« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

新潮文庫の100冊検定

新潮文庫の100冊検定http://100satsu.com/test/

コレ、難しくないっすか?
初級から躓きまくり。
伊坂幸太郎の出身地が千葉?
知らん!

宮沢賢治・井伏鱒二・太宰治誰が年上?
知るか!
みんなこんな事を知ってるのか?すげーな!
ちなみに正解は宮沢賢治。
宮沢賢治が岩手県出身な事はぷりぷり県で勉強しました。

だんだん問題を憶えてきて、答えの三択を見ただけででほい、胃潰瘍、ほい、ゆたか
てな具合にスラスラ答えられるようになりました(既に記憶ゲームと化している)



中級に上がっても、間違えてしまうとまた初級からやり直さないといけない
ファミコンのゲームを彷彿とさせる仕様。
しかし、中級は問題数が少ないようで憶えるのが楽でした。



たぶん上級も、そうだと思うんですが……
『押入れのちよ』とか、読んだはずなのにちびり坂なんて覚えてない……
何回も初級やり直すの辛いよう、面倒臭いよう
初級ですら偶に間違えちゃうよう……

でも、
ヤッター!


クリアした後【初級に戻る】って、魔界村かよ!

……。
 
('A`)
(oヘヘo

……さ、寝るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

【本】新耳袋‐現代百物語第六夜

新耳袋‐現代百物語第六夜


一日で、しかも音読で読みきってやりましたよ!
夜中に声を出すと近所迷惑になるので
夕方のちっとも暗くない時間帯からボソボソと読んでたんですが
も~、つらいつらい。
普段家で声を出す事なんて無いから、喉が痛くてしょうがない。
あと、関西弁の台詞が多くて「~しとんねん」とか、
喋った事もないエセ関西弁で音読するのが微妙に恥ずかしかった!(誰も聞いてないけど)

今までにも何回か一人百物語をやっていますが、特に何か起きたことはありません。
一度位はネタになるような怪奇現象を体験してみたいものです。

読み進むにつれて日が暮れるし、雰囲気はばっちりだし、
なにより今回は音読しているので、自分の声がモソモソして気持ち悪いというおまけ付き。

順調に読み進めていると、ある一話で
一人暮らしの老人が自宅玄関の前に座り込んで通りを見ている。
毎日玄関前に座ってるようになり、近所の人たちも気味が悪くなってきた。
ある日抗議に行くと、その日は玄関に居らず、戸を叩いても応答がない
裏にまわってみると何やら悪臭がする。
実はその老人、近所の人たちが玄関前に座っているのを見始めた時期には
既に家の中で亡くなっていたのだ。

という話の、この老人が住んでいる家が、立地の関係とか何かで「三角」の形をしているそうで
冒頭の「この家は三角形をしていた」という部分を読んだら、
背後の棚の上に飾ってあるフィギュアの所からカチャーって音が!
(小物が崩れただけ。たぶん扇風機の風のせい)
……心臓が止まるかと思った。

三角屋敷って、別の話だけど加門七海の本とかにも載ってたよなー。
あれは呪術みたいな、人間の怖い話チックな話だったけど……とか、ボケーと考えた後
無音のなかモソモソ読むのに耐え切れなくなったのでテレビをつけて賑やかにしてしまいました。

ただ単に扇風機の風で小物が崩れただけでマジビビりとは……。
もし本当に怪奇現象が起きたりしたら、裸足で家から逃げ出すんじゃないか?自分よ。
他に、飲み物の氷がとけてパキっという音でも死にそうなくらい驚いた。

第六夜の最終章の十数話は、すべて京都の幽霊マンションに関する話で、
その幽霊マンションに居る女性の霊の名前をうかつに口に出すとヤバい……的な話もありましたが
音読しても特になにもなし。

幽霊マンションの話、最終章全部使うほど要るか?
最初の話と、実際に住んでた人の話と、後日人に話したら色々あった程度で良いような。
泊まりに来た友人が~とか、同じような話がありすぎて、ほとんど内輪盛り上がりって感じです。
それまでが淡々としていただけに、余計「こんなすごい体験しちゃいました」ノリに冷める。
「男性にしか霊が見えない」と言ったと思ったら、別の話では泊まった女も霊を目撃するとか
「ホテルに霊が出る」と言って嫌がってる男に
「じゃあ家に泊まれば」と幽霊マンションに招待する女とか何なんだ?
お前の方が怖いよ!

この最終章が始まる前に著者の体験が書いてあって
仕事をしていると、窓も隙間も無い背後から風が吹いてくる
机の向きをかえても必ず背後から風が……
その事を人に相談すると
「最終章の原稿で“唯一紹介される女性の名前”を伏字にした方が良いのでは?」
と提案されたので、すべてアルファベットに置き換えた所怪異はぱったりと止んだ。

というものなのですが、これってどの女の人の名前を指していたんでしょう?
先に書いた幽霊マンションの“名前を出して話したら気絶した”とかいう話の女の霊は
自己紹介するシーンがあるし、普通に全部名前が書いてある。
何なの!みさおさん!

そんなわけで、6~7時間かけて無事読了しました。
今回も何事もありませんでした……

なので、今日「九十九怪談」の新刊(三巻)を買ってきました。
(角川のストラップもらったよ♪)
また今度一人百物語やろーっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

ふたご

角川のキャンペーン対象商品を二冊買いました。

前に一つ貰った時と別の本屋さんで買ったら
箱から自分で選ばせてくれました。
といっても中身はわからない袋に入っているし、あんまりゴソゴソやっても迷惑になるので
ちゃちゃっと二つ選んだのですが……
Photo
金魚×2

え!貰うの二回目にしてもうダブった!
しかも自分で引いて……。
なんか両方とも平たいから嫌な予感はしたっちゃあしたんですけど
く、くやしい……。
本を持ってて可愛いけどニクイハッケン君。

もうそろそろ、早い所だと品切れもありそうなので、
早いうちにもう何冊か買っとくか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

パンダと安住アナと名前予想の行方

パンダの子供死んじゃったらしいですね。
生まれたばかりでかわいそうに……。
すぐに次というわけにもいかないでしょうし、難しいものです。

パンダといえば、TBSラジオで日曜日の朝にやっている日曜天国という番組をよく聞いてます。
日曜の朝とは思えないような暗くてねちっこいトークをする安住アナウンサーがやっている番組で
色々な物や事柄に関するオタク知識が幅広くて面白いです。

パンダもかなり好きらしく、前にパンダが日本に来た時、
名前の予想を(片方)的中させた安住アナ。

「今回の赤ちゃんの名前も予想してくれ」と番組関係者から言われたが、
「パンダの子供の死亡率を知ってるんですか!」と叱るふりをして
実はまだ考えてなかった~という話をしていました。
現在それほど死亡率は高くないとも言っていましたが、
まさか本当にパンダの子供が死んでしまうとは。

その後、名前予想をしたけどもラジオ内では発表せず、
往復はがきを送ってきた人だけに予想を返信と言っていた。
私はまだ送ってなかったんですが、先週の段階でもう送った人が居るんじゃないかな?
どうなるんだろう?
面白いから往復はがき買おうかとおもってたのにな……。

 ラジオは「にち10ポッドキャスティング」から一部聞くことが出来ますhttp://www.tbs.co.jp/radio/nichiten/index-j.html


私は、実のところパンダにあまり興味がなく、歴代のパンダとかほとんど知らないんですけどね。
(左上にパンダの絵を貼ったりしてるけど、あれは新潮文庫のyonda?君のパロディ)
生で見たことも、見ようと思ったこともないので何とも言えませんが、
生まれる前からニュースになっていただけ意外にがっくりきてます。

パンダの子供関連ニュースで、妊娠、生まれた、に続いて必ず、
「子供が生まれればパンダブームが再来しますね」とか「経済効果がどの位」とか
いちいち本音を言っていたのが印象的。
高いお金を払って借りてきたパンダだからとやっきになるのも分かりますけど、
捕らぬ狸の皮算用はろくな結果になりませんね。

「新潮文庫の100冊」にも入ってるパンダの本
丁度良いタイミングだったが、今となっては悲しい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

ハッケン君ストラップ&ナツイチスタンプ

文庫キャンペーン2012
その場で貰えるやつを一個ずつ貰ってきました。2012
今年も、店員さんがランダムで付ける感じでした。

角川のストラップ
2012_2
水風船とハッケン君。やや塗装が粗い。
おばけかラムネが欲しかったなー。

本の間にに挟まってる、おみくじ風の栞が面白かった。
アドバイス的な事と運命の一冊(宣伝)があって、
犬吉……(笑)どの位パターンがあるんだろう?

集英社ナツイチスタンプ

2012_3
だれこいつ?
いがぐり頭の小学生? 
いいえ、てんとう虫の“テントーくん”です。
写真では黒くなってますが、全身のイラストを見ると、
なるほど、てんとう虫です。

スタンプの柄では「てんとうむし」の要素が一切ないので、
いがぐり頭の小太りが半笑いで「ごめんね」と言っているようにしか……。
いつ、何に使うんだコレ。
半笑いでごめんねって伝えたい時、これから先あるかなあ。

スタンプは上部をキュッとひねってあけるんですよ、みなさん。
勝手に開かないように、上に引っ張るだけじゃ開かないようになってるの。賢いね。
あけ方が分からず、ちょっとオタオタした事は内緒だ。

スタンプ押すのって結構難しいですね。
一部が薄くなったり、強く押し過ぎてどろどろしたりして。

袋の下に「イラストのスタンプが入っています」って書いてますね。
店員さんが入れるからあんまり関係ないけど。
テントーくん、今年のはちノートにも居ました。


おまけ
キャンペーン期間延長し続けはや数年、でお馴染み
宝島社の「ぶんこちょ」がツイッターを始めてた。
https://twitter.com/#!/bunkocho


「夏が! キターーーーーーーーーーーーッ!! のね。 o(^◇^)o」

こんなツイートをしたかと思えば……

「さてさて、sweet編集部が総力をあげて制作したガイドブック『恋するハワイ』ですが、
sweetでおなじみの紗栄子ちゃん、こじはる、佐々木希ちゃんなどなど、
おしゃれ有名人のハワイのLOVEスポットを大公開してるのね~♪ 要チェックなの!」

しっかり宣伝も。
さてさて、じゃねえ!
完全に大人のビジネス臭が……!
最後だけ「のね」とか「なの」付けても手遅れだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

文庫キャンペーン冊子2012

2012年、夏の文庫キャンペーンが始まりました。
無料小冊子を貰ってきたので紹介。
2012_2 新潮・角川・集英社

---------------
新潮文庫
http://100satsu.com/

2012
対象商品2冊で「yonda?ブックカバー」
ランダムで郵送されるので色・柄は選べません。

ううむ、去年のリサ・ラーソンyonda?に比べるとパンチはありませんが、
一応、一口は集めてみるかな。
冊子を貰った本屋では、サンプルの展示が無くて
材質が分かりませんでしたが、写真を見るとつるつるした感じかな?
ブックカバーは硬めの布か紙が良いんだけども。
新潮文庫には紐が付いているから、ブックカバーに栞紐はつかないのだろうか。

冊子の中身はいつもと変わらない雰囲気です
ジャンル分けが一変したとか言われても、別に、なんというか……はい。
本のラインナップはちょこちょこ変わってますが、
夏の庭とか乱歩傑作選は、10年位前からずっと載ってるような。
さあ、今年はなにを読もう……。

角川と集英社は文庫サイズのノートを毎年出してますけど、
新潮はyonda?君ノートとかやらないんですかね。

---------------
角川文庫
http://www.kadokawa.co.jp/hakken/summer2012/

2012_3
一冊買うと店頭でもらえる「ハッケン君 祭ストラップ」
お祭り仕様のハッケン君。お化けが良いな。
シークレットはうんこじゃなさそうで、つまらないぞ!おい!

角川は、せっかくホラー文庫があるんだから、
もっとホラーものをプッシュすれば良いのになあ。
怖い系のカテゴリーはミステリーがほとんど。

アナザーの文庫版(上・下)をこの機に買おうかな……。
あと「ポケットに名言を」がアメトークの読書芸人で紹介されていて、
少し気になってます。確か、スピードワゴンの人が紹介していて、
その日に良かった人にプレゼントしているとか。
ランダムに開いて名言を見るのが楽しそうでした。
これを手ぬぐい柄とのコラボにすれば持ち歩きにも良さそうだったんですが。

---------------
集英社(ナツイチ)
http://bunko.shueisha.co.jp/natsuichi/top.html
2012_4

一冊買うと店頭でもらえる「ナツイチスタンプ」

やっぱりまだ蜂使うのね。
この蜂、雑貨屋で同じ人が描いた同じようなグッズ売ってるし
テレビで見たロイヤルホストの子供メニューも同じ蜂だったぞ。
唯一気に入ったはち目漱石は居ないのかー!

今年のナツイチイメージキャラクターは剛力あやめさんです。
好みではないけど、ゴーリキって言いたくなっちゃいますよねー。

カラーなのは良いのですが、情報がゴチャゴチャしてちょっと見づらい。
表紙はシンプルで良いのになあ。
ラインナップは、ちょっと読んでみたい本が揃ってる。
3社の中で一番自分好みかも。

毎年、この小冊子を鞄に入れるタイミングで万引きと間違えられないか
ハラハラしてキョドってしまうのは自分だけなんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »