« 【本】鬼談百景/小野不由美 | トップページ | 【アプリ】プレイする怖い話 »

2019年8月25日 (日)

【本】残穢・小野不由美

実は結構前に読んだんだけど、姉妹本(?)である『鬼談百景』を
読んだので、書きかけて放置してた感想を掘り出して来ました。


残穢/小野不由美

怪談を集める女性小説家の元に届いた
あるマンションの一室で起こる怪現象。
投稿者と交流し、調べていくうちにその部屋だけでなく
同じマンション内でも奇妙な事が起きていて……。

『鬼談百景』の中の一話を深く深く掘り下げたような長編。
淡々としたドキュメンタリー調で進んでいくので
この物語に出てくる「小説家」は、著者本人?という
“現実かもしれない”書き方が恐怖を引き立てています。
実在する人も出てきて、知ってる小説家が出てきたときは「おっ!」ってなりました。
登場人物が心霊に対してわりと冷静なので
「アタシは幽霊が見える」みたいな、知らねーよという寒い感じや、
変に万能な霊能者が出てお祓いするような馬鹿馬鹿しさは無く
調べものに関してもかなり真面目。

最初は小さな謎だったものが、実はとても大きな謎のほんの一部で
いつの間にか自らもその中に取り込まれているという手に負えない感
一部屋からマンション全体、はたまた近所、引っ越した人とか
なんかもうどうでもいいほど遠く離れた地まで怪奇現象が!?
まさに怪奇現象のパンデミックや~!みたいな感じです。
“事故物件”に近いけどちょっと違う、
どうにも回避できない理不尽な絶望感がありました。

最初の調べ始めはかなり面白いんだけど、
途中退屈に思う瞬間もちょっとある。
今って何の話してるんだっけ?もうそれ関係ないんじゃね?
と言いたくなるほど遠く遠く話が飛んでいくし、
登場人物は冷静ぶってるけど悪い方に進んでいくし
あんたらストレッチでもしてなよ……と諭してやりたくなりますが
コツコツと調べて辿り着いた事実で
謎だった出来事が繋がると「なるほど」と頷ける部分もあります。
「小さい物音」だけの怪談がここまで広がるか!
ということが一番の驚き。

話が大きくなりすぎて、自分が主人公だったら絶対途中で諦めて
「もういいや!寝よ!!」ってなるだろうなぁ。
でも結局のところ最後まで読んでも
どうにもならないと思ったらどうにかなってて結局何なの?
っていう感じがしてしまいました。
やっぱり寝るのが最強なんじゃないっすかね。

幽霊とか現象の原因よりも、好きな作家と協力して
色々検証したり調べるっていうのが楽しそうでうらやましかった。
私もこんな、オカルト好きだけど信じすぎず、頭ごなしに否定はしないけど
わりと科学的に検証したりするタイプの人と友達になりたいです。

コツコツコツコツ地道に調べる過程の好奇心と、
じわじわ迫る恐怖といった感じなので
「本当の話かも」の雰囲気に上手く乗れれば
かなりの恐怖を味わえるかもしれません。
引っ越しをしたばかりの人なんかは読んでるうちに不安になって
部屋の物音に敏感になりそうです。

調べたら、この『残穢』と『鬼談百景』ともに映画になっていました。
このストーリーで映画……地味そう
そのうち見てみようと思います。

あと小野不由美さんのホラー系の連作短編集みたいなやつが
いつの間にか二作も、しかも既に文庫まで出てたので買おうっと。

|

« 【本】鬼談百景/小野不由美 | トップページ | 【アプリ】プレイする怖い話 »

【書籍・小説】ホラー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【本】鬼談百景/小野不由美 | トップページ | 【アプリ】プレイする怖い話 »