« 【プレイ日記】とびだせ どうぶつの森91 | トップページ | 【プレイ日記】とびだせ どうぶつの森93 »

2013年2月 8日 (金)

【プレイ日記】とびだせ どうぶつの森92

住人の家に本棚が置かれていると、本の話題が出る事があり、
「だなも式ビジネス必勝法」「だなも!だなも!だなも!」とか、
たぬきちの著書と思われるものを読んでいる事がある。

前にロイヤルな本棚をあげたクロコさんに、よく読む本を聞いたら323

「季刊・森乙女 冬号」だって!
クッ!森乙女……!
もりおとめ!!

さすがクロコさん、人の心を掴むワードを豊富に持っていらっしゃる。
「森ガール」だとファッションぽい感じだけど、
森乙女のクロコさんは自分で火をおこしたり狩りをしたりしそうだ。
たぶん雑誌にはスタイリッシュな罠の作り方なんかが載っているに違いない。
これからは森乙女の時代だな!

クロコさんは以前水族館で話し掛けたときに
「クロコという名の人魚を寄贈してみない?」という名言も残している。

 
村長は日々村のため、村民のために働いている。
そんな村長に、不幸が迫っていた。
過労からか、何も無い場所で転んでしまう村長。

「今まで村を発展させるために不規則な生活をしたりして、
体を気遣う事なんてありませんでした」

「それが、占いの館で開運グッズ『あかいだいこくぼう』を売ってもらってから
疲れも溜まらなくなって、村民からもより好かれるようになりました。
今では『あかいだいこくぼう』の無い暮らしは考えられませんね」

(※個人の感想です)

そんな「あかいだいこくぼう」今回なんと、お値段たったの一万円!

買いまーす!!
ヤッター!これで幸せになれるうう!!

今日占いの館でハッケミィから赤い大黒帽を売ってもらいました。
こういう胡散臭い商売もしてるんだな、ハッケミィ……。
そのうちエスカレートして50万位する壷とか売りつけられたりしないだろうか。
同じ商店街にいるようになってからたぬきに入れ知恵されてたりして……。

さっそく装備。
324
(ダセェ)
なんか思ってたのと違う。
もっとふっくらした感じかと……。
七福神のイラストとかだと、もっとなんか……ねえ?

今度転ぶ日がきたら使おっと。
って、インチキ商品じゃないよね……?

ちなみに、今日の占い
325

「二人の村民・・・争う声・・・
その片方の者が右手に隠し持つのは
ピコピコハンマー・・・」

結果は友情に関する災いの兆しだったか。
タイムリーな話題だ。
うちの村では、争い合いはないけどね!
ただ、村長が一方的にピコハン通り魔をやっているだけという……
むしろ悪い。

|

« 【プレイ日記】とびだせ どうぶつの森91 | トップページ | 【プレイ日記】とびだせ どうぶつの森93 »

【プレイ日記】どうぶつの森」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【プレイ日記】とびだせ どうぶつの森92:

« 【プレイ日記】とびだせ どうぶつの森91 | トップページ | 【プレイ日記】とびだせ どうぶつの森93 »