« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月22日 (木)

【ガチャ】ニンテンドーコントローラライト

【歴代ゲーム機のコントローラがライトキーホルダーに!】

ニンテンドーコントローラライトパート1
1回200円
ファミコン(1P)
スーパーファミコン
ニンテンドウ64
Wiiリモコン(白)
Wiiリモコン(黒) の全5種

ボタンを押すとLEDが光る!
さすが200円!
「コントローラー」じゃなくてコントロー

タイトルが「パート1」となっているけど、
2コンと、ゲームキューブ、64の色違いネタでシリーズ化するのかな?

今回出てきたのは64のコントローラでした。
64
ブロスとかいう名前じゃなかったっけ?

青いボタンの塗装がハゲていて、
使い込んだ感が再現されていますね。(イヤミですよ!

でも、ニンテンドーロゴを始め、ボタンのA・B・スタートとか、
3Dスティックの丸い溝、裏面のトリガーみたいなボタン、
拡張パックを入れる所もちゃんとあります。

赤いボタンをおすと上部のLEDが赤く光る。
3Dスティックは飾りです。
(ちなみに3Dは「さん」ディースティックと読む)
チェーンが右側面に通されているので、
鞄とかにつけたら横向きで「E」みたいな形にぶら下がる事になりますね。

本物の64コントローラと並べて見るとこんな感じです。
642
おお~っ!
……ずっと見ているとエイリアンの顔みたいに見えてきて怖い。

懐かしいなぁ。
64の思い出はあまりないが、コントローラは結構好きだったような気がする。

64が現役の時、ソフトを3本位しかもってなかったんだけどね……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

【新潮文庫の100冊】リサ・ラーソンキーホルダー

新潮文庫の100冊2011のキーホルダーが届いた!
Yonda2011
リサ・ラーソン作品
硬くて重い。
これをキーホルダーとして使うことはないだろう。

最初に見たとき、Yonda?パンダは精神崩壊でもしたのか?と思いましたが、
ちゃんと見ると意外にかわいい。
Yonda20112
ニコッと笑ってるよ……。

底部分にリサ・ラーソンのロゴが入っています。

付属の台紙を開くと、良い感じのレトロなイラストが。
Yonda20113
背中が真っ白なんだけど、パンダの模様も個体差ってあるのかな……
腕のうしろはぐるっと黒いようなイメージが。

最近Yonda?CLUBがリニューアルされ、シンプルな物が増えましたね。
新しいマグカップやブックカバーにはイラストが無く、
100%ORANGEのYonda?君は前からある絵本とDVDが残っているのみ。
これは、そろそろデザイナー交代か!?
次は一体誰が……!
参考に好きな漫画から、良さ気なパンダのイラストを探してきました!

熊猫侍
Photo
(甘えんじゃねぇよ!/吉田戦車)

金星パンダ
Photo_2
(火星田マチ子/吉田戦車)

新潮社さん、どうですかー?
パンダ侍は、若干、リサ・ラーソンのパンダに似てる。若干……ね。
火星田マチ子も面白いので是非読んでみて下さーい。
あれ、何の話だっけ?

100%ORANGEのYonda?君はかわいいから
実際には変わらなくても良いと思うけど、
集英社の蜂が変われば良いのになぁ。

前に、雑貨も売ってる本屋に行ったら、
集英社の蜂とまったく同じキャラの雑貨が売ってたんですよね。
ロイヤルホストのキッズメニューにも同じキャラだわ、
イラスト自体はかわいらしいものなんですが
どこでも同じ蜂キャラが買えるなら、文庫のおまけに非売品感がないじゃん!
去年は、はち目漱石が良かったけど……。

そんなこんなで2011年の夏の書籍キャンペーンは終わりです!
今年はあんまり買いませんでした。
文庫高いし……。
600円台が普通になっちゃたもんなァ。
そして何よりも、もっと欲しい本をラインナップに入れて欲しい。
……ハズレが多いんだよ……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

誕生花って……

「誕生花」という、365日に花をあてはめた性格占いのようなものを扱った本を読んでみたら、
自分の誕生花の花言葉が「孤独」だった。
ワハハ!当たりすぎ!

「心に負った傷を隠しているアナタ」とか書いてあったwwww

……ひとしきり笑ったあと、体育座りで部屋の隅を見つめる午後のひととき。


ここ最近、目が痛いのでPCを触るのをできるだけ控えています。
決して更新するネタが無い故の良い訳ではありませんよ。
ありませんったら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

【ニッチな世界】脱皮コレクション

本屋の図鑑コーナーで発見!
「脱皮コレクション」

これはいいものですね。

蛇、蟹などの脱皮途中、セミの孵化……
とにかく「脱皮」を集めた写真集。
昆虫・爬虫類好きにはたまらない一冊!

脱皮後の柔らかいカニ……(*´Д`)ハァハァ
脱皮直後に共食いされてる写真なんかも……(*´Д`)ハァハァ

嗚呼、うっふんひも……

【ぷりぷり県豆知識】蛇の抜け殻の事を「うっふんひも」という。
             吉田戦車氏の漫画、ぷりぷり県より。

少し前に「昆虫顔面図鑑 日本編」 なる物もテレビで特集されていましたが、
こういう特殊な感じが今流行りなのかな?
ニッチな需要ってやつ?

「透明標本」っていうのも気になってます。
これは多分買う!




昆虫がエサを食ってるシーンだけ集めた図鑑とか見てみたいですね。
どんな物を食べて生きているのか、勉強にもなるし!

よくNHK教育でやるような「青虫が葉っぱ食べる映像」DVDとかもあれば良いな……。
だんだん筋だけになっていく葉っぱ……想像しただけでも(*´Д`)ハァハァ

ニッチ市場から目が離せない!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »