« サバイバル精神を鍛えよう | トップページ | 【ひきこもり本】砂の女 »

2020年4月20日 (月)

【ひきこもりの友】南極料理人

引きこもり環境に良さそうな本の再読シリーズ第一弾。

春の良い時期に外に出られないのは辛いものですが
もし「外」が−50℃以下で一面氷の世界だったら。
それは現実にある“南極観測隊”の世界!

そんな南極観測隊の越冬隊調理担当の著書

『面白南極料理人/西村 淳』
二度の越冬隊参加を経験した著者の料理の工夫や仕事の様子の面白エッセイ。
冷凍や乾物などまとめて運び込んだり前の隊の残していったものから
毎日十数人に食事を作る南極料理人。
途中の補充不可能な中での足りない食材余った食材
困難なリクエストもアイデアで乗り越えながら作り出される料理の数々。
(私の持っているものは第二弾の『面白南極料理人 笑う食卓』でした)


『南極料理人』として映画化もされていて
おっさん達がわちゃわちゃするコメディで軽い気持ちで見られます。
GYAOで無料配信中!ですが23日まで
(残り僅かのタイミングで紹介してすみません)

※映画を見る際は必ず家にインスタントラーメンがある事を確認し、
出来ればおにぎりも作っておく事をおすすめします。

ラーメン大好きな隊員が夜食にラーメンを食べすぎてラーメンのストックが底を付き、
具無しで良いからとにかくラーメンを!と食べたがるが
食材の補給はできないし、「カン水」が無くて麺が作れない。
そこに別の隊員が知識と元素記号で
「ベーキングパウダーに水を混ぜると炭酸ガスが発生し、そこに塩を混ぜるとカン水に近いものが出来る」
と提案し無事に手打ちラーメンが完成。
仕事のオーロラの観測そっちのけでラーメンをすするというのが印象的でした。
ものっすごくラーメンが食べたくなります。
(本にもそのモデルとなったらしきラーメン大好き隊員の大食い話が載っていますが
越冬隊終了後、胃潰瘍で胃袋の何分の一かを切除することになったという悲しいオチが……)

棒に刺した塊肉に火をつけてるやつ「こんな事が本当に出来るのだろうか?」と思ってたら本当にやっててびっくり。
本ではステーキじゃなくて薄切りにして牛のたたきとして出していましたが。
伊勢海老の件は本と映画で全く違うエピソードでした。
見比べても楽しいですね!

最近ドラマ化もされていたようで(こちらは未見)、アマゾンプライムビデオで見られるみたいです。


こっちは『面白南極料理人』


さて本の方、『面白南極料理人 笑う食卓』
こちらは第二弾で前作は未読でしたが映画の元になったエピソードも多数あり、逆に第一弾には何が書かれているのかというと、
まえがきによれば前作はダイジェスト版で、レシピも結構いい加減らしい。本当かな?(笑)

この『面白南極料理人 笑う食卓』
各エピソードにレシピが付いているので
実際に作ってみることも可能なのです(たぶん)

意外と簡単そうでやってみたい
「雪上車のわがままリクエスト」の炊飯器で作る中華ピラフ
アイデア料理では
「楊貴妃の涙」の(皮で包む作業が間に合わず、即興のアイデアで片栗粉をまぶして蒸し上げた)皮無しシュウマイ・楊貴妃の涙
「南極名物ニ泊三日鍋」の、残り汁で次々出来る三種の鍋と最後のカレー
あと、ラーメンの上に乗せる簡単チャーシュー食べたい!
……などなど31のレシピが掲載されています。

他にもスルメを調味液に漬け込んで柔らかく復活させる方法やガーリックトーストの手軽な作り方などの小ネタもあるのでちょっと試してみたくなりますね。

引きこもりのお供に『面白南極料理人(笑う食卓)』
−50℃の氷に囲まれた世界で作業する隊員たちに思いを馳せつつ
あったかい布団の中で読んでみてはいかがでしょうか。
外出自粛で家族の食事作りに悩む人にもヒントになる……かも?

ちなみに、原作の著者のイメージは豪快面白おじさんであり、1ミリも映画のニシムラくん(堺雅人)がよぎる事はないので
映画の堺雅人が素敵だわ!原作も読んでみようかしら。系の方にはあまりおすすめしません。

|

« サバイバル精神を鍛えよう | トップページ | 【ひきこもり本】砂の女 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ラーメン…食べたいですね。
劇画タッチのゴリラ一丁やらチキンラーメンのCMを見て「食べたい!」と思ったのですが、田舎だからか売ってなくて悲しいです(泣)

投稿: ぽん | 2020年4月25日 (土) 19時56分

ぽんさん
確かにチキンラーメンてCM見るわりに意外と売ってないですね!ドラマか何かの流行もあったのに……
インスタントは最近カップ麺に押されてスーパーでも扱いが小さいですよね~。

投稿: 森野 | 2020年4月26日 (日) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サバイバル精神を鍛えよう | トップページ | 【ひきこもり本】砂の女 »