« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

たかみなの髪型

久しぶりのAKBネタ。

たかみな、ことAKB48高橋みなみさんの髪形について。

たかみなといえば、あのパイナップル風の高い位置のポニーテールというか、
ドラクエのバーバラみたいな髪型にリボンがトレードマークですよね。

私個人としては、いつもの髪型でサイドにちょっと毛をたらしてるのが一番良く思える。

しかし、なぜだかメンバーからの評価がすこぶる悪い!
「いつも同じ」とか「サイドの毛がいらない」とか。
いじられキャラである事も影響しているとは思うのだが、
ファッションセンスも含め、AKBメンバーにはボロクソに言われている。

先日のおかまとAKBの特番でも散々で
メンバーからも「何年も同じ髪型で頭皮がヤバイ」とまで。
どうでもいいが「なんで頭皮の事までいうの!」と言い返すたかみなが
めずらしく女の子っぽくてかわいかった。

「髪の毛を下ろした方がかわいい」がメンバーの主張だが、

……そうだろうか!?
ペディキュアデイのDVDも見たけど、縛ってる方が良くないか?
リボンに関してもよくいじられてるけど、
握手会とかで「ファンの人がやめないでって言ってくる」らしく、
できるかぎり続けるそうだ。
やっぱりファンの人はわかってるね。

実際、たかみながちょっと違う髪形にしたりすると、
メンバーがいじったあげく「たかみなのファンが好きなやつ」と言ったりする。
確かにそうなので何も言い返せない。
Photo

(ペディキュアデイDVDに入ってたベトナム旅行でも……)

しいて言うなら前髪が、一直線よりはナナメに分けるような感じの方が良いかな。
年齢・性別によってかなり好みが違ってくるんだろうけどね。

最近流行ってる、ボリュームのあるおかっぱみたいな髪型は嫌だな。
なんであの髪型、芸能人にもいっぱい居るんだろう。

そんなこんなで、たかみなには好きな髪形でのびのびやって欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

【食べ怖】禁断の美食編

食べ物に関する怖い話

【禁断の美食編】

山の霊異記 赤いヤッケの男/著・安曇潤平


「究極の美食」

山の怪談を集めた短編集の中の一編で、ざっくり言うと、
キノコ狩りに行ったら気配を感じて、後々話を聞いたら
同行者の死んだ友人が一緒に来てたんじゃねーか、てな話です。

その同行者が道々話していたのが、
キノコマニアの中には毒キノコを進んで食べる奴が居るということ。
なんでも、中枢神経に作用する毒キノコを選んで食べてはトリップするそうだ。
やばいラインというか致死量を熟知した専門家にはこういった趣向を好む者が多いらしい。
(本当かよ……)

何が究極の美食なのかと言うと、
話は戻って同行者の“死んだ友人”の死因が毒キノコなのですが……

元々病弱だった青年が、将来を悲観して自殺を考える。
しかし、痛い・苦しい死に方は嫌だ。
最後くらい幸せに死にたい。
日頃から毒キノコトリップを楽しんでいて、キノコに詳しい彼が行き着いたのは、

猛毒のドクツルタケを食べて死ぬ事。

世界三大毒キノコのひとつ「ドクツルタケ」
死の天使とも呼ばれるほど、その立ち姿は優美であり、
傘、ひだ、柄とも、美しい半透明の白色をしている。
猛毒で、一本から二本で大人ひとりが数日のうちに死に至るという。
誤って採取した人が毎年命を落としているが、食べた人はほとんど亡くなっているため
その味については彼も聞いたことがなかった。

「いったいどんな味のキノコなのだろう……。
もしかしたら、とてつもなくうまいキノコなのでは……」

数日後、ベッドの上で、すでにこと切れた青年が発見された。
彼の部屋には、灰の後始末が丁寧にされた七輪があり、
冷えた焼き網の上に一枚の便箋に綴られた短い遺書があった。

「ドクツルタケを 六本ほど いただきました
この世のものとは思えぬほど すばらしい食感と香りで
たいへんおいしくいただけました さようなら」

 
くうぅ、そんなにうまいんか、ドクツルタケ……。

ドクツルタケ - Wikipedia

その毒性は1本(約8グラム)で1人の人間の命を奪うほど強い。
摂食後6 - 24時間で腹痛、嘔吐、コレラのような激しい下痢が起こり、1日ほどで治まり24 - 72時間後に肝臓や腎臓機能障害の症状として黄疸、肝臓肥大や消化器官からの出血などが現れる
胃洗浄や血液透析などの適切な処置がされない場合は死に至る。死亡率も高い。


すっげー苦しそうなんですけど!!
そもそも食おうとしてないけどね!

