« わくらば日記/朱川 湊人 | トップページ | 【ガチャ】男のどんぶりコレクション »

2012年8月17日 (金)

憧れの「どんどん焼き」

私自身食べた事はないのですが「どんどん焼き」という食べ物をご存知でしょうか。
駄菓子のせんべいではなく、お好み焼きに似たもので、
昔は東京でも屋台で売られていたそうです。

どんどん焼き-Wikipedia
入っている具にも色々ありますが、
丸型のもの、二つ折りにしたもの、割り箸に巻きつけたものなど、形も様々。

食べ物について書かれたエッセイを読んでいると
この「どんどん焼き」というものについては色々な方が書かれています。
屋台の思い出を語るおっさん達の楽しそうな様子も相まって憧れが募ります。

■池波正太郎『食卓の情景』

屋台のどんどん焼きは、店によって色々な特徴があり、
子供たちも自分好みの店を探しに遠くの街まで行っていたとか。
どんどん焼きの他にもパンカツ(三角に切った食パンに卵・メリケン粉をといたものをつけて焼き、ウスターソースをかける)
など興味をそそられる食べ物がたくさん出てきます。
池波さんの言う「どんどん焼き」は
エビ天・イカ天やパンカツ、といったメニューの総称なのかな?
子供の頃は仲良くなった屋台の店主にオリジナルのメニューを提案した事もあったそうです。
大人になってからもどんどん焼きを作ってビールを飲んでいたとか。

池波さんは別のエッセイでもどんどん焼きについて書いているようですが現在未確認。
 

■阿刀田 高『食卓はいつもミステリー』

「屋台の味」の項でどんどん焼きにふれています。

やはり家でも作っていると書かれており、
作り方は
「熱い鉄板の上に水と卵でといたメリケン粉を薄く流す
鉄板の上で円形を作って固まりかけるところに
切りイカ(スルメを機械で細かくしたもの)をほぐして広げ、紅しょうが、干しえびを散らす。
フライ返しでギュウッと押し付け、クルリとひっくり返し表の方も焼き、
またもとに戻して筆で醤油を塗って完成」

四分の一に切った新聞紙にのせて食べる”と余分な油を吸って良いらしい。

かなりこだわりを持っていらっしゃいます。
どんどん焼きはソースのイメージがありましたが
醤油味で、切りイカが入るんですね。


■吉田戦車『逃避めし』

http://www.1101.com/sensha_meshi/2009-10-22.html
(↑元々webでの連載なので本文が読めます)

タイトルは「どんど焼き」ですが、本文に「どんどん焼き」とも呼ばれると書いてありました。
店では「海苔がぺろっと貼ってあった記憶もある」そうです。
戦車さんは岩手出身なのでウィキペディアに載っている情報とだいたい一致していますね。
こちらも醤油味。

実際に作ったものは円形、単行本の挿絵は二つ折りの形でした。

「どんどん焼き」屋台の思い出を持った大人は高確率で家で作っているという事実が浮き彫りに!

今のところ知っているエッセイはこの三つだけですが、
最後に私が鉄板焼き屋台に憧れを持つようになった原点と思われる児童書がコチラ

■富安陽子
『キツネ山の夏休み』

この本自体が好きで何回も読み返していました。
どんどん焼きとは違うけど似ているのが
主人公が縁日に行くシーンで出てくる「洋食焼き」
これはどんどん焼きが進化した「一銭洋食」の流れを汲んだもののようです。
本の中に出てくる説明は
「鉄板の上にといた小麦粉をのばし、その上に
きざみキャベツと天かすと紅しょうがを目にもとまらぬ早業でばらまく」


↓イメージの近い動画がありました
どんどん焼きは洋食焼きでお好み焼き?言いたい事はわかるけど!(笑)


「キツネ山の夏休み」の洋食焼き屋台のオヤジが、なぜか子供には洋食焼きを売らず
安い「食パン焼き」しか売ってくれないというのが印象に残っています。
食パン焼きは、鉄板で焼いた食パンにソースと青海苔をまぶしたもの。
洋食焼き100円、食パン焼き70円。
この食パン焼きの方も良いですね。パンカツよりも簡単です。


山形県は今もどんどん焼きが名物として残っているらしく、動画もありました。
割り箸にクルクルッと巧みに巻きつけてジュウってやる所がなんとも良いですね!
しかも、出来上がると表面に具材が三色並んでる~!
持ち手が付いているからお祭りとかで歩きながら食べるのに良さそう。

しかし最初に言った通り、食べた事がありません。
自宅でも簡単にできる物ですが、食べてしまったら
今以上に憧れを抱く事はできないだろうと思うと、なんだかもったいない気がして。
やっぱり最初は縁日とかで食べてみたいな。

|

« わくらば日記/朱川 湊人 | トップページ | 【ガチャ】男のどんぶりコレクション »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281245/46713485

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れの「どんどん焼き」:

« わくらば日記/朱川 湊人 | トップページ | 【ガチャ】男のどんぶりコレクション »