« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

ミント栽培キット13

コロナウイルス騒動で引きこもりがちの今日この頃

植え変えしたミントは元気です
88
めちゃくちゃ元気!

グングン伸びてます。そして茎が太い!
かなり強そうです。

植え替え当日↓
85_20200227203501

今↓
89
生命力~~
土がずっと湿ってるように見えて、ほとんど水をやってないのにこの元気さ。
なんか不思議ですね。

もうすぐ春なので新たに何か育てようと物色中です。
気温が安定して高くなってきたら何か植えようと思ってます。

春!楽しみだな!!

でもなんか最近目がかゆくて、鼻水も頻繁に出るんですよね。
まさか……花粉症…………?
くしゃみはたまにしか出ないけど……

目が疲れてるのと風邪なだけかな?ははは……。
(花粉症じゃない事だけを人生の自慢に生きてきたのに一体どうすれば……)
とりあえず、しばらくは窓全開で換気するのは控えようと思います。

花粉症疑惑にコロナウイルスの件もあって、
ますます引きこもりに拍車がかかりますね。

どうせだから部屋の模様替えでもしようかな……。

| | コメント (0)

2020年2月22日 (土)

【小説】死国/板東眞砂子


死国/板東眞砂子

昔映画になっててタイトルだけ聞いたことある系ホラー小説

十数年ぶりに、子供時代を過ごした村へ行く比奈子。
昔いつも一緒に遊んでいた幼馴染の莎代里が既に亡くなっている事を知り
莎代里の母親が変な儀式を行っていることはさておき
東京で男に振り回され疲れた比奈子が同級生に誘われ参加した同窓会で初恋の人・文也に再会する。


最初の方は何人かの視点を掛け持ちして話が進むため
こいつ誰だっけ状態になりやすいけど、読み進めるうちに人物像がはっきりしてくるので
その辺はまあまあ問題なし。

高知県の小さな村が舞台になっていて
人の距離感が近くて楽しくもありうざったくもあり
良すぎもせず悪すぎもしない田舎の感じは結構好きでした。
急に怒りだして不機嫌になる爺さんの気まずい感じとかすごくリアルですね。

儀式によって既に亡くなったはずの人達の気配が村中に……
という流れは良いのですが
比奈子が色恋のことばかり考えていて、かなり自分勝手。

脇役の人達は方言で生活感があるのに対してメインの比奈子や文也はいかにも小説的な
「~だわ」「~かしら」「~さ」みたいなスカした感じで喋り
性格的にもあまり好感が持てない。

メインは比奈子と文也、そして死んだ莎代里との三角関係な感じなんですが
読み進むほど思うのが

文也って取り合うほどの男かね?

文也視点で書かれるパートもあるけど
言い訳じみた事ばっかりで郷土史を調べてる学者もどきのわりに探究心も感じられないし
いかにも物事に向き合わないで逃げてる感を出しまくっている。

だいたい、小学生の頃好きだった男なんてせいぜい「足が速い」程度の魅力だろうに
既に大人の比奈子はどこが好きで入れ込んでるのかよくわからない。
よっぽど顔面が良いとか背が高いとかの秘密があるんでしょうか。
杏の旦那の人みたいな感じでしょうか。

読んでいる間
「あんた!やめときなさいよあんな男!
さっさと見切りつけて東京帰んなさいよ!」
みたいな脳内おばさんのツッコミで頭がいっぱいになりました。

どうでもいいけど、わりと緊迫したシーンで
比奈子の意見を文也がそっけなく否定したとき
「二人の間に突然そそり立つ壁が」という表現が出てきてなんか笑っちゃいました。
そそり立つ壁があったらそこはもうSASUKEや!(すみません)

不気味な感じの演出なんかは良いのに
いまいちな恋愛の方が目立っちゃって個人的にはもったいないと思いました。
知らん人らの恋愛とかどうでもいいので
もっと、協力して謎を追求して欲しかった。
長年意識不明の人が突然目覚めてメッセージを託される一大イベントの直後に
それより恋愛の悩みが上回ってる女……いいかげんにしろい!

最初に村に行くまでの道で、タクシーから子供連れで歩くお遍路さんを見た……
と思ったらお遍路さんは一人だけだったという何かを予感させるシーンの不気味感は良くて
これから何が起こるのかワクワクしたのに……!なんだか惜しい作品でした。

映画は見たことないんですけど、主人公とか人物の設定とか
ちょっと変えたらすごく面白くなりそう。
うーん、もったいない!

| | コメント (2)

2020年2月 9日 (日)

ワニ映画との出会い

年末年始あたりから映画を見るブームが続いてます。
映画と言ってもGYAOで無料の、聞いた事もないようなやつ!
元々映画ってそんなに好きでもなく、大ヒット映画にも文句ばっかり垂れるため
最近のヒット作も全く見ていないレベルの人間ですが
なぜかマイナー映画が結構楽しく見られることに最近気付きました。

GYAOやアマゾンプライムで無料で見られるようなマイナー映画はハズレ率もかなりのものですが、
聞いた事もないけど面白いものもあってやみつきです。
そんな、ツッコミどころ満載ながらも面白くて誰かに言いたくなる映画がこちら!

『新アリゲーター 新種襲来』

2013年とまあまあ古い映画なので今更騒ぐのも恥ずかしいですが
色んな意味ですごく面白かったので是非誰かに言いたくて……!

変な青い密造酒を作っている一家が失敗作を沼にドボドボ流していたら
ワニが突然変異!巨大化して人を襲い始めた!!という映画です。

主人公の女性・エイブリーが数年ぶりに田舎村に帰省する所からお話は始まります。ワニ漁が盛ん(?)な大きな沼のある村です。
すっかり都会っ子になってビーガン思考を語るエイブリー。
でもワニ漁上級者で武器使いに長けてます。

父親とエイブリーは昔から一緒にワニ漁に出たりと仲良しですが
父の再婚の妻らしきおばさんは異様なガラガラ声で抱いてる犬が全然懐いてないし、
その弟らしき男はエイブリーに色目を使って軽口を叩くわなんかしょっちゅうツバ吐いててキモいわでエイブリーの表情は曇りっぱなし。

「明日はワニ漁の解禁日だ!」と娘を船に乗せて沼に繰り出す一行。
さっそくワニに遭遇して一匹穫ります。(明日やれよ)
殺したと思ったらまだ生きていて親父の手を噛んだワニは
首が赤くて尻尾にはトゲがある見たことのないワニでした。
(でもそんなことは気にせず料理して食う)

ここで、主人公達の一族ドウセット家と敵対関係にあるロビショー家の男たちが現れます。
先祖があいつの一族に酷い目にあわされたとお互いに主張し、いがみ合っているのです。
が!実はこの仲の悪い親父たちの娘と息子は恋人同士。
どうでもいいロミオとジュリエット!

ワニに友人が襲われた!というおっさんが酒場に駆け込んで来たのに
のんきに沼に入ってイチャつく二人の目の前でドデカワニにおっさんが殺され
見回りの警察官も多数登場したワニの斬新な尻尾トゲ飛ばし攻撃に倒れ
ワニワニパニックの幕開けです。

この辺までがあらすじで
ワニの合成がそりゃあもうめちゃくちゃ浮いてたり
襲撃シーンで謎のスローモーションを多用したり
ワニに襲われたと言う人がついさっき来たのに「平気よ!」とか言って自分らも今さっきワニ獲った沼に入る女が意味不明だったり
彼氏がエイブリーの似顔絵イラスト付きのクソださタトゥーを入れてたり
説明されてない人物が結構居てこいつ誰なの?と思って見てたり
主人公が私ビーガンなの。動物は救うべき。とか言ってたのに普通にワニ狩りに参加して捌いて、巨大ワニを見たあとは誰よりも早くワニを全部殺そう!と動き出したり
完全にやられ役フラグのワニ専門家が案の定瞬殺されたり

怒涛のツッコミが溢れながらもここまではちょっと笑えるモンスターパニック映画な感じなんですが、中盤からとんでもない展開に……


※もし今から見る予定なら、知らないで見た方がウケると思うのでネタバレ注意
GYAOやアマゾンプライムへGO!
GYAOだとガストのCMをものすごく見る事になりますよ。ハンバーーーグ!


最初の方でワニに噛まれた主人公の父親。
噛まれた手の傷が怪しく硬化し始め、なんだか具合が悪そうです。
毒でもあったんでしょうか?
いいえ。

なんと、ワニになってしまうのです!!

人間が!ワニに!なってしまうのです!!

とんでもねぇ!

しかも、噛まれたからワニになったと思ったら、最初にとったワニの肉を集まって食べたドウセット家(主人公以外)の一族全員がワニに!

義理の母親らしきマニキュアワニ!
父親らしき一本金歯ワニ!
ワニなりかけの男に噛まれた彼氏もワニ!
ワニ!ワニ!ワニ!
ワニ同士でバトルしたりもう大変です。
これ考えた人どんな頭してんだろう。

それだけで目を丸くしているというのに、さらに驚愕するのが

主人公が一人で沼地をウロウロしていていて突然小さい底なし沼スポットに落ちてハマった時に
元父親ワニが来て、金歯を見せて自分が父親だと娘に分からせた後で尻尾に掴まらせて娘を助けるんですね。

自我が!そのままあるんかい!
ある意味超怖いですね。

巨大ワニの口の中が青かったと聞いて、密造酒を作っていたロビショーの親父が
量を増やすために入れていた青い科学添加物のせいでこんなことになったと気付き
「ネットの情報を鵜呑みにして失敗した……」と意気消沈しているのにも笑えますが

口の中が青いワニと言えば、どうぶつの森のクロコが思い浮かんでしまいました(笑)

87
アリゲーターは口先がU字型でクロコダイルはV字型らしいですよ。
クロコってアリゲーターじゃないの!

話を戻して映画の結末は……

なんだかんだありつつも主人公と彼氏の親父コンビと警察でワニ掃討作戦を実行し

ロビショー家の親父と主人公の親父(ワニ)の
「もし敵同士に生まれていなかったら親友になれた」などと口走るアツい対決も。
妙に勇ましいBGMの中で銃vs尻尾のトゲ飛ばしを真面目にやってて笑いを誘う。
個人的に、一族でいがみ合ってるおっさんが協力プレイする所がもっと見たかった!

ドウセット一族ワニは酒場に集めて全員爆破、作戦に参加した保安官やロビショー一族もワニによって壊滅状態となったが
爆風で倒れたエイブリーに近付くワニが……

1年後

海辺の小屋で「ワニ牧場」の看板を掲げたエイブリー。
自分の赤ちゃんを抱き、水から上がってきた巨大ワニが寄り添う……
という物議のラストシーンで終了。

ワニはたぶんワニ化した彼氏(死んだと見せかけて泳ぎ去るシーンがあった)なんだけど、なにその赤ちゃん。
彼氏の兄弟?みたいな人が殺された直後にのんきに一緒に寝てたシーン、違和感バリバリだったけど、その時にできた子供?
まさかワニになってからじゃないよね……?
ていうか噛まれたり肉食ったりでワニ化するのに、ワニ感染男とセックスしてもワニ化しないの?
あと、ワニになると歯が牙みたいに鋭くなるけど、金歯が牙みたいになるのおかしくね??
そんなこと言ったら人間がワニになるのがおかしすぎるだろ!!!
どんなシステムだっっ!!
あと主人公が車でどっか行った時女の子が車の前に立ってて逃げたのと家が燃えたやつ何だったのか謎なので誰か教えて。


そんな感じでとても楽しい映画でした。
惜しい部分もあちこちにあるもののゾンビ感染風にワニになるというまさかの展開で全て吹き飛ばす威力があり
スタッフも役者も真面目にやってる感じがなんとも好きです。
洋画だと、ジブリアニメに出てくるようなヒゲもじゃ親父がリアルに居るのが強いですね。

配信タイトルが続々と入れ替わるGYAO映画、目が離せませんね!
『コモドVSキングコブラ』という映画も見ましたが、こちらもショボCGや無限に撃てる銃なんかがちょっとだけ面白かったです。
まあ本当にハズレもかなり多いですがツッコミどころ多くて笑えるような“ある意味面白い”のを期待してます。

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

ミント栽培キット12

久々にミント栽培キットの近況

まず12月初旬頃のミント

82
寒さ対策にプチプチを巻いてまあまあ元気でした。

そしてそこから2ヶ月が経とうとする現在
枯れた葉っぱを取り除いたり、細く黒く枯れた茎を切り離したりした1月後半のミント
83 
あっ……枯れて……

しかし!根元の辺りには新しく伸びてる茎がぎっしり!
84
暗くてわからないけどあるんです。
新しい芽はなんか妙に茎が太くて赤っぽく葉が小さい。

この小さいカップではあまりにもきつそうなので
ついに「植え替え」を決意しました。

前々からしようしようと思っていて
やっと植木鉢と土を買ってきました。100均で。

このカップ内の土、元々はキットの水で膨らむ土パックだったので
不織布みたいな薄い袋がそのまま付いてるんですが

袋を飛び越えて根っこが下にグルグル渦巻き土はビショビショ
カップの底には汚い水が溜まっているというそりゃ枯れるわという限界状態。
水やりが多かったかな……?
草木界の地獄がこんな身近に存在していたとは意外でしたね。

土袋の残骸を剥がすようにそーっと外してたら根っこがプチプチ切れてる音がするし
中の根っこが詰まった土をほぐしてるとプチプチ切れてる音がするし

これって袋から土を出して種まくのが正解だったんでしょうか?
いや説明書にはそんなことは一言も……
書いてなかった!
たぶん書いてなかったと思う!
書いてなかったんじゃないかな?
まあちょっと定かではないけど。

関白宣言的なキレ方(つたわらないボケ)をしつつ用意した植木鉢に入れて土を足し……
ものの10分程度で無事植え替え終了。

ちなみに一生懸命すぎて途中の写真撮るの忘れました。
いや実は途中で思い出したけど手も土だらけだし
洗って写真撮ってまた土だらけになるのは面倒臭くて無理でした(正直)

85
緑の植木鉢にしたのでちょっとは元気そうに見えますね!
100均の鉢ですけど!
視覚マジック!

86
ギチギチだった根元の部分も広々しました~。
底に穴があるから水も溜まる心配なし!
いやー良かった良かった。

でも途中根っこがかなりプチプチいってたので、
余計な事して全枯れパターンもありそうで怖いです。
ミントの生命力でこの状況に勝てるか!?
頑張れミント!

| | コメント (2)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »