アニメ・コミック

2016年4月29日 (金)

勝手に漫画の宣伝

気に入っているWeb漫画の単行本が出るのでステマ(誤用)したいと思います!
原田ちあきの挙動不審日記

サイケな色使いに色々な意味でおかしい人々
登場人物はごく普通に異形の者
絵だけ見るとホラー漫画にも思えるという
エッセイ漫画とは思えない異空間っぷりに震える傑作。
本人をはじめ、出てくる人がみんな変で面白くてクセになりますよ~!
すごく気に入っていたので単行本化めっちゃくちゃ嬉しいです!

しかも、なんと私の大好きな吉田戦車先生が帯コメという……
嬉しいというか、なんだか掌の上感あふれてますね。ちくしょう!

GANMA!という漫画アプリの
「つぶやきGANMA!」から読めますので
興味のある方は見てみて下さい!
単行本買うつもりなのに一日で全部読み返した私のおすすめは
原田ちあきの挙動不審日記「75~82話」
台詞の選び方と表情が秀逸!口から何か吐いてる人多し!

つぶやきGANMA!は他の漫画「ヘアドロップ」とかも面白い!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

【怪談レストラン】最終回

ついに来てしまった、怪談レストラン早すぎる最終回。

今回は意外な人物の意外な謎が明かされるという
『怪談レストラン最初の客』の一本。

 (ただのあらすじと感想ですが、長すぎるので注意。

本日は特別に昔の姿をお見せしましょう、と「闇のギャルソン」と称される男の姿になるおばけギャルソン。
気持ちわる!というか最初っから知ってたわい。エンディングにがっつり映っていた事に気付いてないのだろうか……

【やっぱりレイコが主役だったのだ!!の巻】

冒頭からレイコの両親が出てきてびっくり!
なぜか黙々と会話もなく食事をするレイコ一家。
嫌な雰囲気の朝食。
レイコの前には一つの空席が……。

場面は変わっていつもの学校。
ショウ君の机をアコと、例の25点の子が囲んでいます。

学校の怖い話を集め、マップを作ったショウ君。
「紫ババア」や「走る人体模型」等々。

それを確かめに夜の学校に行くという話に、
近くで聞いていたレイコも勿論「嘘っぽい噂話を聞くと腹が立つの。ちゃんと調べる事には賛成よ」という言い訳で付いて来ます。
気乗りしないアコには「あなた小説家志望なんでしょ?これくらいの冒険できなくてどうするの!」と、
すっかり忘れていた設定を持ち出してハッパをかけます。
横で聞いていた不良君、ユウマと子分も何か考えてニヤリ。

 夜の1時に男女が集合する……なんという不純異性交遊!
 PTAが黙ってないのでは、と思ったが、もう最後なので気にしない事にします。

1時になり、学校前に集まるショウ君、レイコ、アコの三人。
静まり返る学校。
アコ「世界中にあたしたちしかいないみたい、なんか面白い♪」(勿論レイコもいるよ)

ショウ君「この校舎、生きているみたいだな……」
    「こんな噂もある。この学校自体が化け物で、真夜中に迷い込んだ子供を食べているって……」

すかさず「たーべーちゃーうーぞー」と木の上からユウマ登場そんな軽いイタズラを挟み四人集合。
もう一人の女の子とユウマの子分は寝ているようで来ない。

 な ん と い う ダ ブ ル デ ー ト(死語?)
 真夜中に学校に迷い込むようなガキは校舎にに喰われてしまえ!

まず最初に、何者かに引っ張られるというプールに向かう。
覗き込むユウマに、

ショウ「気をつけろ。水は霊界と繋がっているとも言われているんだ」

 そっちかよ!霊界て……^^;
 こういうバカには、はしゃいでプールに落ちる事に注意を促した方が良いのでは

プールの中に何かが横切る影を見たアコ。
ショウ君はビデオを回して追いかけようとするが、
驚いて尻餅をつき、メガネを落としてしまうアコ。

プールから飛出した影がユウマを引っ張り、
ユウマドボーン!(やっぱりね……)

アコ「メガネメガネ!」

 あの伝説のメガネメガネが最後にまた見られるとは……!!!
 感動したっ!

しかし手に当たって吹っ飛んだメガネはプールへ!
メガネポチャーン!
メガネを追いかけてプールに飛び込もうとするアコはショウ君がタックルして止めてました。

 アコのメガネへの情熱は北島マヤの演劇への情熱に勝るとも劣らないな。

メガネを求めてプールに突っ込んだアコの手をユウマが掴み、
ショウ君が引き上げて救出。
助け出されたユウマの頭にちょこんとアコのメガネが乗っているというレベルの高さ!イイネ!
そして、そのメガネをそっとアコに掛けてあげるレイコのかわいさ。
レイコ「メガネがないと無茶するのね」

 なぜか優しい感じのレイコイイネ!d(^^)
 しかしここからはツンツンモード突入。全力で霊を否定しまくります。

ユウマ「うえー気持ちわりー」
ショウ「体操着に着替えて来いよ」

 (いや、帰れよ……つーか体操着学校に置きっぱなしな物なのか?
  あと、ショウ君って男に対してだと言葉使いが違うよな……

驚いた事に、ユウマは体操着に着替えて探検続行。

 普通、真夜中一時過ぎにプールに落ちたら心が折れるが……
 季節判らないけど、皆長袖だからプール使ってないだろうし、真緑の水が入ってたんじゃないかなぁ。
 しかもショウ君のビデオには何も映っていなかったそうだ。体張ったのにw

レイコ「怖い怖いと思っているからなんでも幽霊に見えるのよ」

次は音楽室に行き、
「ベートーベンの肖像画の目が光る」と「夜中に誰かがピアノを弾く」を確かめる。
レイコがバーンとピアノを鳴らしてびっくりさせる以外は何も起こらない。
(しかし皆が居なくなった後に肖像画の目が動き、赤く光る)

次に理科室に行き、人体模型を見る。(心臓がない。持ち出されたようだ)
その場を去ろうとするが、心臓の鼓動が聞こえ、アコとユウマが振り返ると、
先程まで目を閉じていたはずの人体模型の目が開いていて、ぐるりとこちらを向く。
 

先を行くショウ君とレイコを追い抜きつつ逃げるお似合いの二人、図工室に逃げ込む四人。

 話を聞いて見に行こうとするショウ君に「よせ!」と必死でとめるユウマ(笑)

レイコと見た見ないの言い合いをしていると、そこにあった柱時計が鳴り出します。
「満月の夜2時22分22秒に図工室の柱時計を見ると死んだ人に会える」とか。

 「それで鳴り出したのか!」ってどんな理論だよ。

結局何も現われず、ムキになって否定するレイコにアコは
「なんでレイコは霊を信じないの?」
レイコ「居ないものは居ない、それだけの事じゃない」
ショウ「強く否定する人ほど信じていたりして」
レイコ「そんなわけないじゃない!」

レイコには、何か強い意志があるようです。

今日はここまでにしよう」という事になり(また夜中に来る気か!)
廊下を歩いていると、前方からペタリ、ペタリ……

と、なぜかカエルが歩いてきます。
ショウ「紫のカエルは紫ババアの使い魔だ」
説明していると、カエルがいきなり変形し、飛びかかってきて、手の形になり懐中電灯を奪われてしまいます。

 初めてショウ君のびっくりした声聞いたかも。
 アークザラットのアークの声!

ここでギャグスイッチが入ってしまったようで、外を飛んでくるお化けのかたまり(ギャルソンと絡む死神とか二宮金次郎ら)
大量の手と、全力疾走してくる人体模型

壁に激突して気絶したユウマを担ぎ、再び時計の部屋に逃げ込んだ一行。

今度こそレイコも見たよね?!と問うアコに「私が見たのは手袋だけよ!」
 外では人体模型が扉を叩いているようですが……

実は柱時計が進んでいて、まだ2時22分ではなかった事が(気絶している)ユウマの防水デジタル時計から判明。
本当の2時22分22秒になると同時に落下?して瞬間移動?怪談レストランの前に。

 ちなみに怪談レストランに行った時にはユウマの存在自体がなくなっています。
 本当にただ単に怖がり要員・プール落ち要員だったんだな……
 こいつ、ユウマじゃなくて当て馬じゃん……(笑)

ギャルソン(人間型)
「怪談レストランへようこそ 私、支配人の闇のギャルソンです」
「心に闇を持ったお客様をおもてなしするよう申し付けられております」

今までの人体模型やらはこいつらの仕業だった事もカミングアウト。
そしてレイコの手を取る。

 そうです。ここからは、完全にレイコが主役!!
 
 (失礼だけど、やっぱりギャルソンの人間姿気持ち悪い。濃い化粧と下がり眉がきもい、肌白すぎ。髪薄い。

「お連れの方もご一緒にどうぞ」と、ここに来てショウとアコが完全に脇役へ。

前菜は「懐かしい記憶を呼び起こす特製スープ」

レイコには兄が居たが、三年前に死んでしまったという。
 (レイコ達今いくつだろ??小5くらいかと思ってたけど、もしかして小3~4くらい?

回想シーン
おばあちゃんの住む海辺の町へ遊びに行ったときのこと……

浜辺に座るちょっと幼いレイコ(超かわいい!!頬に色が付いてる)に兄が、
「泳ぎに行ってくるからメガネを預かってて」とメガネを渡し、海の方へ。

レイコが浜辺で眠ってしまっていると、両親が来て、兄の行方がわからないと告げられ、辺りが騒がしくなっている。

母「なんでちゃんと見ててくれてなかったの?!」

 (オメーらが見とけよ!!!多分、全国の視聴者が突っ込んだ瞬間。
  なぜ兄の面倒見るのを妹に託したのだ……
  関係ないけど、レイコの父さんダンディーでカッコイイ。声もカッコイイ(小杉十朗太)

それ以来、レイコと母親の間には亀裂が入り、冒頭のシーンのように会話もなかった様子。
小学校の前で手を繋ごうとする母親の手を払いのけたりする描写も。

兄が亡くなってから、死んだ人に会えると言われている場所にも足を運んだが、
兄には会えなかった。それゆえ一切霊を信じないようになったのだという。

実は兄も小説家志望だったと言い、
今までアコに突っかかっていたのは、アコに兄の面影を見ていたという事が判明!
確かに顔も(メガネのフレームも)ちょっと似ています。
 (良く見たらちょっとどころじゃなくて、ほぼ男版アコだった。隠し子疑惑……はありません

そういえば、最初にアコたちが話してる時、「死んだ人に会える時計」のところに食い付いてたのか……こんな伏線があったとは……。

次にギャルソンが持ってきた「メインディッシュ」は電話。

(なんか砂漠みたいな所で)兄と電話が繋がり、兄は自分が死んだのはレイコのせいではない事、
母親はとっさにあんな事を言ってしまったが、本当はレイコのせいじゃないと判ってるから許してあげて欲しい、という事、
そして最後に、これからは家族で仲良くして、短い間だったが幸せだったと両親に伝えて欲しい、と残し電話は終了。

 (本当はレイコのせいじゃないんじゃなくて、そもそもレイコのせいじゃないだろう……
 レイコが自分を責めるのはわかるが、見てもいなかった親に責められた事かよなぁ

アコとショウ君もその姿を少し離れて見ていますが、
後ろを見ると、帽子を被った闇のギャルソンが……アコもエンディングの時のワンシーンがフラッシュバック。
ギャルソン、なぜか三頭身くらいで本当に気持ち悪い

そしていつの間にか学校へ戻ってきた一行。
ユウマが目を覚まし「なんだ夢か……」
ショウ「どこからが夢で、どこからが本当か、それは誰にもわからないさぁ」
アコ「ユウマ君がプールに落ちたのだけは本当ね」

紫のカエル「カエルが鳴くからカーエロ」

ユウマ「カエルが喋った!!?」

レイコ「バカね、ただの錯覚よ」

 そこには朗らかに笑うレイコの姿が!!

そして朝帰りへ……(朝の5時)

【応援ありがとうございました 次はあなたの街で『開店』するかも?】

だってさ……。

もっと長く続けて欲しかったなぁ……。
一回くらい、本気出して本当に怖い話放送してくれても良かったのによう……

お化けギャルソン「当店では出前はやっておりませんが、特別にあなたの家におじゃまするかもしれません」

レイコだけ届けて下さい!お願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

【怪談レストラン】6月1日の放送

怪談レストラン、次回最終回だそうですよ!
ああ~残念だ!最近のアニメはこれだから嫌だ!
一般的に怪談盛りになるはずの夏を前に終了って!
くそつまらん「ドラ【ピー】ん」とかは終わらせていいから、こっち続けて!

ところで、今回はオープニングのタイトルが出るとき、コンビニの入店音(ティロティロリロってやつ)が入ってました。
もしかしてSEは毎回違ってたのか……?
これは今までの放送ももう一度チェックしないと!ですね!

注目のDVDは7月23日発売予定!

「でも、お高いんでしょう?アニメって二話で5千円とかボってるイメージが……」
コチラ、通常でも4千円、しかも今アマゾンで注文していただくと、な、なんと!!
28%オフで2877円!!8話収録でのご提供でーす!
「まあ!8話も!!?」
1話の中で前菜・メイン・デザートの3話が楽しめるんですよ~
「えぇっ!じゃあ事実上は……えーと、ひーふーみー…………沢山入ってますねぇ!
「ひとつ頂こうかしら~」

実は、映像得点としてノンテロップエンディングも入っています!

「それはべつに……」

今アマゾン見たら、パッケージの絵柄が差し替えられていてレイコが居なくなった事に気が付いた。
前の、振り向きかげんのレイコ含む三人と手前におばけの絵柄はどこに……。(公式で見れるけど……)

長すぎる前置終わり。

前菜「もうひとりの先生」
(題字出るときの音怖すぎ)

教育実習でアコたちの学校にやってきた宇井留ケイコ先生。
名字がかなり気になる感じです。ウイルって……サガフロ?
先生「ケイコ先生って呼んでね!」
ケイコ先生って聞いたら、今度は電波少年を思い出す。

アコやクラスメイトが先生のドッペルゲンガーを目撃し、
教育実習最後の日に、急にどかどか近づいてきたドッペルと先生が出会ってしまい、
先生は倒れて救急車で運ばれて行き、
「その後、先生がどうなったかは私たちも知らない」
という釈然としないお話でした。

音とか演出がホラーっぽかったのは良かった
ドッペルケイコを目撃した時とかの音がいちいち大げさで良いね!
けど、作画崩壊は止まらない。
先生との別れを惜しむレイコが見られた。

メイン「コンビニの呪いグッズ」

アコとレイコとあの棒読みの女の子の三人で下校中、新しく出来たコンビニを発見。

 「知らなかった。ちょっと入ってみる?」

レイコ「コンビニなんてどこも同じよ」

 「そうだけど、一応チェックしてみよ!」

レイコ「一緒に行ってあげるわよ!!」(あわててるw)

どんな時もレイコはレイコだなぁ。

コンビニの一角に「おもしろグッズ」コーナーがあり、
パーティーグッズ(鼻メガネとか)、変装グッズ、おばけグッズ(おばけギャルソンのパッケージ)などが売っている。
 レイコは「占いグッズは和・洋・中の三種類あるけど……どれもチープなのよね」

おい、チープじゃなかったら買うんか!
アップで真剣に見てw
薄々気付いてたけど、レイコ占い好きだよなー。
髪の毛の回の最後のあの手はやっぱり……?

うわああああぁぁわわわ!

はいはい、本題です。
アコが、そこに一つだけある「呪いグッズ」を見つけると、
レイコ「えぇ!1000円?!誰が買うのかしら、バカバカしいっ」

本当に馬鹿馬鹿しいです。
レイコは金持ちだけどわきまえてます。
でも、馬鹿は身近にいるんですね~

コンビニを出て、レイコは帰り、アコも帰ろうとするが、棒読みの子(名前がわからない)が、何か思いつめた様子。
話を聞いてみると、
学校でテストを返された時に酷い点数(25点w)を、
覗き見された上に皆にばらされたという。

アコ「そうだよね!ちょっとひどいよね!」
(確かに25点はヒドイw

そんなことをする奴は、勿論アイツ!オレンジつなぎのユウマ君。
クラスで笑い者にされた事を恨んだ25点女は、
あいつに呪いをかけるべく、先程の「呪いグッズ」を買いに走る。

1000円もったいない!

呪い掛けてる暇あったら勉強しろよ……

そんなツッコミは届くはずもなく、
「一人じゃこわい」との理由でアコを誘い、
(本気で呪えるとは思ってないよ、と念押し)
25点の家でさっそく呪いグッズを開封。
中身は丑の刻参りセットでした(とてもチープ)
説明書でやりかたを見るが、ここで25点が「適当でいいよ」を連発。

 丑の刻→昼の2時でいいよ。
 神社かお寺で→面倒臭いから部屋でいいよね。
 人に見られちゃ駄目→一人は怖いからアコ見てていいよ。

さすが25点を取るだけある。

アコはビビリまくる(真っ暗になった途端、何も無いのに悲鳴を上げて視聴者を驚かせる)が、
押入れの中で藁人形の腕の辺りに決めて釘を打ちつけて呪い終了。
いやぁ、ピンクだらけの部屋、怖かったですねぇえ!

次の日学校に行くと、ユウマ君はピンピンしています。
「全然効果なし」「コンビニだしね」「1000円だしw」
何となくホッとしてアコと二人笑い合う。

 遠くで喋ってるユウマの台詞「ちょ~ツンデレ~ww」
 (貴様、レイコの話をしてんのか!

しかし体育の時間、
ユウマ君が跳び箱で滑り、腕を打ってしまいます。
ちょうど釘を打った右手を痛がるユウマ君を見て「私のせいで!!」
「ユウマ!しっかりして!」と駆けつけ手をとる25点。

心配され、ちょっと良い雰囲気になるも、そこはガキのユウマ君の事、
照れて「近寄んなよ!」と25点を払いのけ、周囲には「絶対折れた~」など大げさに痛がり続けます。

確かにフラグは折れていた……。

始めは心配していた25点でしたが、その様子を見て目が釣りあがって行き……

舞台は25点の自宅へ移り、
おもむろに流れ始める三話目(デザートの時の百物語)のBGM。
まさかの、繋がってる三話目!
語り部はもちろん25点。

「これは、私たちの学校でこれから起きる話よ」

「跳び箱で怪我をした男の子が、次々に体のあちこちを怪我をしてしまうの」
「今度は、足にする?」

フゥッ
いつもの百物語の時のように、ろうそくを吹き消し、
暗転した所で「これ、やってみたかったのよね♪」

25点=スイーツ脳
オレンジ=ばか

ヒューヒュー、おまえらお似合いだぜ!

最後、おばけギャルソンが市松人形に呪われてるの笑った。
藁人形じゃなくて、おばけギャルソンの小さい奴に釘刺されてるだけでもウケたけど、
うぐぐ……と倒れて番組終了、と思いきや
倒れた画面下からにゅーっと出てきて平然と映画の宣伝を始めやがった。
これは偶然だったのか?

どっちにしろもう死んでるし、呪いなんて関係なかったな。

次週最終回!!!!!

映画関連でこんなのありました
「新しいギャルソン大募集」自分オリジナルのおばけが映画に出るかも!
http://www.toei-anim.co.jp/movie/2010_kaidan_restaurant/sp2/special2.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

【怪談レストラン】5月25日

「怪談レストラン」のタイトルのロゴがでる時に
「うぅ~」っていう声のSEが……前から入ってたっけ?

前菜「うで」

アコの通う学校には校舎が二つある。
主に使われているのは南校舎で、
北校舎は子供の数が少なくなった現在は殆ど使われていない。

ある日先生に頼まれて、一人北校舎に行ったアコ。

普段から不気味な感じがしていた、という二階の廊下で
何者かに手を掴まれて振り返るが、そこには何も居ない。
怯えたアコはショウ君に話す。

するとうしろから
「そんな感じがしただけでしょう?」

誰?と思ったらレイコっぽい髪型と服装の女の子が。
声は完全にレイコなんですけど……。
作画がんばれ!

「普段から幽霊とかお化けとか、普段からそんな事ばっかり考えてるからよ」

顔以外はいつも通りで、まったく信じないレイコ。

ふと、アコが掴まれた手首を見ると、そこにはアザが……。
「なにこれ……アザが!」
「…… 変な事言わないでよ、ほかの時についたアザじゃないの?」

一瞬ビビった顔をしたのは見逃せませんね。

「嘘つかないでよ」
「嘘じゃない!」といつもの軽い口論。

ショウ君がビデオを持ち「嘘か本当か、今から行って確かめてみよう」
ビデオ、いつも持ってるのか……。
ていうか何の時間なんだろう。昼休み?授業ないの?

「やっぱりやめようよ……」と乗り気でないアコにショウ君は

「嫌なら帰っていいよ。無理に付き合う必要はない」

うっわ!サイテー!この台詞はちょっと株が下がるんじゃないか?
あと、レイコをソロ撮影すんなよテメーは!

「私は平気よ!そんなの信じてないから!」と得意げなレイコ。
レイコとショウ君がスタスタ歩き出すので結局ついていくアコだったが、
廊下に居ても何も起きず、「霊現象は待ち構えていると起きにくい」らしいので帰る事に。

結局ショウ君がレイコの撮影をしただけで終わりかと思ったその時……

引き返すレイコの背後に手が伸びて来て、

ガシッ!!

レイコはビクッとして振り返るが、振り返っても誰も居ない。

一呼吸置いてから、校舎中に響き渡る悲鳴を上げる。

アコよりビビリじゃないかっ!
最近のレイコは一話に一回悲鳴上げてるんじゃないか?
これでまだ心霊否定派なんだから凄い。

後日、「レイコは黙っていたはずなのに」北校舎の噂が広まり、
手首を掴まれた、引っ張られた、引きずられた、とエスカレートしていった。
雑誌(日刊?ヌーw) の心霊写真コンテスト、賞金10万円を見たクラスの男の子二人(不良っぽいあいつら)が北校舎に撮影に行く計画を立てる。

ショウ君が、
「やめておいたほうがいい」

この学校は昔お城で、北校舎のあたりには牢屋があったと説き、
牢屋に閉じ込められたまま死んだ人の霊が何かにすがろうと手を伸ばしている

学校が昔お城だったっていうのは前にもでてきましたね。
べんつぼ姫さまの話で……。
まぁ、たとえ何があったとしても因縁を付けるんだろうけど。

「面白半分であの場所に行かない方が良い」

お前がいうな!ビデオ撮影までしていたくせに……。

説得力ゼロの講釈に、もちろん「おまえらが写真撮って送るつもりなんだろう」と聞く耳をもちません。子分はビビっていましたが。

「ったく、世話が焼けるなぁ」じゃねーよ!
ヤロー相手だとやけに性格がきついショウ君。

放課後、忠告を聞かずに北校舎の廊下に来たら、さっそく腕に引っ張られ
壁に飲み込まれそうなオレンジの奴!(子分は逃げました)

間一髪、アコとショウ君が助けに来て
アコナレーション「それ以来、北校舎には誰も近寄らなくなったの」

終わりかと思いきや続きます。
「最初に撮ったビデオ(レイコのPV)憶えてる?」

アコ「なにも映ってなかったんでしょ?」

妙なノイズがあり、そこを静止画にしたものを印刷してきたというショウ君。

事件から少し時間が経ってるだろうにビデオ見たのか。
ったく何に使ったんだか……。

……とにかく、その写真には無数の腕が。

「それ、雑誌に送るの?」とアコが問うと、

「いや、やめておくよ」

「今も、あの手が見張っているから……」
(教室の掲示板から腕が出ている)

うでにも憑かれたのか……。
それにしても今回のショウ君はキツネ憑きの様な顔をしていましたね。

悲鳴以降レイコが出て来なかったけど、どうやって悲鳴のいいわけをしたのか気になる。

―――

メイン「あらしの夜」

狼とヤギが……っていうのは「あらしのよるに」
あの絵本、まさか記憶喪失とかのネタまで盛り込むとは思っていませんでした。

家族旅行の車内、わがままでゴネるブンタに、お父さんが怖い話しを聞かせる所から劇中劇がスタート。

夜中に電話があり、峠の向こうの村で事件があり、大勢負傷者が出たという知らせが。
嵐の中、車に乗って医者の男と娘が往診に行く。

村の人達は獣の爪で切り裂かれたような傷を負っていたが、
怪我を負ったのはなぜか大人ばかりで、子供は無傷だった。
皆一様に怯えていて、話が聞ける状態ではなく、
犯人も捕まっていないとの事。

手当てを終え、車で峠道を走っていると老婆が立っているのを見つける。
話を聞くと、道に迷ったと言うので車に乗せて再び進む。

車内でおばあさんに話しかける父、事件の話題に

「まったく、物騒な世の中だよ」

おばあさんがポツリと「犯人にも事情があったんだろう」

医者は「理由があったとしてもあんな怪我をさせるのはいけないよ……」

と、後部座席に座っていた娘が老婆の手に獣の様な爪があることに気がつく。
娘を睨む老婆の目が光り、手を掴まれる。

「あの村は酷い人間ばかりなんだよ」

旅をしていた老婆と孫が何日か前に村を訪れた。、
子供が病気になってしまい、助けを求めたが
病気がうつるのを恐れた村人達に追い払われる

ついに子供は息を引き取り、そのまま老婆も亡くなってしまった。

あまりの口惜しさに魂は成仏できなかった……

「だから殺ったのさ!!」

「おまえも切り裂いてやる!」
親子は車から逃げ出すが、
パンチの衝撃波(?)で2㍍くらい吹っ飛ばされるオヤジ。

娘が泣きながら父を守ろうとするのを見て、孫の姿を思い出した老婆は攻撃をやめ、消える。

この話……

アコ、最後のほうになるにつれて髪が伸びてますね。(関係なさすぎ)
雨のせいかな。ははは……しかし、むしろ下がり眉が可愛く見えた!
巨人の星の明子ねえちゃんみたいな服だったが。

で、「これがその峠なんだよ」

アコ一家の車に戻り、ブンタをビビらせてご満悦だったが、

道の脇に老婆が……。

固まるアコ一家。

車が老婆に近づく。

固まるアコ一家。

通り過ぎる老婆の目が緑に光り……

固まるアコ一家。

遠ざかって終わり。

オチ、なんやねん(笑)
最後、アコの固まった顔がギャグ。
しかも三回繰り替えしたせいでさらにギャグっぽくなってる。

次週も二話構成のようです。
デザートもださねえのか!このレストランは!


【おまけ】

雑誌ヌーの心霊写真コンテストの隣のページ。
Photo
恐怖!写真に写ってしまったのは……ティッシュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

【怪談レストラン】5/11の放送

今回は大サービス!画像もあるよ!

ひとつめの話は「予言テレビの怪」
アコが商店街の福引でテレビを当て、家に帰ると、
いきなり家の前に剥き出しのテレビが置いてあり、夜そのテレビに未来の映像が映る。
死にかけた挙句に宇宙人みたいな奴がテレビから出てきて、この世界にあってはいけないものが紛れ込んでしまった、とテレビを回収して一家の記憶を消すという貞子風SFスペクタクルでした!

MIBさながら?宇宙人のような三人組がなぜか包丁や金槌のシルエットの物を手に持っていて、それを振り上げて記憶を消す……。
アコ一家はテレビに関する記憶を消されているけど、アコが話して共に死にかけたレイコやショウ君の記憶は消えてないんじゃ……?

でも、お話は記憶を消された後、本物の福引で当てたテレビが届いて終わり。

アコは以前にも福引を当てて旅行に行って死にかけていましたね。
運が良いのか悪いのか……
「次は海外旅行でも当てちゃおうかな♪」←フラグ?

アコがテレビをザッピングした時に、やってる番組が「おいしーい」「うまい!」「おいしそうです~」みたいな食い物バラエティばかり。
全チャンネルテレ朝の番組かよ!悪意を感じる……!?

ともあれ、アコがレイコを押し倒すという見所があった事をここに記そう。

次のお話はアコが見た夢から始まります。
「悪夢の続き」
病院でゾンビのような霊に追いかけられる悪夢を見たアコ。
目が覚めると、夢で怪我をした手に傷が……
かなり怯えているアコは学校でレイコとショウ君(イケメンポーズ全開)に相談する。

 レイコ「ばっかばかしぃ!寝ぼけてベッドから落ちたんじゃないの?」
 ショウ君「夢にまつわる不思議な話は沢山ある。僕が調べてみるよ フッ(キラーン)」

その日の夜、ショウ君がアコの夢の続きを見て怪我、腕に三角巾をして登校してくる。
仕事の速いショウ君は「悪夢の研究書」などというハードカバー本を持ってきていました。

 ショウ君「問題なのは、僕の続きの夢を見る人だ
 アコ「まだ続くの?!」
 シ「あの夢はまだ終わってないからね……」
 ア「そんな?ショウ君よりひどい怪我をしたら、次の人は死んじゃうかも!?」

明らかに次はレイコなのに、本人の目の前で脅しまくります。 
会話する二人の真ん中、画面奥でものすごーく不安げにしているレイコ(*´Д`)最高!

二人が同時にレイコを見ると
「ちょ、なによ!次は私だとでもいうの?」
「そんな事あるわけないでしょ!」

Photo
変な顔キターーー!わざわざ動画探して撮ってきてしまいました!

「ぼくも、まさかとは思っていた、だけど……」
夢を止める方法はショウ君にもまだ解らないという。

そんなビビリの境地に立たされたレイコが取った行動は、

寝 な い !!
やっぱこれだね~♪

眠らない=夢が怖い=夢の続きを見ると完全に信じてる

普段あれだけ馬鹿にしている非科学現象を全力で肯定しています。
心配なんてしてもらわなくても結構よ、とか言いながら目の下に隈がクッキリ。

授業中「絶対に眠らない、絶対に眠らない」と心の声でつぶやきながら小刻みに震えるレイコ。(*´Д`)イイネ!
ところが、立ち上がったとたんに倒れ保険室に運ばれる。

夢の中
「ここは……死神病院?まさか私、眠ってしまったの?」
「大丈夫よ、これは夢、ただの夢なんだから!!」
またちょっと変な顔w
なぜかこのフッて顔を見て「ぼのぼの」に出てくるシマリス君のおねえちゃんを思い出した。
Photo_2
に、似てる!!
字汚すぎだったw

だが振り返ると、既に真後ろにゾンビが!
「キャーー」

現実でもうなされ始めると、
夢の場所は死神病院だ!と(なぜか知らんが)気付いたショウ君はアコと現実の死神病院へと急ぐ。

レイコは夢の中で屋上に追い詰められたが、現実世界の屋上でショウ君が投げた
ドリームキャッチャー(ヒモと羽根で出来たお守り)で悪夢を捕らえて 助かる。

無事に目が覚めたレイコの手には、ドリームキャッチャーの羽根が一枚握られていた。

 アコ「ありがとうショウ君!レイコを助けてくれて!」

 レイコ「!」馬鹿馬鹿しい!ただの夢に大騒ぎして!

(ただの夢に怯えて徹夜した挙句に倒れた人もいるらしいよ!)

もう大丈夫だよね?というアコの問いにショウ君は、
 「分からない……ドリームキャッチャーは消えてしまったからね」
 アコ「まだ夢は続くの?!いったい誰が……」

 「この街の誰かかもしれないし、別の誰かかもしれない」

次にこの夢を見るのは、テレビの前のアナタかもしれない!とでも言いたげなイケメンアップで終了。

これに出てきた死神病院って、第五話「死神キラー」でブンタが死神会議を見て、院長が死んだあの死神病院ですかねぇ?
看板も出ていなかったところを見ると、院長が死んで廃病院と化したのでしょうか。
もしかして追いかけてきた悪霊だかゾンビだかは死の宣告院長か!?

まさかDVDを買って確認させる為に伏線を張っていたんじゃあ……。

今回も最近レイコが活躍(?)していて嬉しいですが、
なぜかレイコ回は作画崩壊率が高い気がする。
一話目はそんなに崩れてなかったんだけどなぁ。
なんか、顔が丸いんだよ!

今回は二話のみで、次回(一週休みで25日)も予告では二話構成。
EDも完全になくなったし、なんとなく寂しい感じです。

おばけギャルソン、わざわざ顔出し看板を準備しても、
「さよなら、さよなら、さよなら」なんてネタ(?)は子供に通じないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

【怪談レストラン】つづき

【怪談レストラン】
昨日の記事からの続き。
メイン~デザートです。

二話目
「悪魔の窓」

図書館でショウ君がアコとレイコに話を聞かせる所から、
3人主演の物語に入ります。

邪悪な呪文の書いてある本を所有していた司祭の話。

司祭は本を鍵のついた引き出しに隠していたが、
ある日部屋に鍵を落とした事に気付かず散歩に出かけてしまう。

司祭の留守中に弟子(アコとレイコ)部屋を掃除していた。
鍵を見付けた2人が好奇心から本を読み、呪文を声に出して読んでしまう。

マクラとかエビ、みたいな呪文を唱えた途端、
ガーゴイル的な悪魔が大量に呼び出されてしまいました。
(のんきに散歩中だった司祭もいそいで駆け付ける)

悪魔は、何か“悪い事”を命令しないと帰らないらしい。
悪魔→(ΦДΦ)<ご命令を!悪魔にふさわしいひどい事を!人を苦しめる悪い事を!

考えた司祭は、自分の紙タバコを盗むよう命令。

悪魔達は紙タバコを盗み帰って行くが、
残り二匹の所で紙タバコが無くなってしまう。

とっさに教会の窓を盗むように命令
それ以来、司祭の命令を健気に守る悪魔が何度直しても窓を盗んでしまうので、今も片方の窓がないんだって。

健気→(ΦДΦ)つ田←窓 かwわwいwいw

以上、迷惑司祭のお話でした。

この呪文、悪魔に悪い事させてもリスクなしですかね?

さて、今日から練習だ!
\( ^Д^)/<マクラーリララクマーラヤエビルンスト!!!!

「その後司祭と弟子がどうなったかは伝えられてない」
との事なので、実際は何かあるのかも知れません。
魂喰われるとか、地獄におちるとか?

/(;^Д^)\……

三話目
「泣きつり鐘」

貴重な、レイコ語り部の回!
おばけギャルソン曰く、親子の絆を感じる話らしい。

あるお寺で、新しく釣鐘を造ることになり、職人が呼ばれ、
何日も銅や鉛を煮て青銅を作る作業に入った。

ある日、村の子供が行方不明になり、
村人達も辺り探すが、ついに帰ってこなかった。

釣鐘が完成し音色に聞き惚れる村人達。
しかし、行方不明になった子供の母親が耳を澄ますと、

 鐘の音の中に息子の声が……

子供は、煮えた釜の中に落ちてしまっていたのだ。

その後も、お母さんだけには鐘の音にまじって子供の声が聞こえたという。

 ま さ か の グ ロ

グラグラ煮えた釜の中にぃいい!!!
ひいいいぎゃああぁうあぁぁあ!!
(もちろんそんなにグロい表現はありませんでしたが)
地獄の話より地獄ですよ……。
でも、親子の絆はどの辺で感じれば良いの?

ちょっと「まんが日本昔ばなし」風の怖い話。良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

5月4日【怪談レストラン】

【怪談レストラン】

今日は死んだ時に役に立つお話。
閻魔「ちゃんと見ていないと、あの世にいった時迷子になっちゃうゾ☆」
おばけギャルソン「なっちゃうゾ☆」

お前はあの世にすら行けてないけどな!!

上記のオープニングの所では巨大閻魔様が出てきました。何気にスティッチと連動してる?
(スティッチは小さくなったりするネタで、最後は変な生き物が巨大化してた。+声優も)

本日の怪談レストランは三話ともにアコ、ショウ君、レイコの三人組がメイン。
個人的に見所いっぱいでした。
レイコを中心にお伝えする事にしましょう。

一話目は地獄の話。
「あの世のご案内」

神社の縁日を見に来たアコとショウ君……とレイコ。

 「わざわざ神社のおまつりを見に来るなんてあなた達も子供ねぇ」

 ショウ君「そう思うんなら来なければいいのに」

 アコ「そうだよ!さそったわけでもないのに、いっつもついて来るんだから」
 レイコ「あなたたち2人じゃ心もとないから、私が一緒に行ってあげるんじゃない」

デートにくっついてくる、完全におじゃま虫のレイコ。
アコとショウ君も眉をひそめて結構ひどい事を言いますが、
さすがレイコ。まっったく動じません。
むしろ余裕の笑み。( ̄ー ̄)フッ
なにがそこまでレイコを駆り立てるのだろうか……。

神社に近づくと、辺りに霧が立ち込め、あやしい雰囲気が漂う。
(あやしいっつーか通路にも出店にも誰もいない)
冥土の旅の御案内という見世物小屋を見つけ、
鬼のお面を付けた3人の男達に地獄を案内される事に。

 レイコ「フン、ただの子供騙しよ!」
数分後本物の三途の川に場面転換→「このアトラクション、結構良くできてるのね」
三途の川、賽の河原などを見る3人。

ここでは、服を脱いで罪の重さを量ると言っていたのに脱衣なし!なんと!

 レイコ「私みたいにひとつの罪もない場合はどうなるのかしら?」
 鬼「バカヤロー!罪がない奴なんているもんか!」

山を登り始め、疲れた一行。

 レイコ「ばかばかしい!もうやめましょ」

鬼「何が何でも越えていただきます」

 レイコ「嫌よ!」
 
直後、鬼に無駄口を叩くな!と怒鳴られ頭を抱えるレイコ。
登りきった後、全然楽しくなかったわよ!怒るレイコの手足バタバタな動きは必見。
位置的にショウ君を殴ってるように見えて尚面白い。

次は巨大天秤で罪の重さを量る。

 レイコ「レディの体重を人前で量れっていうの?」(なぜかマヌケな音楽がかかり始める)
レイコの両親はお寺にたっぷり寄付をしているそうです。
「おまえだ!」って話の時にレイコの家が出てきましたが、
すごい豪邸だったし(洋風だったけど)本当に金持ちなんだな……。

アコもレイコも罪は重いと判断されていました。
ショウ君はスルーされたのかまったく触れられませんでした。
皆を危険に巻き込む罪に問われろよ!
見世物小屋にも真っ先に「入ろう」と言ったせいでこんな事になってるんだし。

色々あって、鬼に襲われそうになりつつも最初の小屋に戻ってきた3人。
三周忌は、モニター(笑)で自分の葬式を見る、といって出てきたのはアコの葬式風景。
遺影のアコは制服っぽい感じのブレザー姿でした。

やっと案内が終わり、もどってきた途端に
またしても「ばかばかしい!死後の世界なんてあるわけないでしょ」とレイコ。
そこでショウ君が
「そうだね……ないかもしれない。
でも、あるかもしれない。それは、死んでみないとわからないよ(キリッ」

と、カメラ目線で締めました。

長めの一話でしたが、かなり駆け足気味でした。

で、これは結局何だったんすか?

鬼たちがでかい声を出して、レイコを度々ビビらせているのが面白かったです。

ところで、見世物小屋とか、今時の子供は知っているんでしょうか。
アコは「冥土」が読めないくせに「見世物小屋」を知っていたようです。

他の2話も明日まとめる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

4月27日の怪談レストラン

怪談レストランでのレイコへの注目度が上昇しすぎて困る。

「憑き物」

連日放課後に占い(こっくりさん的な)をするアコと友人の2人。
 
占いをしている所を獣の霊のかたまりが覗いている、という夢を見るようになり、
あまり乗り気ではないアコだったが、ショウ君とレイコも加わる事になり、
その日も放課後の教室で占いをする。
こっくりさん的な占いだが、専用の紙の上に半円の水晶のような石に手をかざしお告げをもらう、というもの。
(紙、石ともに誰が手に入れたのかは不明。最初にやってたアコ友か?いったいどんなルートで……)

ショウ君いわく、何かに(なんだよ?)書いてあったけど中世ヨーロッパからあるそうです。
「危険だからこっそり行われていたみたいだけどね。呼び出すのは動物の低級霊だよ」
(そこまで知ってんならやるなよ……)

「こっくりさん」では、やっている間コインから指を離してはいけないように、
この“占い”では、途中で席を立ってはいけないそうです。
なにが起こるかわからないんだから!と忠告するアコ友(名前しらん、横ポニーテール?のよく見る子)

「私に全てをおしえてくれるかた、どうぞいらしてください」
「いらしてくださいましたら合図をください」

手に触れないのに動き出すガラス球!

レイコ「うそ?!なんで触ってないのに動くの?!

キター!タレ眉!
レイコがびびってるー!
ランランルー!(意味不明)

……コホン、続き書きます。

アコが夢で見た獣の霊の事を質問すると、紙の上を石がすべり
文字が浮き出してきます。
「わたしたち」
そして、どうして教室を覗いているんですか?の質問に
「おまえらを くうため」

驚いたアコ友が席を立ってしまい、
その子の目がつり上がり「おまえらくう!!!」

アコは以前の(一回目の放送キキーモラ人形時の)事を思いだし、リコーダーで霊を吸い出そうとしますが、
憑依された友人になぎ払われてしまいます。
そこでショウ君「肩を強く叩くと除霊できる事があるんだ!」
アコが肩を叩き、口から黒い獣の霊を吐きだし正気を取り戻します。
が、空中に飛び出た獣の霊が今度はアコの口の中に飛び込んでしまいます。(きもい)

アコ「おまえら くう!!!」

ショウ君が思考を巡らして憑依アコを誘導、
お清めの水とか言って滝並に勢いのある水道の水を浴びせかけて霊を退治したのでした。
廊下をびしょ濡れにし、先生に怒られるオチ。

水道の水に勢いありすぎで、いつか死人が出るんじゃなかろうか……。

“占い”は、こっくりさんをそのままで放送するとマネをする人が多そうだから
専用の石がないとできない仕様にしたんでしょうかね?

注目すべきは危険な事を知ってて参加し、除霊などをテキパキ指示するショウ君、
おまえは放火する消防士か?何だかあやしいぞ!このイケメンめ!
 


突然ですが、お楽しみ今日のレイコ
 
ショウ君が占いに参加すると聞いて喜ぶアコ友に……
「うるさいわねぇ……クラス委員として言わせてもらうけど、今はそうじの時間よ」
「それともう一つ」
「私は占いなんてこれっぽっちも信じてないけど、参加してあげてもいいわ!

ショウ君(と視聴者)やっぱりそうきたか

アコ「だれも頼んでないんですけど……」
レイコ「何か言った?(怒)」

アコ「いえ、ぜひ参加して下さい」

レイコ「フン、しょうがないわね~」

憑依された子から逃げる際には
どうしたらいいの?などと怯える姿も。イイねイイね!

次の話は「生まれ変わり」アコの弟のブン太が前世の記憶を思い出し、
前世の故郷に行くというもの。
食べる物が無く、6歳で亡くなったという前世のブンタ。
前世の両親が幽霊になって残っているというおそろしい感動の結末。

お腹いっぱい食べられる事を感謝する、という教訓めいた終わりでした。
同じ時間帯でやってる黄金伝説とかの制作スタッフに見せてあげれば良いと思うよ。
関係ないけどアコの家の朝ごはんは、ご飯、味噌汁、カマボコ、卵焼き。メインのおかずが卵焼きかぁ~。

江戸時代に話題になった話だと、
盛大に味噌汁から飛出したおばけギャルソンが言ってました。

最後の「子育て幽霊」では、子供を産んですぐ亡くなった母親(アコ)が、
毎晩子供の世話をするというもの。(ちなみに旦那はショウ君、子はブンタ)

息子の為にと父親が再婚すると、新しい母親(レイコw)にガミガミと叱られる子供。
「おかあさんが生きてたらなぁ……」とつぶやく子供をひっぱたく継母(レイコww)
次の瞬間、目に見えない存在に頬を叩かれ「私の子供をいじめないで!」の声が……。
それ以降は継母も、子供につらくあたらなくなりましたとさ。

今回は作画も良かったし、見所もたっぷりでしたね!(レイコ的な意味で)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

アニメ怪談レストランが帰ってきた!

特番でほぼ一ヶ月放送のなかった怪談レストランがついに帰ってきました!
いきなりミサイルをぶっ放すメカ二宮金次郎像が出てきたりして、
帰ってきたと思った途端にさっそく置いてきぼり……。

それはさておき第一話

「好きな人の髪の毛を……」

学校の教室で女の子3人と喋るアコ。
「絶対にきく」というおまじないの話題に。
なんでも、好きな人の髪の毛を一本抜いて和紙などに包み、「私の事を好きになって」と念じると恋が叶うとか。

やってみよう!と盛り上がる女子達、
タイミングよく登場のレイコ「そんなもの信じるなんて暇ね」
(立ち聞きしてるあんたもよっぽど暇だよ)

アコは「皆、好きな人とか居るの……?」と少し驚いてましたが、
家に帰ると母親の鏡台に向かい「髪の毛一本抜くのって難しい」と意外にやる気満々?
一番難易度が高いのはアコ自身の髪の毛でしょう。うどんみたいにかたまってるし。

ところでアコの狙いはやっぱりショウ君でしょうか。
どちらかといえば不良君の方がお似合いな気がするけど。

そして、うどんみたいな髪の毛を櫛でとかしたりしていると、
引き出しの中に封筒のようなものが入っているのに気が付きます。

開けてみるとそこには縮れた毛が!!
しかしよく見ると長さから髪の毛のようです。びっくりした~

その日はちょうど両親の結婚記念日だったらしく、
母親が気合を入れてごちそうの準備をしています。
そこに父から電話が入り、仕事で遅くなるので飯はいらない、と。
どうやら結婚記念日をすっかり忘れているようです。

母は「そう」と言って、
部屋に行き、ひとりちぢれ毛……いや、髪の毛入りの和紙を抱きしめます。
そしてまた台所に戻ってきた所で再び父から電話が入り、
結婚記念日だった事を思い出したのですぐに帰る、とのこと。

アコが母親に伝えると、母はにっこり。
食事の後で父と母はどちらが先に好きになったのか尋ねると、
母が父を先に好きになり、父は“他に好きな(交際していた)人が居たにも関わらず”母を好きになって結婚に至ったそうな。
(おまじないすげーっていうか黒魔術みたいで怖い。おやじいまだに操られてるのか……)
父「母さんと結婚して良かったと思ってる。他の人生なんて考えられない!」
(だめだ……完全にやられてる)

次の日、学校でおまじないの話をしていた子達がまた集まっていて、
その中の一人(アコじゃない子)が
「私の両親もこのおまじないで結婚したって言ってた」と言い、
ダメでもともと、私もやってみるわ!などと一同大盛り上がり。

最後に、桜の木の下に座るショウ君が映り、その背中にそっと忍び寄る手。
こっそり毛を抜こうと思っているようですが、ショウ君が振り返り「やあ」と言ってこのお話は終了。

最後、忍び寄った「手」が誰だったのかわからないんですねー。良い演出です。
普通に見ればアコかと思うんですが、教室で「私の両親も~」の話をしている際、
まったく話に入らないのに、ちょっと離れた席に座っているレイコが映っていたのが少し気になります。
絶対話を聞いてますよ、ってか聞いてない訳がない!
前にも未来の結婚相手が見えるおまじないを試してたし……さてはレイコ……!!!

まあ、ショウ君はもてそうだし、だめでもともと!とか言ってた子かも知れませんが……。
あの意味深なカメラワーク……。ううむ。

今回の話で一番怖かったポイントは、ダントツで母親。
二階の部屋に無言で上がっていく母親は子供心にハラハラするだろうが……
おまじない後、父がすぐ帰ると連絡してきた時の素早い満面の笑顔がこわい!
お呪いによって生まれた子供だから、アコには霊が寄って来るのか……?

この人は水の精だったか何だかと付き合いがあったりして色々怪しい。要注意人物です。

 
あとの話はだいたい知ってるような内容だったので割愛。
無難に怖い話って感じでした。

二話目の「幽霊トンネル」で、先生達が友人を見捨てる所、
足を掴む手を見た3人が驚く演出が絶望先生の「絶望したっ!」手前みたいでちょっとウケた。
見捨てられた奴は本当に「絶望した」ことでしょう。

今日の放送では、なぜかEDの歌が無かったです。
歌とCM明けのおばけギャルソンの語りも、「この後は~」もなかったし……

もしかして歌変わるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

怪談レストラン「おまえだ」

3月9日の怪談レストラン

今日の怪談レストランはなんか絵が変だったような気がする。
キャラの目が小さいというか離れてるというか……。
うわさの作画崩壊というやつか、
それとも視聴者の不安感を煽り、恐怖を与える新しい手法でしょうか。

だがしかし!今回、内容的にはレイコファンの皆様は楽しめたのではないでしょうか。

「おまえだ」
アコとショウ君が“いかにも何かありそう”な図書館に探検に行く。
と、物陰に隠れていたレイコが急に「わーーー!」と飛び出し、アコを脅かす。
意外にびくっとさせられるひとこま。最近ビックリ系多いな……
「たまたま本借りにきたのよ」とレイコ。
(仲間に入れて欲しいならそう言えよ!レイコ必死だな!)

図書館に入ると、触れてもいないのに棚から一冊の本が落ちる。
ショウ君いわく「本には亡くなった作者の霊が宿る事があり、読んで欲しい人を引き寄せる」だそうだ。
「偶然よ!」「ばかばかしい!」などとベタに否定するレイコ。

落ちてきた本は占いの本で、
「丑三つ時に、水を張った洗面器を櫛を銜えて覗き込むと未来の結婚相手が見える」というおまじないが書かれていた。
(丑三つ時とは、午前二時~二時半、草木も眠るが私的にはゴールデンタイム)

面白そう!と喜ぶアコに対し、レイコは「こんなのが本当なら皆やってるわよ!」と、またも否定。

その日の夜……
午前二時、ふと目を覚ますレイコ。
なぜかあの占いの本が部屋に置いてあるが、
「間違えて鞄に入れてきちゃったのね」と、手癖の悪さを臭わせる。
窓が閉まっているのに風が吹いてきて例のページを勝手に開く(霊界からの)猛アピール!
ついに、自分でおまじないを試して嘘だということを証明する事に。

レイコの家の豪邸っぷりにもちょっと驚いた。
洗面台が二個並んでやんの。デパートの便所かい!
強がりつつも結構ビビッてるレイコが見所。
髪の毛を二つに結んでるのも良いね!
これで目が離れてなければ尚良かったのですが。

櫛をくわえ、水を張った洗面器を覗き込むが、何も起らず
呆れたその時、水面に影が……
驚いた弾みで、そこら辺に置いてあった鏡が割れ、洗面器の中に。
洗面器にじわじわと血が広がる。

「その出来事は、いつしか忘れていた」
「10年後、あの人に出会うまでは……」
 

!!!!!?
 

まさかの10年経過!
レイコ大人になってるw
しかも、お見合いするんだってww
まだ二十台前半だろうに……
(大人アコもちょっとだけ出てきました)

レイコの見合い相手は優しくて良い人そう。
ただ、ずっと大きなマスクをしていた……。

そして初デートの時

大人レイコ「マスクを外して、もっとよく顔をみせて」

男「いいけど……怖がらないかい?」
 「これ、風邪じゃないんだ。10年前からしてるんだ」

大人レイコ「10年……?」

マスクを外すと!!

な、
な、、
なんと!

鏡の破片が口の周りに刺さってるー!!

男(牙まで生えてきた)「お前にやられたんだーーーー!!!」

キャーーー!
ガバッ!→夢オチでしたー。

いや、もう色々言いたい事がありすぎて……。
まず、いきなり10年後って!最終回かとおもったわ。
来週からは疾風伝ですか?とか想像したっつーの!

それと、洗面器に写った影!もじゃもじゃ頭のシルエットだったのに、お見合いの人は普通の髪型!
予想では名探偵コナンの横溝刑事みたいなのが出てくるはずだったのに。

そして、本日の爆笑ポイントは、
破片刺さったまま10年間放置男!
傷があるものとばかり思って見ていたので、
マスクを外した瞬間、破片が刺さりっぱなしで死ぬほど笑った。
医者行けよw

まぁ、結局夢だったので、レイコ達は子供のままだし、
ガラスの破片が刺さったまま10年間放置する男も実在しませんよ!

次の日レイコは、怖い夢だった……夢でよかったわ、とつぶやきつつ学校へ。
もう気にしない!と明るく教室のドアを開けると、
クラスの皆がマスクをしている(なぜか男子しか居ない)
レイコの悲鳴が学校中に響き渡るのでした。
幽霊否定派のレイコのかわいい一面。
これで作画が(ry

そうそう、お見合い相手もクラスの子も、なぜかみんな立体マスクをしてました。
時代の流れを感じるな。。
この話自体も、昔はカミソリ銜えるんじゃなかったっけ?
色々なバージョンがあるのか、子供がマネすると危ないからか?
いや、
破片が刺さってた方が面白いから、か……?

| | コメント (0) | トラックバック (0)