« 【食べ怖】気持ち悪い編 | トップページ | 【食べ怖】禁断の美食編 »

2012年1月18日 (水)

【食べ怖】恐怖の高カロリー編

食べ物に関する怖い話

【恐怖の高カロリー編】

東京伝説 うごめく街の怖い話/著・平山夢明

「終末ラーメン」
叔父のラーメン屋にアルバイトに行った青年が見たものは
脂ギトギトのラーメンを死ぬまで喰い続ける客と、
いよいよ死にそうな客を“殿堂入り”と称して写真に収める叔父の姿だった。

叔父の作るラーメンとは……

科学調味料たっぷりのスープに豚の脂が1センチほど膜を造って浮いている。
そのために冬場でもさほど湯気が立たない。
冷めているのではない、湯気を脂の膜が包んでしまうので立ちにくくなっているのだ。
それに常連の客は一様にニンニク、こしょうを鼻が曲がるほどブチ込んで汗をダラダラ垂らして飲み込んでいくのだ。

店主「ウチみてえな高カロリー、高蛋白、食塩過多、科学調味料過多のラーメン
週に四回も五回も喰ってみろ。
尻からラードがでるぜ

「だから俺は脂肪肝になって体に蕁麻疹が出ても
懲りずに喰いにき続ける奴は写真に残す事にしてる」

「東京ってとこはそういう味じゃないと商売にならねえんだ。
味にヒステリーがないと売れねぇ。結局、毒じゃなきゃ旨いって言わねえんだ。
変なとこだよココは。旨い旨いって銭払ってまで毒喰いたがる奴がウジャウジャいるんだ」

不思議な事に、頭のいい奴に多いんだよなあ。ああいうの……。
きっと勉強ばっかで母ちゃんがちゃんとした飯喰わせてなかったんだろうな」

そして最後に、店主のありがたいお言葉をお聞き下さい。

「外食してもラーメンだけはよせよ」

 
どっちも狂ってますなぁ。

“あの有名なラーメン屋”が思い浮かびますが、
店主は愛想がよく、横柄な態度はとらないらしいですよ。

自分は○郎系ラーメンには行った事がないけど、
前に流行ってた「高菜食べちゃったんですか?!」って言うのは本当だったのだろうか。
ニンニクマシマシみたいなコールも本当にやってるのか……。

行列してまで食べるほどラーメンが好きではないので、
そもそも外食でラーメンはほぼ食べないけど、
一時期「あぶらそば」ってのが好きだったなー。
しかも最近はラーメンに限らず、でか盛りとかも多いですからねぇ。

「尻からラードがでるぜ」はちょっとした名言ですね。

|

« 【食べ怖】気持ち悪い編 | トップページ | 【食べ怖】禁断の美食編 »

【書籍・小説】ホラー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/43784597

この記事へのトラックバック一覧です: 【食べ怖】恐怖の高カロリー編:

« 【食べ怖】気持ち悪い編 | トップページ | 【食べ怖】禁断の美食編 »