昔、絵本だったと思うけど、リスが毒キノコを食べてぶっ倒れて、その後回復してからも毒キノコの味が忘れられず……みたいな話があったなぁ。
最後は家族崩壊寸前までいったけども、どうにかしてキノコへの執着を断ち切ったんだったかな?
とにかくダメ、ゼッタイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

【食べ怖】恐怖の高カロリー編

食べ物に関する怖い話

【恐怖の高カロリー編】

東京伝説 うごめく街の怖い話/著・平山夢明

「終末ラーメン」
叔父のラーメン屋にアルバイトに行った青年が見たものは
脂ギトギトのラーメンを死ぬまで喰い続ける客と、
いよいよ死にそうな客を“殿堂入り”と称して写真に収める叔父の姿だった。

叔父の作るラーメンとは……

科学調味料たっぷりのスープに豚の脂が1センチほど膜を造って浮いている。
そのために冬場でもさほど湯気が立たない。
冷めているのではない、湯気を脂の膜が包んでしまうので立ちにくくなっているのだ。
それに常連の客は一様にニンニク、こしょうを鼻が曲がるほどブチ込んで汗をダラダラ垂らして飲み込んでいくのだ。

店主「ウチみてえな高カロリー、高蛋白、食塩過多、科学調味料過多のラーメン
週に四回も五回も喰ってみろ。
尻からラードがでるぜ

「だから俺は脂肪肝になって体に蕁麻疹が出ても
懲りずに喰いにき続ける奴は写真に残す事にしてる」

「東京ってとこはそういう味じゃないと商売にならねえんだ。
味にヒステリーがないと売れねぇ。結局、毒じゃなきゃ旨いって言わねえんだ。
変なとこだよココは。旨い旨いって銭払ってまで毒喰いたがる奴がウジャウジャいるんだ」

不思議な事に、頭のいい奴に多いんだよなあ。ああいうの……。
きっと勉強ばっかで母ちゃんがちゃんとした飯喰わせてなかったんだろうな」

そして最後に、店主のありがたいお言葉をお聞き下さい。

「外食してもラーメンだけはよせよ」

 
どっちも狂ってますなぁ。

“あの有名なラーメン屋”が思い浮かびますが、
店主は愛想がよく、横柄な態度はとらないらしいですよ。

自分は○郎系ラーメンには行った事がないけど、
前に流行ってた「高菜食べちゃったんですか?!」って言うのは本当だったのだろうか。
ニンニクマシマシみたいなコールも本当にやってるのか……。

行列してまで食べるほどラーメンが好きではないので、
そもそも外食でラーメンはほぼ食べないけど、
一時期「あぶらそば」ってのが好きだったなー。
しかも最近はラーメンに限らず、でか盛りとかも多いですからねぇ。

「尻からラードがでるぜ」はちょっとした名言ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

【食べ怖】気持ち悪い編

食べ物に関する怖い話シリーズ

【気持ち悪い編】

花子さんがきた!!二巻より
「自動販売機の不思議な飲み物」

とある日曜日、ドライブに出掛けたトシハル君一家。
渋滞に巻き込まれるうちにトイレに行きたくなった事もあり、サービスエリアへ車を止めた。

そこでトシハル君が見つけたのは、
取り出し口の上に大きな「?」マークが書いてある真っ赤な自動販売機
見本の缶もないが、お金を入れる口の上に「¥110」と書いてあるので
ジュースだと思い、お金を入れてみる事に。
(若い人へ※一昔前、自販機は110円でした)

出てきたのは、これまた真っ赤な缶
商品名やメーカーの名前も入っていない。
トシハル「こういうやり方もあるんだろうな……、
後で『あの自販機は当社のです。新しい味にびっくりしましたか?』なんてね」

(なにこのガキ……)

ジュースを一口飲んだトシハルは、いきなりふき出してしまった。
「血の味がする!」

びっくりして落としてしまった缶から、真っ赤な液体がドクッドクッと流れている
トシハルの父や、集まって見ていた人達もなめてみると、確かに血の味だった。
騒ぎが大きくなり、ついに警察も駆け付ける。

警察がサービスエリアの店員に聞いたところ、
この場所には普通の自動販売機があったはずで、
誰も赤い自動販売機がいつ置かれたのか知らなかった。

警官が赤い自販機を分解して調べてみると、
中には小さな白骨死体が体をくの字に曲げられて押し込められていた

「あの自販機の白骨死体はドライブの途中で行方不明になっていた女の子で、
偶然トシハルと同じ年齢の子だったそうだ」

「どうして行方不明になったのか、事故にあったのか、犯罪だったのか、
何もわかっていないそうだが、トシハルは普段見向きもしない家の仏壇で
女の子のためにお線香をあげた」

おわり

綺麗にまとめたように見せ掛けて気持ちわりぃぃいいい!!

例によって花子さんは出てこないし、
児童書なのに「缶からは赤い液体がドクッドクッと」とか
「真っ赤な液体はドロドロと少し固まりはじめているようだ」
とか、描写がリアルで気持ち悪い。

一口飲み込んでしまったかわいそうなトシハル君。
家族で出かけるといって早起きしてはしゃいでただけで、
何も悪い事してないのに、いったいなぜ……。

最後まで誰が、何のために、謎の自販機を置いたのかも分からず
幽霊にしても人間にしても異様に小道具が凝ってて奇妙な話ですよね。
あと、缶に入ってたのは女の子の血だったのか?

子供の頃、近所の自販機に見本の缶が「?」になってる奴があって、よく買ってたんだよなぁ。
血のジュースが出てこなくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

【食べ怖】ちょっと食べてみたい編

新シリーズ 食べ物関連の怖い話

【ちょっと食べてみたい編】

「飴玉ばあさん」の飴

スーパーファミコンで発売されたノベルゲーム「学校であった怖い話」

この中で語られる「飴玉ばあさん」は、
下校時に校門前に現われる不思議なおばあさん。
赤いローブを纏った魔法使いのような風貌で、生徒に飴を配る。
ばあさんの見た目は小汚く、飴も手作り風のため
生徒達は気味が悪いと食べる事なく捨てていた。

ところがこの飴、食べてみると物凄く美味しいらしい。

味については語り部である新堂先輩の言葉をそのまま引用させていただきます。

「ゴルフボールほどの大きさで、頬ばったら口いっぱいに広がる
大きな飴玉なんだけど、そのうまいことといったら……

口中とろけてしまうというか、時間を忘れてしまうというか、
甘すぎもせず、かといって物足りなくもない

適度に調和されたうまさのハーモニー。
考えただけでよだれが出てきそうだな」

「いや、俺も食ったわけじゃないんだけどな」

ズコー。なにがハーモニーか!
どんだけ妄想を重ねたんだお前は!
でも、正直食べたいっす。

その上、食べた人は性格が明るくなって勉強や運動が出来るようになり、
その後の人生も成功を収める
という代物だったのです。

ますます食べたいっ。

いじめられっ子が飴によって変わった事が噂になり、
大勢の生徒たちが校門で待つようになった。
しかし、ばあさんは決まって人が途切れた時に現われ
一人で下校する地味な生徒やいじめられっ子に飴をあげるのだ。

良い話ですよね。

しかし「学校であった怖い話」をプレイした事のある人なら察しがついているでしょう。
これは前振りです。

本筋は佐久間という男子生徒がばあさんに遭遇する所で
この後選択によって展開が変わるのですが、憶えている2つのパターンは
「飴玉は途中で噛んではいけない」という忠告を聞かなかったために
 何を食べても飴玉の味がするようになってしまった佐久間が
 他人の舌を切り取って挿げ替えるという狂った末路をたどるものと

佐久間がばあさんから飴を強奪して、食べ尽くした後に
「飴玉をかえしておくれ」とばあさんが来て、最終的に目玉をくりぬかれるというもの。

どちらのルートでも佐久間は死なないものの、狂人となって学校近辺をうろつく。

あんなに食べたかった飴玉が実は眼球だったとはね。
でもすごくおいしそうだよなぁ。
超おいしくて、しかも輝かしい未来がまっているなら目玉ぺろぺろもやぶさかでない。
※現実に目玉をなめてもリア充にはなれませんので猟奇行為は絶対にやめましょう。

「世にも奇妙な物語」でも「才能玉」という、
なめると才能が目覚める飴玉の話がありましたが、
あれは味については触れてなかったかな?

“自分に元々素質がある才能が開花する”的な設定はワクワクしますよね。
自分が才能玉をなめたら一体どんな才能が目覚めるのか。
マリオの無限アップを確実に成功させる才能とかだったらどうしよう……。

こちらの話は、才能が目覚めたからといって
成功するわけではなく(絵の才能があるけど時代が追いついてないとかね)
やっぱり飴玉ばあさんの飴がいいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

yonda?福袋に応募!

1月もそろそろ10日になろうという今、2012年初の更新です!
あけましておめでとうございます!

1年が過ぎるのは早いですね。
去年、チョコと餅をレンジでチンして食べてはしゃいでいたのがつい最近のよう。

そして、お正月といえば福袋!
福袋といえば……

Photo
コレの季節がまたやってきた!!
おなじみ、新潮文庫福袋。
新潮文庫の帯についた応募券一枚で応募可能yonda?福袋!
500名に当たる!!

対象商品に帯がついているので本屋を見てきましたが、
年末からお正月にかけて『羆嵐』を読ませようとするのはいかがなものか。
私は別の文庫を買いました。

……流行りのステルスマーケティングじゃないですよ。
だって毎年毎年毎年送っているのに一度も当たらないし。

検索すると当たっている人のブログが出て……
はっ、まさか!
あれがステマだったというのか!?

いやいや、まさか……ね。
新潮さん、今年こそ頼みますよ。

文庫繋がりで久しぶりに宝島ぶんこちょの事を思い出してサイトを見てみたら、
「ぶんこちょ三周年ありがとうキャンペーン」として
まさかの景品リニューアルがされていました。
http://tkj.jp/bunko/

クッションがティッシュカバーに。
私も持っているぶんこちょストラップ(3枚)はそのまま。
10枚集めてティッシュカバーか~。
キャンペーン期間は2011年10月1日~2012年3月31日(必着)

まあ皆さんご存知の通り、キャンペーン期間というものは飾りなのです。
今年も絶え間ないキャンペーンを期待しております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »