映画・テレビ

2012年9月23日 (日)

キングオブコント2012

ああ……、キリンスマッシュから一年が経過したのか……。

キングオブコント2012を見ました。
ニワカお笑い好きなので毎年見てますが、
あの、MCや審査員の芸人のいたたまれない空気はなんなの……。

今年は、一つのネタを繰り返すネタがすごく多かった。
最初は面白くても、途中で飽きてしまうのがいくつもあった。
「銀シャリ」の奥さんを下さい!とか、あとひとひねりあれば良さそうだったのにもったいない。
銀行強盗のネタも、臭い!しかないのかと。
(関係ないけど銀シャリのツッコミの人、アメリカザリガニの柳原?に声がそっくりだ)
他にも「夜ふかしの会」のカラオケのネタとか、
「さらば青春の光」のイタトン!とか、子供殴る→痛いの飛んでけ何回やるんだ!
と思ったけど、点数が良かったからなー……。
ぼったくりバーのネタも、数えるのがいつまで続くのか不安になった。

今のお笑い芸人の間では繰り返しネタがブームなのかも?
ずっと一個の笑いを繰り返していて、なんだか
ショートコントを引き伸ばしたように感じてしまうんですけどね~。

今年の優勝は「バイきんぐ」でした。
直前に苦労人エピソードのVTRを流されると、ちょっとテンションが下がりますが
決勝のネタよりは、最初にやった教習所のネタの方が好き。
いしや~きいも~♪ってね! の部分が心に残ったw
個々の掛け合いは面白かったけど、つなぎの間が微妙に噛み合ってないような気がしました。
たまに素にもどりそうになってるみたいな?

自分が面白いと思ったのは「うしろシティ」の転校生ネタ
ギャグ漫画みたいなノリで面白かった!
目立ちたい転校生と、同じ日に来た転校生のやつ。
地図に載ってない島だから……とか、知らないもので知らないもの作らないで!とか。
ちょっと、うすた京介の漫画みたいな感じです。

「かもめんたる」のふたつ目の作文ネタも好き。
嘘を書いた事をなぜか“おつかれ”って言う先生が、
あーこれは良く出来てるけどお疲れしちゃったね~
とかいって、子供の作文の創作部分を指摘していく。
お前、中々のモンスターだな。って言うのw
あんな2ちゃんねらーみたいな先生嫌だw
メガネ屋の方は、面白さより狂気を感じた。
よく7時台にあんなサイコなネタを……角膜を剥がされた猿が山積みとかw

「しずる」の能力のやつも面白かったけど、繰り返しが多くて飽きた。
ふたつ目のびっくり先生は、コミカルな動きは面白かったけど、ちょっと地味だった。
コント番組の1コーナーにありそうなネタ。

「トップリード」はコンビニのネタが結構面白かったと思う。
コンビニ店員・強盗・警察の場面があって、全部繋がってて
同じキャラで進行するっていうのがゴチャゴチャしつつも面白かった。
途中ゴチャゴチャしすぎたのか、点数は伸びなかったんだっけ?
台詞の言い方とか、ちょっと変えればもっと面白くなりそうだ。
ふたつ目のひつじのネタは確かにあんまり……で、最終的に最下位だったけど……。

ただ、総じて大オチ?最後が弱い気がする。
最初の設定に凝って、終わりに向けて失速していくような。

最近のM-1グランプリ(終わったけど)やTHE MANZAIとかもそうですけど、
わりと面白いっていうのはあっても、大笑いするようなネタがないんですよね。
自分が年をとっただけかも知れませんが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

島田秀平の怪談奇談

ブログの更新をさぼっている間に、季節が夏へ変わりつつありますね。

夏といえば、怪談を楽しみたいところ。

最近テレ東のド深夜に手相芸人島田さんの「怪談奇談」という番組が始まりました。
本当にド深夜なので、うっかり寝てしまって2回程しかちゃんと見た事がないのですが、
島田秀平さんが心霊スポット的な場所で怪談を1人語りする番組です。

話自体は、どうもネットで見たことのある話を再構成しているだけ……といった感じでいまいち。
そしてなぜか嬉しそうな顔で怪談を語るので雰囲気的にもあまり怖くはなかった。
稲川さんよりは声が聞き取れるのでその点は良いと思いますけどね。
あと、番組が15分と短いのも飽きなくて良いと思います。

初回放送のトンネルの話

歩いて抜けると呪われるというトンネルに行った男女4人。
途中、怖くなったのか女の子がゴネて進まなくなったので、女の子のつきそいを1人残し、
2人だけで歩いて端まで行くことにする。
端まで行っても特に何事もなく、戻って女の子達と合流しようとしたら
待ってた奴らが悲鳴をあげて逃げる。
逃げた2人に追いつき、問い詰めると「2人で行ったのに帰ってきた時3人居た」と。
何者かがついて来てしまった!と、急いで全員車に乗り、麓のガソリンスタンドへ逃げ込む。
店員に状況を説明していると、車の窓に手形がびっしりと付いていた。
窓を拭いてもらうように頼み、飲み物を注文して待っていると
店員が来てひとつどうしても消えない手形があると言う。
拭いても取れない手形は車の内側についていたのだ。
そして、注文した飲み物は1人分多かった……

という、隅から隅までどこかで聞いたことのある話なのですが、

ちょっとウケたのは、ガソリンスタンドに行くくだりで

「これこれこうだったんです~(店員に心霊現象の説明)
とりあえず人数分の飲み物下さい!


一個多いんだろ!水が!

と、思わず叫んでしまう程のあからさまなフラグ!
憤りを通り越して、もはや一個多い水の登場へむけて胸が高鳴る。
ところが、流星の如く現われた店員の「どうしても手形が消えないんです」という新要素にさらわれる話題。
しかも「消えないんです」「拭いてください」「どうしても消えません」問答をしつこく繰り返し、
なに?まさか内側手形がオチなの?一個多い水の出番は!?と視聴者を不安にさせた所で
畳み掛けるように消えない手形は内側についていた、か~ら~の~一個多い水!
やあ、手に汗にぎる展開でしたね!

知っている話でも、微妙~に焦らす手法、結構面白いかもしれません。

島田秀平の怪談奇談
水曜深夜3時45分から放送中!
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/kaidankidan/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

IJP「本当は怖い話…だった話」

IJPイジュウインパーク

「本当は怖い話…だった話」
伊集院光が怖い話聞かせた若手芸人が、同じ話をいかに上手く話せるか、トーク力を競う企画。

今回の話は、

元芸人の友人の話。

その人は芸人を辞め、地元に帰ったものの、しばらく実家で何もせずにいた。
ある夜、このままではいけない、と思い、就職活動へ向けて履歴書を書き始める。
そのまま書き上げて、夜が明けたら親が紹介してくれた会社へ持っていくつもりだったが、
履歴書に貼る写真がない事に気付く。

写真を撮れる場所の記憶を探ると、
同級生の家がやっている「さいとうストアー」の前に、
三分間写真機があった事を思い出し、早速出掛ける。

夜遅い事もあったが、久しぶりに来た商店街は寂れていて、灯りもまばら。
ほとんどの店はシャッターが降りっぱなしのようだ。
暗い道を歩き、目的のさいとうストアーが見えてきたが、
なんと、ここも潰れてしまっていた。
店はほとんど廃墟のようになってしまっていたが、
真っ暗な中にぽつんと光っている写真機の前へ行ってみると、まだ稼動しているようだった。

しかし、その中には先客が居て、
カーテンの下からは真っ赤なスカート、そして真っ赤なハイヒールが見えていた。

時間を潰そうにも、辺りの店は閉まっているし、真っ暗だ。
どうしようか迷っていると、いつの間にか写真機のカーテンが開いていて女も居なくなっていた。

いつの間に出ていったんだ、と不思議に思いながらも写真を撮る為に中へ入る。
座って準備をしていると、横から女の声が。

「私、綺麗になったでしょ?」

驚いて横を見ると、カーテンの下から真っ赤なハイヒールが見えた。
さっきの女が向こう側にいて、なぜか声を掛けてきている。
撮影が始まってしまうのでそのまま無視して座っていると

「ねぇ、私綺麗になったでしょ?」
「おしゃれでしょ?」

撮影している間中、横で女がぶつぶつと呟いている。

やっと撮影が終わり、カーテンを開けるが、
ついさっきまで声がしていたのに女の姿は見えない。
いよいよ気味が悪くなってきて、速く帰りたいが、
写真機が古いせいかなかなか写真が出来上がらない。

また女が戻って来るかもしれない。

写真が出て来ると同時に掴み、急いでその場を離れる。

道路に出ると、一台の車がクラクションを鳴らしてきた。
見ると、偶然にも同級生の仲の良かった友人が乗っていたので、
ほっとして、暫くお互いの近況を話合っていた。

「さいとうストアー、潰れちゃったんだね」と話を振ると、
友人は「あれ?お前知らないの?結構大きなニュースになったのに」と、暗い顔に。

「同じクラスだった吉田って憶えてる?」
吉田さんとは、かなり太った女子だった。

「あの吉田が、斉藤に惚れてさ……」

「斉藤には既に嫁さんが居たんで、隠れて不倫してたんだけど、やっぱりバレて。
で、怒った嫁さんと斉藤の夫婦二人で吉田に相当酷い事を言って罵ったらしい。
容姿や体型の事とか服装が酷いとか」

散々なじられた吉田は心の病気になった。

そしてある日、フラリと「さいとうストアー」に現れた吉田さんは、
ガソリンを頭から被って火を付けたのだという。

「まさか……さっきの赤いハイヒールの女……」と先程の話をしようとすると、
友人は「あれ、やっぱり知ってた?吉田が焼身自殺した時、真っ赤なドレスとハイヒールだったんだよ」

ふと、手にしていた写真に目を移すと、そこには自分の顔写真ではなく、
真っ黒に焼け焦げた人間が写っていた。

録画してないので所々うろ覚えです。

寂れた商店街と赤いドレスの女、破壊力高いですね。
足と声だけってのも怖い。
後半は斉藤も吉田もクソだな!

毎回話を作るのは大変だろうけど、この企画はまたやって欲しい。

実は、今回途中から熱闘甲子園(毎年夏にやってるテレ朝の甲子園情報番組)が見たくて、ちょっとザッピングしてしまった……。

甲子園で野球をする高校生は、いつ見ても自分とは住んでいる次元からして違うのではないかと思う。
甲子園で汗を流す高校生、必死の逆転劇を見ながら吐く台詞は

「東海大相模高校の監督、極楽とんぼの山本じゃないか?」

そんなわけで決勝戦も楽しみです。
我が県はもう負けてしまったので両方頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年8月14日 (土)

伊集院光の怪談企画

MXテレビで放送中の「IJP伊集院パーク」にて、待望の怖い話企画が放送されました!

その名も「本当は怖い話……だった話」
まず伊集院光本人が怖い話を披露し、それを聞いた若手芸人が同じ話を別のオーディエンスに対して聞かせる、という内容でした。
話を進める順序やらがグダグダになり、怖かった話も怖くなく聞ける(?)という企画です。

お題の話で、伊集院光の怪談を楽しみ、後は笑って見れる、二度おいしい「本当は怖い話だった話」は、来週もやるようなので今から楽しみです。

今週のお題の話をうろ覚えでまとめ。

とあるラジオの企画でお寺を借りて百物語をすることになった。
一話終えるごとにろうそくを消していき、百話を終え、最後のろうそくが消えた時に
恐ろしいことが起きる……というもの。

語り部は二十人、各自五話ずつを持ちより、百物語が始まった。
百話もあれば長く、中には話のあまり上手くない人も居たり、と流れはグダグダで居眠りを始めるスタッフも出始める。
明け方、ついに最後の一話が終わったが、ついに何も起こらずじまい。

しかし、語り部の一人が「最後にとっておきの怖い話を準備していたのに、順番が回って来なかったのが残念だ」と言い始める。

確かに百話数えたし、勘違いだろうと周囲は言うが、本人は順番が回って来なかった、と譲らない。

結局、収録したテープを再生して調べてみると、
一つだけ誰が語ったのかわからない話が出てくる。
皆、聞いた記憶はあるものの、語った人は判らず、話もぼそぼそとしていて聞き取れない。
ぼそぼそと話を続けるテープの声が最後に
 


 
 
「俺、先週死んじゃったんだ」
 

 
 

百物語をしていた部屋に、一週間前、事故で亡くなった人のお骨があったそうだ。

うーん、どっかで聞いたことある話だ……。
一度聞いた話をうろ覚えで書くのは難しいという事は凄くわかった。

有名な都市伝説「赤いクレヨン」は、伊集院の創作だとどこかで見たけど、
語り継がれる怖い話が産まれる事を密かに期待してます。

むしろ、創作怪談を配信してくれればいいのに!
MXテレビを見られる人も限られてるし、かなり需要あると思うんですけどね。
IJPを見たくても見られない人と、怪談を聞きたくても稲川淳二の声が聞き取れない人(私です)の為に是非やってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

新番組【イジュウインパーク】

MXテレビで始まった伊集院の新番組見ました!
正式名称は「IJP イジュウインパーク」ですが、
新聞では伊集院Pとなっていたので略名はイジュPで良いですか。
と思ったら、みんなIJPってプリントされたTシャツを着てました。
イジュぴーの方が良いと思いませんか!?
イジュぴー、柿ピー、のり……思いませんね!内Pと被るしね……。

それはさておき、伊集院の首筋あたりからチラチラのぞく、
壁に書かれたNEWSの文字で掴みはバッチリ。
本当にNEWSって書いてある!と笑って満足。
マジで使い回し、というか隙間での撮影なんだなぁ。

伊集院が動くとチラっと見える感じが何とも良いですね。
NEWSチラリズム、何とも高尚な響き……。
すでに伊集院が見たかったのかNEWSの字が見たかったのかわからない状態に。

ぱっと見全然知らない芸人が沢山居ましたが、
声を聞くとすぐわかる、ラジオでお馴染みの若くない若手芸人などが出演していました。

この無名芸人達がついったーで質問に答えてくれる、という誰得な(失礼)企画や、
写真のコーナーが紹介されていました。
のはなし文庫版に収録された写真もちょっと出てきてました。
フェイスハウス(顔っぽく見える家)の紹介は「のはなし」の文庫でみたものが多かった、
ってかほとんどでしたが、
キジの巻の「まだまだあるぞ!フェイスハウス」の項、
下段の写真の人(家)は電話をしている所だった事が判明!

「デジタル」はともかく「ド根性」を押しまくる理由は良く分かりませんが、
写真のコーナーは結構楽しみしておこうと思います。


独り焼肉の件は水に流して「あごのお姉さん」白鳥とからみたい猛者はツイッターに急いでログインだ!!
4人の無名芸人に私もなにか質問をしてみようかと思いましたが、
思ったよりツイッターの使い方を理解していなかったのでやめときます。
一応フォローはしておきましたが、そもそもツイッターの使い方所か、楽しみ方が良く分からないんです。
「リプライ」なんて今日初めて聞いたし。

イジュPサイトwww.mxtv.co.jp/ijp/ファミ通の写真と同じじゃねーか!?な顔写真。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

映画【KIDS】



乙一原作の映画「KIDS」をみました。

傷(キズ)→KIDS(キッズ)
ダッセェ!とか言わないように。

もっとも、原作とは別ものでしたが。
原作厨のキモさが発揮されてしまうので詳しくは書きません。

レンタル100円だったので寛大に行きましょう。

小池徹平、玉木宏は結構好きです。
栗山千明は綺麗だけど怖い(劇中ではマスクをしてるのでコワクナイヨ)

徹平クンには、ちょっと親近感を覚えますね。
身長とか、身長とか、おとなしい所とか、身長とか。挙げたらキリがない!

全体的にコイケテッペイクンカワユス(*´Д`*)な映画でした。
小池徹平好きな女性は必見でしょうな。

妙に洋画っぽさを意識したような作り、変に壮大な事故現場やら、スローモーション使いは微妙。
シホとアサトが同年代になった事で、話の意味が違ってしまったなぁ、という感じ。
原作とは、ラストもちょっと違ってます。

なんというか…、主人公の影うすっ!
父親の最後のシーンは重要だろうが!!
凶暴さは、まぁ、イケメンだから許される。

最後に
「シホ、マスクしてた方が、綺麗だよ」

目が大きい人ってマスク似合って良いよね。
想像をかきたてられると言うか、
栗山千明の顔が絵画みたいで怖いって言うか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)