« 【花子さんがきた!!】新・トンカラトンのうわさ ① | トップページ | 飴チョコ=キャラメルを知らなかった頃 »

2012年6月11日 (月)

【花子さんがきた!!】新・トンカラトンのうわさ ②

昨日の【花子さんがきた!!】新・トンカラトンのうわさ ①に引き続き、トンカラトンについて

新・花子さんがきた!!
8巻

「しんまいのトンカラトン」
4
マサキ君が夕暮れの道を自転車に乗って走っていると、
向こうから自転車に乗ってやって来る人が見えた。
白っぽい服を着ている人で、自転車にうまく乗れないらしく
フラフラと、何度も転びながら進んでくるのが……
そうです。トンカラトンだったのです。
トンカラトンが近くまで来た時、転んだ拍子に背中の刀がマサキの前に転がってきたで、
拾ってあげながら「大丈夫ですか、トンカ……」マサキが言おうとすると

「その名前を言ってしまうと、お前を切らなくてはならない……」
トンカラトンは言いながら、背中の刀を取ろうとしたが、刀がないことに気づき、ちょっと恥ずかしそうになった。
5 「!」www

トンカラトンはうろたえながらも刀を受け取ると、
「刀を拾ってくれたから、今回は見のがしてやる。
そのかわり……明日、公園に来い。オレに自転車の乗り方を教えろ」

そして、またよろよろと去っていくトンカラトン。

次の日、マサキが公園に行くとすでにトンカラトンが待っていた。
そしてマサキを見るなり「トンカラトンと言え」
マサキが「トンカラトン」と答えると
「よし、これでお前を切らなくてすむ。さ、早く、自転車の乗り方を教えろ」
トンカラトンはえらそうに言った。

マサキが教えると、トンカラトンは数時間で上手に乗れるようになった。
「よし、これでやっと、仲間と一緒に走る事ができる」

「世話になった。これ……」
自分の体の包帯を少し切り取ってマサキに差し出すトンカラトン。
「この包帯を左の手首に巻き付けておくと、おれたちの仲間だというしるしだ。だから、おれたちに会っても切られない」
「わすれるな、左の手だぞ」
そう言うとトンカラトンは、すごいスピードで自転車をこいで行ってしまった。

それ以来マサキはトンカラトンにもらった包帯を左手に巻いている。

なるほど、タイトルの所にあった挿絵で左手に包帯してるな。
おこめの新米と新入りの新米をかけた洒落ではなかったのだね。

……ていうか、なに、この心暖まる話。
めっちゃほのぼのしてる……昼間の公園で自転車の練習なんて堂々と出現しすぎだろ、トンカラトン。

でも、よく考えたらトンカラトンが仲間と一緒に走れるようになったら、
集団のトンカラトンが増えちゃうんじゃ……
あ!マサキ、てめえだけ助かるつもりか!
しかし、常に手首に包帯してたらリストカッターと間違えられそう。

調べたら新しいアニメシリーズで「新米のトンカラトン」もアニメ化してました。

これは……完全にギャグ!
「トンカラトン 自転車特訓 開始!」ドーン!
完っ全にギャグ!
トンカラトンは萌えキャラか!

正直キュンとした(笑)

自転車に乗れないならキックボードに乗れば……
8巻は2008年発行、トンカラトン界でもキックボードのブームは過ぎたのか……。
2_2 ←黒歴史?

 
ちなみにこちらが旧アニメ版「花子さんがきた!!」
「怪人トンカラトン」

やっぱこれでしょ!

「トン、トン、トンカラトン」と異様に暗いテンションで歌い、
尚且つ顔は笑顔で、両手離しで踊りながらチャリに乗る超絶テクニックが冴えるトンカラトン。
今見ても超面白い。
「トンカラトンといえ~~」って、やっぱり伊武雅刀さんの声いいなぁ。
この渋い声で女性キャラもやるんですよね。

いつ見ても「トンカラトン」の発音が思ってたのと違うという若干の驚きを感じる。

「新米のトンカラトン」の最後に、花子さんが「トンカラトンのお話はまだたくさんある」と言っていたので他の話もあるのかな?楽しみですね。
新版の本はちゃんと集めてるわけではないのですが、これからはこまめにチェックしないとな……。
でも実は、旧版の花子さんすらまだ全部集まってないんですよねー。

|

« 【花子さんがきた!!】新・トンカラトンのうわさ ① | トップページ | 飴チョコ=キャラメルを知らなかった頃 »

【書籍・小説】ホラー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/45600805

この記事へのトラックバック一覧です: 【花子さんがきた!!】新・トンカラトンのうわさ ②:

« 【花子さんがきた!!】新・トンカラトンのうわさ ① | トップページ | 飴チョコ=キャラメルを知らなかった頃 »