« 島田秀平の怪談奇談 | トップページ | 【花子さんがきた!!】新・トンカラトンのうわさ ② »

2012年6月10日 (日)

【花子さんがきた!!】新・トンカラトンのうわさ ①

当ブログにて何回か紹介している「学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!」
この作品の中でもかなりメジャーな存在であるトンカラトン。

全身に包帯を巻いた姿で刀を持ち、自転車に乗って移動している種族(?)で、
出会って「トンカラトンと言え」と命令されたら「トンカラトン」と答えないと斬られてしまい、
斬られた人はトンカラトンになってしまうというお話。
このように、命令に背くと斬られ、
また、「言え」といわれてないのにトンカラトンの名前を口にしても斬られ、
「集団のトンカラトン」に至っては、「トンカラトンと言え」と言ってない奴が集団の中に居るという、
ほとんど騙し討ちで仲間を増やしているトンカラトン。
詳しくは以前の記事で→【花子さんがきた!!】ちょっと面白い怖い話

この度「新・花子さんがきた!!」を買ったところ、新たな展開が続々と発見されました。

新・花子さんがきた!!
1巻

時代を汲んで携帯電話にまつわる怖い話があったり、
巷で噂の胸くそ漫画を描いた押切蓮介さんが新しく挿絵に加わったり、
たみさんの絵柄が大幅に変わっていたり……色々変わった事があります。
そして「老婆になった口裂け女」や「新・さっちゃんのうわさ」などの懐かしい話の新展開系があり、
その中に「新・トンカラトンのうわさ」があるのですが……

「新・トンカラトンのうわさ」

1
挿絵の意味不明感はさておき、本編をかいつまんで説明します。

コウキという少年が、川の堤防を歩いていると、
うしろらガラガラと車輪の音がしました。
ふり返ってみると、まっ白い服を着た人がキックボードに乗ってやって来ます。
追い抜かれてビックリ!

キックボードに乗っていたのはトンカラトンだったのです。
2(笑わせようとしてるだろ、これ)
お決まりのトンカラトン問答をクリアしてホッとしたのもつかの間、
うしろから多数の車輪の音が……
なんと、全員キックボードに乗った集団のトンカラトンが登場!
逃げ出すコウキ少年、
トンカラトンが集団になるとまず助からない事を知っていたのです。

必死に走るうちに足がもつれて堤防の土手を転がり落ちてしまう。
トンカラトンの集団は土手にいるコウキを見て仲間同士で何か話していたが、
なぜかそのまま去っていく。

さて、なぜ追いかけて来なかったのでしょう。

答えは
「キックボードは、ちゃんと舗装された道でないとうまく乗れないから」

“みなさんも、もしキックボードのトンカラトンに出会ってしまったら……
土手やジャリ道に逃げれば追いかけてきませんよ”

だそうです。
回避不能死亡フラグだった集団のトンカラトンに回避方法が!やったね!

 
……ツッコミ待ちだよね!?
ツッコミ待ちなんだよね!!?

色々あるけど、そもそも
キックボードて!!
ミーハーかお前ら!
2006年発行なので、これは一応時事ネタなんでしょうか。
ちょっと流行った時期があったよね、キックボード。
いわゆるローラースルーゴーゴーでしょ?

いや、元々のチャリもどうかと思ってたけどね。

キックボード乗ったトンカラトンが走ってきた時点で笑えるのに、
舗装された道でないとうまく乗れないからって!
ジャリ道ならキックボードから降りて歩けよ!


あと、最後のページにある挿絵

3
最初のタイトルの所の「チラシを見て電話」ってこれの事かー!
トンカラトンモデル
カタナホルダーww
トンカラサイクルwww(専門店か!店主もトンカラトン?)

なんか楽しそうなんですけど。
斬られてトンカラトンになるっていうのは、実はあんまり悪い事ではないのでは……。
通貨とかのシステムはどうなってるんだろうか。

今どきのトンカラトンならノーブレーキピストにでも乗ってるのかな。
うっかり公道走って警察に捕まるトンカラトン、
銃刀法違反付き。

うむ、まったく怖くない。
将来は映画に出てくるような空飛ぶボードに乗ってたりして。
カッコイイ……。

つづく

|

« 島田秀平の怪談奇談 | トップページ | 【花子さんがきた!!】新・トンカラトンのうわさ ② »

【書籍・小説】ホラー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/45595324

この記事へのトラックバック一覧です: 【花子さんがきた!!】新・トンカラトンのうわさ ①:

« 島田秀平の怪談奇談 | トップページ | 【花子さんがきた!!】新・トンカラトンのうわさ ② »