« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月24日 (日)

芋けんぴ旅・コンビニ編

各地でアホみたいに芋けんぴを買っているのでついでにレビューしてみました。
「芋けんぴ旅」とかいうタイトルをノリで付けましたが
近所で100円均一菓子コーナーをウロウロしているだけで実は全然「旅」してないです。

では、芋けんぴレビューコンビニ編はじまるよ!

------------
ファミリーマート
2
素材の甘み 「いもけんぴ」 95g
(※内容量が90gに変更されていました 2019年10月追記)
澁谷食品株式会社(高知県)
ファミリーマートの共同開発

「九州を代表するさつま芋『黄金千貫』を使用
ほどよい硬さで、満足な食べごたえです」


ちゃんと甘いけど、砂糖は強すぎない素材の甘み!
硬さもほどよく、パッケージに書いてある文言通りでした。
ザ・スタンダードな芋けんぴと言った感じ。

特に少ないような気はしませんでしたが
こちらは95gで他コンビニは100gなのでほんのちょっと量が少ない。

 

------------

ローソン(ローソンセレクト)
3
「芋けんぴ」 製造元 株式会社村田製菓(宮崎県)
100g

「芋本来の風味を残し、
ほんのりした甘みに仕上げました」

 

表面の砂糖が強めで
食感は硬すぎないけど砂糖コーティングが厚いので
噛んでいると時々砂糖のシャリホロ感がある。
甘いもの好きにおすすめ。

これはたまたまかも知れませんが
袋のサイズ(横幅)よりも長い芋けんぴが何本も入っていて
思わず指の間に1本ずつ挟んでバルログ、又はウルヴァリンをしたくなりました。
ちなみにコンビニ「ポプラ」もローソンセレクトを置いているみたいです。

 

------------

ミニストップ
4
「芋かりんとう」 100g
製造者 横山食品株式会社鹿児島工場

「九州産の黄金千貫を100%使用し、
さつまいも本来の風味を生かした、ほんのり甘いお菓子です。」

 

かなり硬い!グッと噛んでバリッと砕く感じです。
最初は硬さに驚きますが、慣れてくるとまあまあ普通に食べられます。
調子に乗ってボケーッとテレビなどを見ながら食べていると、
端の方など、硬すぎて歯にめり込むかと思う部分もあるので注意。
屈強な九州男児にはこれぐらいじゃないと物足りないのかもしれません。
あと、一番(量が少ないファミマのものよりも)カロリーが低い。

 

【おまけ】同じミニストップにあったので
5
「大学芋せんべい」 株式会社 村田製菓(宮崎県)
60g

「九州産黄金千貫使用」
「黒ごまの風味とサクッとした歯ごたえが特徴の芋菓子です」

 

平べったい短冊状の芋せんべい
裏のゴマが透けて見えるくらい薄いのでパリッとしていて
噛んでいるとごまがあって香ばしいですが芋の風味はあんまりない。
甘さは控えめで、大学芋な感じはしません。
「ごま付き芋せんべい」という風に食べれば普通においしいですが
「大学芋」と言われるとちょっと物足りないような気がしてしまう。
芋よりごまがメインといった感じ。

60gと重量は少ないように思えますが、一つ一つが薄いので
袋を開けてみると思ったよりたくさん入ってます。
カロリーは296と芋けんぴと比べると控えめ。

 

------------

セブンイレブン(セブンプレミアム)
6
九州産のさつまいもを使用した
「薩摩芋けんぴ」
100g

株式会社 村田製菓(宮崎県)
セブン&アイグループ共同開発


製造はローソンと同じ村田製菓
砂糖強めな村田製菓……と思いきや、それほど強くは感じません。
袋の下の方にある小さめのものほど砂糖感強くなっていく感じでした。

硬さも控えめなような気がしましたが
No.1の硬さを誇る(※私が勝手に言ってるだけです)
横山製菓の直後に食べたせいかもしれません。

------------
【追記】
デイリーヤマザキ
70
良味100選 「芋けんぴ」

渋谷食品株式会社(高知県)
85g

国内産のさつま芋を原料に自然の風味を生かした昔ながらの芋菓子です。


ファミリーマートと同じく渋谷食品です
……が、なにぃ~?85g!?
渋谷食品といえば量の少ない事は周知の事実ですが
それにしても少ないですね。ファミマのもいつの間にか容量減ってましたけど。
もちろん味はおいしいですけどね!
若干細めで硬さもちょうど良い。
他の袋菓子と比べたら満足感は高いとは思いますが
同じ渋谷食品のものでもファミマやダイソーで買ったほうがややお得です。

ーーーーーーーーーー(追記おわり)

近場にあるコンビニ芋けんぴはこんな感じでした。
一応食べ比べしてみましたが、
どれ食べても「芋けんぴおいし~い!!」って感じなので
正直言ってそんなに違いはないです(笑)
「おすすめとして人に食べさせる」ならファミマのですかね~。

まだ行けてないんですが、デイリーヤマザキは
どうやら渋谷食品の芋けんぴが置かれているっぽく、
コンビニでは村田・渋谷が強いですね。

スーパー・ドラッグストア等では「南国製菓」という高知県の会社の商品もあり
ここには出てこなかった「南国製菓」ですが実はなかなか侮れません。
芋けんぴ界における南国・渋谷・村田・横山
なんかアイドルグループみたいな名字の並びですが
まさに芋けんぴ四天王と言っても過言ではないのです……

ゴゴゴゴゴ……

つづく……
か……わかりませんが
……気が向いたら書きます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

おや?ココナッツサブレの様子が……

言わずと知れた懐かしビスケット
「ココナッツサブレ」

私は「ココナッツ」自体は正直苦手ですが
ココナッツサブレは大好きです。

近年小分けの包装になりました。
サブレが正面向いてるの、いまだに違和感ありますね~。
(以前は棚に並べた本のような感じで側面をズラーッと見せて入っていました)
袋も平たくなってコンパクトな印象に変わっています。
前の永久に食える感じも良かったんですけどねぇ!

最近ミニサイズの袋入りがコンビニに置かれたりしているのを見て
波が来ているんじゃないかと思っていたところ……
【本題】
その「ココナッツサブレ」アイスが出ていました!
1
ファミリータイプ的な箱入りですが、もちろん個包装で
一つ一つが小さ目なので一度に数個食べても余裕!
一度に数個食べる必要ないですけどね!

細めの箱に7個入りなので
大きさは思ったより小さくて
掌に3個ぐらい余裕で並べられるくらいのサイズというか……
無理したら二口くらいで食べられるようなサイズというか……
いや、分かりにくいな!無理して食べちゃダメ!
あ……ココナッツサブレと同じ大きさにアイスがはさまったサイズです。

これが
あまい!おいしい!
ビスケット部分の味は完全にココナッツサブレ!
思った通りの味!!(良い意味で)
食感はもすっとしたやわらかい感じになってます。
挟んであるアイスはミルク感強めの甘いバニラ味でした。
このアイス、かなり甘いけどおいしい!!
ミルキーとはこのことかって感じです。

店で見て飛びついてしまったものの、食べる前には
「ココナッツサブレを買ってセルフでアイスを挟めば良いのでは……」
などと少しばかり思ってしまいましたが、
アイスもいい具合にたっぷり入ってるし
手軽に食べられるし、自分でココナッツサブレとアイス買っても値段同じくらいだし
ココナッツサブレとはちょっと違ったココナッツサブレを楽しめるので損はないでしょう。

「ココナッツサブレ」の商品画像貼るためにAmazonを見ていたら
いっぱい種類があって驚きました。
スタンダードなやつはスーパーでもよく置いてあって、
「トリプルナッツ」もつい先日発見して今手元にあるんですが、
発酵バター!焼き芋!メープル……!!おいしそう……。
スーパーで全種取り扱うくらいもっと流行ったらいいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

孤独のおやつブーム

年末にフィナンシェにハマっていたことをちょっと書きましたが
最近また1人ブームが発生したのでちょっと書いておきます。

去年、やわらかすぎる焼き芋に対してグチを書きましたが
「ねっとり芋」の台頭によって焼き芋への興味が萎んでいき、
勝手に柔らかい焼き芋を食べて便秘を解消するがいいさ若い女よ!
などとスーパーの焼き芋マシーンすら睨み付けていました。

しかし……
さつまいもへの思いは消えていなかった!!

ある日スーパーで袋菓子を物色していますと、
「お買得気分」という100円均一(税込108円)のシリーズがあり
いくつか買って帰りました。
Photo
お買い得「気分」とは、
実は気分だけで別にお買い得ではないのではないか……
などという思いが頭をよぎるが
「ふるさと自慢」というマークが付いたものは
ちゃんとそれぞれその県の会社が製造元になっているので良い感じです。

愛知のしるこサンド
千葉のピーナッツせんべい
そして、高知は「芋けんぴ」
正確には「深層水芋けんぴ」という仰々しい名前です。

そう、芋けんぴですよ!!
ガリッとするほど固い芋けんぴ
「なんで芋けんぴの画像を出さないんだ」と思っている方も居るかもしれませんが
とっくに食べ終わって袋を捨ててしまったのです。
よって、お買い得気分ふるさと自慢の芋けんぴの画像はありません。

御当地お菓子は数種類だけで、他は普通のせんべいやチョコがほとんどですが
ふるさとを自慢していない普通の黒糖かりんとうは滋賀県産でした。

この「お買得気分」シリーズを販売している
ジェーシーシーという会社のホームページを見てみると
「全国各地の菓子卸会社が共同出資したお菓子の企画会社」らしく
なるほど全国各地の製造元があるわけですねー。
今現在全部でどの程度あるのか知りませんが
もっと「ふるさと自慢」シリーズ増やしても良いと思う!

ちなみにお買得気分シリーズのページを見たら
芋けんぴが売上1位!!
スーパーにコンビニ各社にホームセンターまで至る所に置いてると思ったら
やっぱり需要があるんですねぇ!
近所のスーパーなんて、100均菓子の芋けんぴ含めて3種類置いてたしな~。

ただ、うちの近くのセブンイレブンには売ってませんでした。
ホームページを見ると芋けんぴ自体は存在しているみたいなんですが
……ヒカキンが紹介したんじゃないでしょうね?
今度別の店舗に行ってみようと思ってます。

色んな所で購入した芋けんぴ、まだ3種類ほどですが
食べ比べてみると案外違うもんですね。
ほぼ全部が九州産のさつまいも「コガネセンガン」で同じなのに
表面の砂糖の強さとか食感が物によって結構違います。

検索すると色々変わり種の芋けんぴがあるのも気になる所です。
本場高知では揚げたて芋けんぴが食べられるとか。いいなぁ。

今現在コンビニスーパードラッグストアなど色々な所に行き
ついつい同時に他のお菓子も買ってしまい
Photo_2
こういう関係ないお菓子も増えていき
食べるのが追いつかず(でも短くても4月くらいまでもつので余裕ですけどね!)
我が家ではお菓子が大渋滞を起こしてますが……。

もし今地震などが起きたらこのお菓子満載袋を持って逃げようと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »