« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月23日 (日)

キングオブコント2012

ああ……、キリンスマッシュから一年が経過したのか……。

キングオブコント2012を見ました。
ニワカお笑い好きなので毎年見てますが、
あの、MCや審査員の芸人のいたたまれない空気はなんなの……。

今年は、一つのネタを繰り返すネタがすごく多かった。
最初は面白くても、途中で飽きてしまうのがいくつもあった。
「銀シャリ」の奥さんを下さい!とか、あとひとひねりあれば良さそうだったのにもったいない。
銀行強盗のネタも、臭い!しかないのかと。
(関係ないけど銀シャリのツッコミの人、アメリカザリガニの柳原?に声がそっくりだ)
他にも「夜ふかしの会」のカラオケのネタとか、
「さらば青春の光」のイタトン!とか、子供殴る→痛いの飛んでけ何回やるんだ!
と思ったけど、点数が良かったからなー……。
ぼったくりバーのネタも、数えるのがいつまで続くのか不安になった。

今のお笑い芸人の間では繰り返しネタがブームなのかも?
ずっと一個の笑いを繰り返していて、なんだか
ショートコントを引き伸ばしたように感じてしまうんですけどね~。

今年の優勝は「バイきんぐ」でした。
直前に苦労人エピソードのVTRを流されると、ちょっとテンションが下がりますが
決勝のネタよりは、最初にやった教習所のネタの方が好き。
いしや~きいも~♪ってね! の部分が心に残ったw
個々の掛け合いは面白かったけど、つなぎの間が微妙に噛み合ってないような気がしました。
たまに素にもどりそうになってるみたいな?

自分が面白いと思ったのは「うしろシティ」の転校生ネタ
ギャグ漫画みたいなノリで面白かった!
目立ちたい転校生と、同じ日に来た転校生のやつ。
地図に載ってない島だから……とか、知らないもので知らないもの作らないで!とか。
ちょっと、うすた京介の漫画みたいな感じです。

「かもめんたる」のふたつ目の作文ネタも好き。
嘘を書いた事をなぜか“おつかれ”って言う先生が、
あーこれは良く出来てるけどお疲れしちゃったね~
とかいって、子供の作文の創作部分を指摘していく。
お前、中々のモンスターだな。って言うのw
あんな2ちゃんねらーみたいな先生嫌だw
メガネ屋の方は、面白さより狂気を感じた。
よく7時台にあんなサイコなネタを……角膜を剥がされた猿が山積みとかw

「しずる」の能力のやつも面白かったけど、繰り返しが多くて飽きた。
ふたつ目のびっくり先生は、コミカルな動きは面白かったけど、ちょっと地味だった。
コント番組の1コーナーにありそうなネタ。

「トップリード」はコンビニのネタが結構面白かったと思う。
コンビニ店員・強盗・警察の場面があって、全部繋がってて
同じキャラで進行するっていうのがゴチャゴチャしつつも面白かった。
途中ゴチャゴチャしすぎたのか、点数は伸びなかったんだっけ?
台詞の言い方とか、ちょっと変えればもっと面白くなりそうだ。
ふたつ目のひつじのネタは確かにあんまり……で、最終的に最下位だったけど……。

ただ、総じて大オチ?最後が弱い気がする。
最初の設定に凝って、終わりに向けて失速していくような。

最近のM-1グランプリ(終わったけど)やTHE MANZAIとかもそうですけど、
わりと面白いっていうのはあっても、大笑いするようなネタがないんですよね。
自分が年をとっただけかも知れませんが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

【本】Another/綾辻 行人

Another/綾辻 行人

文庫版は上下巻に分かれているが、長いとは感じなかった。
学園物は久しぶりに読んだので面白かったです。
連続怪死事件が起きたり、呪いにクラス中が怯えていたりしても
学園物には違いあるまい。


上巻は、
転校生の主人公が気胸の入院のため遅れて転入したクラスは
どこか様子がおかしく、また、入院中に顔を合わせて気になっていた女子・見崎 鳴と再会したが、
彼女は授業中に一人出歩いたりと不可解な行動をとる。
しかし、教師を始めクラスの連中は、まるで彼女が見えていないかのように何の反応もしない。
ある日、主人公の目の前でクラスメイトが階段から落ちて死亡する事故が起きて……

と、序盤は主にクラスの謎と、見崎 鳴は存在しているのか?という謎を
主人公が色々調べようとしている間に、次々に事故が起こって人が死んでいくという、かなりのホラー路線。

ミステリアスな眼帯少女、その少女とそっくりな人形とかが出てきて、
これはアニメ化・映画化するのも頷ける。
眼帯少女は色白・無表情・意味深発言と、いかにも人気出そうなキャラ。
アニメ版ではキャラクターやオチがどんな風になっているのか、ちょっと見てみたくなりました。

主人公の男の性格は何かイマイチ掴めない。

キングの小説や、ホラー映画が好きで「ホラー少年」なんてあだ名までつけられているわりに
学校の七不思議的なものに冷め切った態度をとって碌に聞かなかったり、
女教師に淡い恋心を抱く同級生に対して「本気か少年」とか、謎の上から目線
そのくせ自分は、病院で一度見かけただけの女の子にグイグイ話しかけに行き、
他の人との話を中断してまで追いかけたりして怖い。
体育の授業中にその女の子が屋上に居るのを見つけて猛ダッシュ、
男友達と帰ろうとしていたら女の子を見つけて猛ダッシュ……
三年生で転入してきた中学生男子として異常すぎやしないか?

こんなにも人目を気にしない行動力があるはずなのに、
物語の本題には度々「直接聞くのは気後れする」とか、わけのわからん理由をつけて
なかなか踏み込まないし、自分や家族がいつ死ぬかわからないような状況でも
妙に斜に構えてるというか、なんとも……主人公って感じ!


以下、多少ネタバレにもなってしまうので注意


後半では、呪いの仕組みが解りはじめ「クラスに一人紛れ込んだ“死者”は誰なのか」を突き止めるのがメイン。
一応伏線はあるので、“死者”を推理する事はできるけど、
呪いに関する記憶や書類が改ざんされるという設定があるので、真面目な推理ものではないです。

じわじわと進めたわりに最後はずいぶんと駆け足で、
急にパニックホラーみたいになって、ある意味驚きました。
『黒い家』みたいな展開だなあ。

もっと学園部分を楽しみたかった。
クラスの大半が死んで初めて「こんな奴居たんだ」程度だし、
第一、赤沢さんとババアには全然ドラマがないのかよ!
赤沢さんが、ツンデレしながら鳴とも協力して
対策係の役割をこなしたら面白かったのになあ~。
まぁ、赤沢さんが解決策を知ったら、それこそバトルロワイヤルが始まりかねないか。

自分は、上巻の後半から下巻に入ったあたりが一番面白かったと思う。
主人公と鳴が2人で歩き回ったりしてる所が楽しそうで、むしろうらやましい
クラス中が怯えているというのに……(笑)

逆に、やたら詳しく解説しようとしている「終わった後に記憶がどう改ざんされたか」
なんてのは、正直どうでもよくないか?
説明のつかない現象をゴチャゴチャ説明されてもね。
死者の事は憶えてない、記録も残らない、そういうモンだって分かってるのに。
むしろ、鳴はなんで憶えてんの?

解決してからあれこれ考えると、序盤の方におかしい行動がかなり多い。
そういうモンなんでしょうけど。
何だか納得行かない所や、まだ裏があるんじゃないかという所は
自分の脳内妄想で補完するのもまた面白いでしょう。

著者のあとがきで、続編の構想があるような事が書いてあったけど
続編があるとしたら、あの刑事さんの娘さんが主人公じゃないかな?
意味ありげに出てきて名刺渡して、最後の方で電話しようとしたら
繋がらなかった……あの人は何の意味があって出てきたのか。
そうだ!続編への伏線だ!
娘が何年後に三年生になるって言っていたかは忘れましたが、
最終的に榊原と鳴も協力して、呪いの元を解決して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

【ガチャ】男のどんぶりコレクション

ガチャガチャ
『男のどんぶりコレクション』全8種

一回100円。
どんぶりコレクションで「ODC」かね。
く……カッコよく言いやがって……。

1
おっさんの絵がゴルゴ13のメルヘン版みたいでおちゃめ。

100円玉を一枚しかもってなかったので鉄火丼だけ。
2

これが意外に出来が良い!
まぐろが凹凸と線でリアルに!
わさびが怪しいモンスターのようだが、まあ良いでしょう。

最近は100円ガチャが少なくなっている中で
これは嬉しいですね。

もっと欲しい所ですが、殆ど行かない場所に設置されていたので、
次に行った時にまだあるといいな……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »