« ミント栽培キット13 | トップページ | 【本】大切な人を守る サバイバルの技術/かのよしのり »

2020年3月 8日 (日)

今見られるGYAO映画(ホラー系)

金はないけど暇はある!GYAO映画大特集!
休校中の子供達へ……みたいな気の利いたやつではなく、
ただ単に暇なホラー好きの大人に向けたガイドです。
(画像はアマプラのリンク)

まずは【洋画ホラー】のカテゴリーから


「キャビン」
男女5人の若者達が旅行に出発。
なんだか怪しい別荘で次々に……というありがちストーリー
……実は大規模な組織が何やら計画していて若者達をモニタリングし、
様々な仕掛けで行動を操っている。

中盤までそんなに面白くもないけど
ラストの方、それも終了まで20分切ったあたりから異様に盛り上がる映画。
大変な状況になってるけど、なんかもう笑ってしまうような大盛り上がりでした。


「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」
周囲から変人と囁かれる青年オッド
幽霊が見えて、実際に変人だけどなんだかんだ町の人とも仲良く
能力を知る美人彼女と警察署長にも信頼されている。
ある日血なまぐさい事件を嗅ぎつける怪物が大量に現れて大事件の予感。

ノリと映像がかなり古いように思えるけど結構ハラハラさせるし面白い。
「デッドゾーン」みたいな感じで連続ドラマでもいけそうに思えた
……けど、つまらんどんでん返しはやめろと言いたい。
グロは少ないけどゴキブリキモシーンが!!


「ドクター・エクソシスト」
人の潜在意識に入る能力を持つエクソシスト。
交通事故を起こし妻子の命を奪った悪魔を追いかけている。

能力で夢の中に入るのと、現実で機械を使って管理しているチームで
悪魔祓いを治療と称するちょっと変わった感じのエクソシストもの。

やたらにカッコイイやさぐれ車椅子のおっさんが見所。
ラストは「あ~あ。」の一言。


【洋画サスペンス】


「フッテージ」
数年前、一家が殺害され少女が行方不明となった事件が起きた家に家族を連れて引っ越して来たノンフィクション作家。
事件を調べて新作を執筆するつもりだが、屋根裏で発見した8ミリフィルムには複数の殺人の様子が収められていて……。

サスペンスカテゴリーだったのに完全にホラー映画でした。
不気味なフィルム映像とびっくり系演出で序盤はかなり怖い。
雰囲気は良いものの、オカルトすぎる展開で事件はどうでも良くなり
小さい子供も居るのに家族に内緒で曰く付き物件に引っ越して来たゴミクソ最低バカ親父への苛立ちが勝ってしまう。
ストーリー的にはあんまりおすすめできませんが、フィルム映像や音楽の不気味な雰囲気はかなり好きです。


「ドリームハウス」
引っ越して来た家で幸せな生活を始める一家。
何者かが家を覗いていた形跡を見つけたのを始まりに
過去に一家殺害事件があった家だという事を知らされる。
事件を調べると容疑者と言われていた男が精神病院に居るらしい。

最初は「カーテンつけろやーていうか引っ越せやー」とか思って見ていましたが
途中から「えっ!!???」っとなって、混乱しながらもそこからもちゃんと展開があるのが良かった。
展開と、お父さんのムキムキっぷりには驚きました。
役者も美人揃いで良いですね。

【洋画ドラマ】


「赤ずきん」
小さな村で親の決めた結婚を嫌がり幼馴染と逃げようとする娘。
しかし村で言い伝えられている狼による殺人事件が起き、姉が殺されてしまう。
狼退治に来た過激派神父の一団に狼は人狼であり村人の誰かが変身していると言われ
村の人々は疑心暗鬼に陥っていく。

びっくりするほど綺麗な主人公を筆頭に美男美女を揃えて
雪だらけの村に映える赤ずきんマントがキマっている。
ストーリーはホラー系のサスペンスでギスギスしてるけど、ちょっと少女漫画的な部分も。
ツッコミどころが多々あるけど映像美はかなりのもの。


【一応見たけどおすすめしないコーナー】

「シャドウ・スナイパー」
深夜に立ち寄ったガソリンスタンドで狙撃され閉じ込められる話

あらすじの所に「一体誰が、何の為に!?」と書いてあるが
最後まで見てもわからないという問題作。一体誰が!何の為にいいい!
オチ手前でエンドロールが流れ始めてずっこける。
深夜ドライブ、海外の町の一角や売店の雰囲気が好きなマニア向け。

「エンドレス・ナイトメア」
魔女に呪いの刻印を付けられ、邪悪なものを寄せつける体質になった女性が奮闘する。

投げっぱなしの展開の連続でオチがない。
めちゃくちゃ安っぽい悪役怪人が柔らかそうな鎧を着たりしてちょっと面白い部分もある。

「そのネズミ、凶暴につき」
邦題付けた奴ちょっと来いよ!原題は全然違う。
父親とその連れ子と再婚相手の家族に襲い掛かるぬいぐるみを被った殺人鬼集団。
なんでそんな行動するんだよー!バカ!とか言いながら見られるけど
犯人の目的とかがいまいちわからず、どんでん返し風に明かされる事実もどうでもいい。


おまけ【サメ映画】

「デビルシャーク」
女がサメに取り憑かれてエクソシストが来るというのが多分本筋なんだろうけど、
解決しない上に意味不明な映像が多く、出てくる奴らがやたらにゲロを吐いている不快ゲロ映画。
どっかの変な人がホームビデオで撮ったもんが間違えて上がってるのではないかと疑うレベル。


「フランケンジョーズ」
マッドサイエンティストが作り出したサメとフランケンシュタインをかけ合わせた怪物ザメ

これはショボすぎて逆に面白い。ジャケット写真は本編と関係ありません。
ショボい合成に謎の演出、主人公達の関係性すらよくわからん
おもちゃ使って撮ってる?とか女の足の入れ墨どうなってんだ?とか
延々ブツブツ言いながら見られるし面白展開もある。
主役は微妙だけど、ショットガン婆さんとか喋らない船おやじのような気になるキャラクターも居てなかなか良い。
ツッコミたい人にはおすすめ。


9日配信予定「ゴーストシャーク」
人間に殺されたサメが蘇り、幽霊ザメとなって町を襲う。

幽霊ザメは海以外でも水があればどこからでも出現する!というわけで
殺し方のバリエーションを無駄に頑張っている感のあるサメ映画。
地雷原のようなサメ映画の中ではわりとちゃんとしてる方だと思う。
でもジャケ写の高層ビルみたいなシーンは無いです。


この中だと「キャビン」と「ドリームハウス」が特に面白かったです!
一番心臓にきたのはカテゴリー詐欺の「フッテージ」でした。

引きこもりのお供にネットフリックスとか入ろうかと思ってたけど、そんな暇は無かったですね。
定額制のに入ると見なきゃ見なきゃと思って追いつめられるからやっぱりGYAOが良いや。
無料なのに全然追いつかないぐらいどんどん配信されるGYAO!
有名作品は案外期間が短くてボーっとしていると逃してしまうGYAO!
ありがとうGYAO!!
(でもリンクはアマプラ!)

|

« ミント栽培キット13 | トップページ | 【本】大切な人を守る サバイバルの技術/かのよしのり »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

もはやホラーなのかギャグなのかわからない作品もありますよね(笑)

前回のミントの記事も拝見しました。
さすが、ミント…
本当に生命力ありますね!
私も去年に続きいろんな野菜を作ろうと思います(^^)

投稿: ぽん | 2020年3月 9日 (月) 10時52分

ぽんさん
ミント、今もめちゃくちゃ伸びてます!
もうそろそろ種まきシーズンなので楽しみですね~。

投稿: 森野 | 2020年3月10日 (火) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミント栽培キット13 | トップページ | 【本】大切な人を守る サバイバルの技術/かのよしのり »