら暗闇では見たくないぞ!

背表紙にも謎のイラスト
2
邪悪な花子さんかと思った。

・書き下ろし小説
「妖怪クモ男」挿絵:平岡奈津子
・特別企画
花子さんのひみつ
(4ページ)
(文・森京詞姫 絵・平岡奈津子)
花子さんとやみこさんが同じ霊界の学校に通っていた事や、
ほわほわちゃんは口から大きな火の爆弾を出せて
しっぽの力が強い(人を持ち上げたりできる)事、
花子さんはアップリケを投げる以外に、けん玉やハーモニカでも霊を退治できる事
等が明かされている。
花子さんの家族は?というページでは
父は幽霊学校の校長
母は幽霊幼稚園の園長
と紹介されており、(現実世界だったらかなりの確立でグレる設定だな)
あと、花子さんには弟が居るらしい。
“とってもいたずら好きで、でも花子さんにいろんな妖怪の事を教えてくれる
いつも小さなコンピューターを片手に持ってでかける”とか。
「花子さんといっしょに活躍する日もあると思います」と。

なんと!知らなかった!!
(残念ながら挿絵は無い)
この設定って今もちゃんと生きてるのかな?
単行本にでも収録されていれば良いんですが……
ほわほわちゃんと花子さんの出会いについても
「幽霊学校の遠足で行った森で迷っていたほわほわちゃんを花子さんが助けた」
と書かれているのですが、何か違う設定をアニメで見たような。
でも弟見てみたい。

・書き下ろし漫画
たみ「妖怪マイマイ」
青木智子「双子妖怪チィエンタモ」
篁よしやす「真夜中の兵隊」
(すべて原作は森京詞姫)

・単行本からの傑作選漫画&小説
(全て単行本に収録されているので略)
紹介記事
(夜、公園のブランコに生首がのっている)
(てるてるぼうずの仕返し)
(トンカラトン他)

と、こんな感じでなかなか盛沢山な雑誌です。

・「復刊ドットコム」にて復刊リクエスト受付中!
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=53821

そして、最後のページには
「花子さんがきた!!」の単行本やゲーム(PC版まで出てたのか!)
の読者プレゼントがあり、その中にピンズ七個セットが!

Photo
ピンズいいなー。
やみこさん、メケメケ、花子さんとほわほわちゃん、
文字に被って見え辛いけど、さっちゃん?、テケテケ、トンカラトン、アップリケ

トンカラトンのピンズとか……
いいなぁぁ~!!

付属のハガキを切り取った形跡があるので、
どうやらハズレたようです。無念!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

青木智子の花子さんがきた!!

前に紹介した「花子さんがきた!!」の雑誌
頂いたコメントから、意外にレア物であるかもしれないという事が判明。
追加で紹介しておきます。
ブランコ・てるてるぼうずでお馴染みの青木智子さんが描いた
「花子さんがきた!!」の、ちゃんと花子さんが出てくる漫画です。

「双子妖怪チィエンタモ」原作:森京詞姫 絵:青木智子

チィエンタモとは、顔はにわとり体は人間という妖怪。
人間の子供をエサに生きている……、と学校で話題になっています。

1
ワッと女子をおどかして茶化す男
左の女の顔が怖い

その日の放課後
日直で帰りが遅くなってしまったのがワッとやっていた「まこと君」です。
友人の「ただし君」が一緒に帰ろうと待っていると、
にげろにげろと叫びながら走ってくるまこと君の姿。
その背後に怪しい影……
2
「わあ 何だそれ」

全力で驚くただし君が見たものは!
3
わあ、何だこれ(笑)
はい、これがチィエンタモです。
でも、ただし君のびっくり顔の方が怖いよ!

まこと君が連れ去られてしまい、残されたただし君は
クラスの女子が噂していた花子さんを思い出し、助けを求める。
“三丁目の町外れの電話ボックス”で花子さんに電話したあと
人の多い所へ行こうと歩き出す。
しかしその頭上には!
4
キザな登場をするチィエンタモ
「うわわ……」

爪の鋭い足で頭を鷲掴みにされるただし君。
5
いやにリアルな描写、さすがです。
……痛そう。

そこに、花子さんが登場!
6
あし長い!
早速“幽霊しばりアップリケ”でチィエンタモを退治。

「まこと君は闇の世界へ行って連れ戻してくる」
なんて言っていたら、倒した筈のチィエンタモが背後から現われて
花子さんピンチ!

7
飛んできたのは、ドクロのペンダント!

そう、あの、花子さんのライバル「やみこさん」が助けに来てくれたのです。

8
「チィエンタモは双子の妖怪よ」
「一人を倒しても もう一人いるから油断はだめ」


花子さんがお礼を言うと
9
「花子を倒すのはわたしだと思っているからチィエンタモを倒しただけ」
「助けたつもりはないわ」プイッ

しっかりツンデレ!
まさかの点描が飛び出すほどの心温まる展開。

いい話だったね……

と思いきや
空に浮かぶチィエンタモ×2
10 
「合体したおれ達は無敵だ」
コッコッコッコッコッ(なき声)

なんと中途半端な合体!
見た目はさておき……
帰りかけたやみこさんがペンダントを投げても、
合体したチィエンタモには歯がたちません。
「みんなそろって今晩のごちそうにしてやる」宣言をされるなか、
花子さんは「ほわほわちゃんチィエンタモの弱点を教えて」
11
「キュッ」ってかーわいーい

ほわほわちゃんがチィエンタモの羽にくっついて弱点を探る。
かわいらしい一場面だが、一コマ目だけ見ると滅茶苦茶面白い。
14
ただし君何してるの……。
なぜか敵に背を向けるチィエンタモ。コーッコココじゃねえよ!

ほわほわちゃんの便利機能で、あっという間に「弱点は口」という事が解り、
アップリケを口に投げつける。

「どうして弱点がわかった……」と言いながらも
「くそ~皆まとめて食べてやる」としつこいチィエンタモ。
最初からみんな食べてやるつもりだったろ……。

再びピンチの花子さんに、やみこさんが耳打ち
「合図をしたらアップリケを口にむけて投げて」12
花子さんやみこさん夢の共闘である。

13
ギェ~ く……くちばしが……
「もう何も食べられない……もう何も……」
と泣きながら消えていくチィエンタモ。

やみこさんは「花子、今度はわたしとの戦いよおぼえておいてね」
ニヒルな笑みを浮かべて去っていきます。かっちょいい!

チィエンタモは退治され、連れ去られた友達も帰ってきて一件落着。

そしてシメ。

チィエンタモは食事を求めて人間の子供をねらっています

あなたの町にもやって来るかもしれません
おなかをすかせたチィエンタモにはご用心

え、「もう何も食べられない」と言いながら流したチィエンタモの涙は……?
チィエンタモって他にも居るの?全員双子で?
というか、「チィエンタモ」ってググっても一切ヒットしないけど何なんだろう。
森京さんオリジナル?名前的には海外モノっぽい感じもするけど謎だ。

トラウマ製造機青木智子さんの、ちょっとおちゃめな漫画でした~。

 
「花子さんがきた!!」関連記事
--------------------
 
【花子さんがきた!!】ちょっと面白い怖い話

新・トンカラトンのうわさ ①

新・トンカラトンのうわさ ②

トラウマ漫画その1(ブランコ・こけし)

トラウマ漫画その2(てるてるぼうずの仕返し)

【食べ怖】気持ち悪い編(?の自販機)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

たかみなのリボンできたよー

2
めでたく入手できたぷっちょフィギュア高橋みなみ「たかみなっちょ」ですが
さて、何かが足りないですね。

鼻がない、頬のラインがない……
いえいえ、そんな事じゃあございません。

たかみなといえばリボンでしょうがー!!

というわけで
たかみなの魂のリボンを自作してみました。
1
カラフルに練り上げた消しゴムのカスで(笑)
手足に合わせて緑色のリボンを作ったのですが、
ダイソーの消しゴムで作ったらボソボソになってしまった……。
なので、この後はuniの消しゴムで作りました。
まとまるくん(今もあるのか?)みたいに消しカスがまとまりやすいものだと作りやすいですね。
リボンは乗っけているだけですが、
たかみなちょは髪の毛の部分に穴が開いているので、
細い針金的なものをリボンのうしろに付けておけば固定する事も可能だと思います。

チャララララ~チャララララ~チャラッチャッチャラララ~
2_2
\みなみー!/

ホラ、愛しさのアクセルですよ!!
キラキラした素材がないので若干変な色ですが。
剣は爪楊枝を加工。

ぼんぼりみたいなやつが付いたリボンもつくったよ。
3

リボンの数は愛です!!

黒いリボンも作ったのに、漫画を読んだりしてるうちに
どこかに吹っ飛んでいってしまったようで、いくら探しても見つからない。
あ、愛が……!

関係ないけど、このリボンを作ってたら、NHKの人形アニメ「ガンコちゃん」を思い出した。
あの鉄アレイにしか見えないリボン……懐かしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

【AKB48】ぷっちょ

AKBぷっちょ再び!
もりもりとぷっちょを貪りながら更新。

このAKBぷっちょ、フィギュアが入っている箱にメンバー1人の写真があるので
目当ての「たかみな」こと高橋みなみちゃんの顔写真のパッケージを選んで買ってきました。
たかみな写真×2と小嶋さん写真のパッケージで3つ購入。

なんと、たかみな箱から「たかみなっちょ」が!!2
でたーーーーー!!
髪型眉毛ばっちりです。

マイクも付いてる!

もう一つはSKEの松井れなっちょ。
若干怖い顔つきです。
似顔絵と同じで、美人さんほど作るのが難しいですからね。
似てなくても怒らないけども……
それにしても、眉毛の塗装失敗してるんじゃないか?

前に出たますだっちょ・きくちっちょも集合
3
髪型の関係か、きくちさんがひと回り小さい感じ。
マイク用の穴が台座に付いていてちゃんとしたステージに♪
ステージは繫げられるので、集めれば大きい劇場ができますね。

テンションが上がりすぎて、小嶋さん箱開けるのを忘れる事件発生。
パケージのメンバーが出やすいのでは……と、
期待しながら開けてみたら「さしはらっちょ」でした。
一体だけ別撮り(笑)
4
小嶋さんは指原の事を好きだと、この前堂本兄弟で言ってましたね。
いいなぁ。

箱がかわいいなぁ。

おまけ

たかみなが登場するPV
The Rock City Boy/JAMIL

3:34あたりからの麦わら帽子ぃいいいいいい!
巫女さんも良いけど、せっかく巫女のコスプレしてるのに爪がさぁ……。

某掲示板で「岩みたいな顔」とか言われてたけど(笑)
かわいいじゃん、ねぇ……。
なんか、ぬいぐるみ的(?)な魅力があるのよ。

女子プロ説は、むしろ有吉からいじられておいしかったですね。
選挙コメントの「努力は必ず報われる」の気に入られっぷりが面白くて最高でした!
ど~りょ~く~はか~な~ら~ずむ~く~われると!!!

で、発見したのが
8/4の読売新聞、被災者応援的なコーナーにあったハガキ。

Photo
!!

……流行ってる!?12才の子に!

ど~りょ~く~はか~な~ら~ずむ~く~われる~

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

【ホラー漫画】女蛇の執念

更新するのをすっかり忘れていたホラー漫画紹介。
前回紹介した漫画「恐怖の解体病院」と同じ本、同じ作者です。

「女蛇の執念」桑原つなん京介
東京都大田区の堀田京司さんの体験を元に構成

田舎に遊びに来ている兄妹と地元の子。
都会に帰る前の日、最後の虫取りに山へ。

可愛がっている妹の近くに蛇が出てきたのを見つけた兄。
蛇はネズミを食っていただけなんですが、いきがった兄が棒で叩いて追い払う。

一方、妹はちょうど生まれそうな蛇の卵を発見する。

1
「ぐちゃ!」


速攻で卵に石を叩きつける妹。

生まれて来る所だったのに……と地元の子にたしなめられるも2

「私……蛇みたいに醜い姿で生まれてくるなら
死んだほうがいいわ!!」

この発言……。恐ろしい子……!

小学生くらいの女の子なのに、この思想はどこで養ったのだろう。
そんな事を言っていると解体病院に連れて行かれるで!!
そんな妹を、親蛇が一瞥して去っていく。

復讐フラグが立ちまくるなか、兄が女の人に遭遇。
虫がいっぱい取れる場所があるから明日の朝、妹と一緒に来てと言われる。
明らかに……

しかし、朝早くに呼び出したのが災いし、肝心の妹が「眠いから行かない」という結果に終わる。
兄が一人で行くと、蛇女に妹が来ていない事を咎められ、
案の定襲われるが逃げ出し、その日のうちに田舎から遠く離れた自宅に帰った。

妹が大物すぎて怖い。

だが、自宅に帰ってきてから妹の様子がおかしい。
あれほど元気に独裁者のような主張をしていた妹が、ご飯を食べない、目はうつろ。
お兄ちゃんが心配していると、夜中に部屋を出た妹がなにやらゴソゴソやっている。
見に行ってみると、どうやら冷蔵庫の中のものを食べているようで、
3
「なんだ、お腹がすいていたのか」と安心して妹に話しかけると……

4
ギャーーー!!
なんと、妹が中途半端な蛇女に!
絵が普通に怖い。

そのまま妹は入院。

見舞いに来た兄が「ちょっと二人にして」
と、鞄から取り出したのは……

カエル!
5

ガバッ!ムシャムシャ!
ガツガツ蛙を食う妹だが、

「普通の食事を取らなくなった妹は死んでしまった」

意外にあっさりと死亡。
「死んだほうがいいわ!」という妹の意思なのだろうか。

最後は兄が成長し銀行員になったが、
美女に化けた蛇が殺しに来る白昼夢を見るというENDでした。
くそう、蛇を邪険に扱ったくせに銀行員になってるなんて勝ち組じゃねーか!
白昼夢くらい幾らでも……クソッ!
ツンデレ蛇女とのラブコメが始まるかもしれないし。

生き物の復讐系のお話はホラーものとしては良くあるものですが、
復讐される側でも「私……蛇みたいに醜い姿で生まれてくるなら死んだほうがいいわ!!」なんて、
ここまで強い意志をもった逸材はなかなか居ないだろう。

私は幼い頃から「まんが日本昔ばなし」のアニメを好んで見ていたこともあり、
いまでも純粋で心が綺麗なので動物虐待をした事はないのですが、
それでも、故意ではないにしても、もし、あの時のザリガニとかカエルが……

美女になって現れたら!!

あぁ軽く鬱になってきました。

おわり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »