食べ物

2019年3月 9日 (土)

芋けんぴ旅・ダイソー編

最近芋けんぴを週に4袋ペースで食べていたら、
アゴが鍛えに鍛えられてしまい
顔が四角くなってきたような気がする森野です。

今回はダイソーの芋けんぴ調査です!

ーーーー
シブヤ 芋けんぴ
90g
澁谷食品株式会社(高知県)

7
「国内契約農家産の
『黄金千貫』を使用。
カリッとした食感と
芋の風味が生きたお菓子です。」

細めでカリッとして噛み砕きやすい感じですが
食感はわりとバリバリした感じ。
砂糖の付き方がいい具合に粗めになっていて
芋の味もしっかりしておいしい。

しかし量が「90g」と、他コンビニより少なかったファミマのものより
さらに少ないのでコスパ的にはかなーり微妙。
澁谷食品の芋けんぴはちょっと量が少ないですね。
でも、味はかなり上位だと思いますけどね!
カロリーを気にしたり、食べすぎないようにしたい人には良いかも……
って言うほどの差はないので気休め程度ですが。
90gで453カロリーです。

ーーーー
シブヤ 胡麻けんぴ
80g
澁谷食品株式会社

8
国内契約農家産の「黄金千貫」を使用。
胡麻の風味が香ばしい、大学芋風味のお菓子です。

さらに少ない80gで胡麻付きバージョンが登場
見た目がめちゃ細いので中身も撮りました。

何となく、ケッ、スカシやがって!的な感じがありますが(ないですか)
食べてみると……う、うまいっ!
サクッとして硬くなく、じんわりした甘みと胡麻の香ばしさ……!
悔しいけど美味しいですね。
甘さは控えめで、少し塩が入っているせいか
芋けんぴとはかなり違った雰囲気になってます。
ミニストップで買った大学芋せんべいより大学芋っぽいかも……
でも大学芋せんべいの方が胡麻感は強かったです。
80gで413カロリー。

ーーーー
ついでに、芋けんぴと全く関係がない

太陽の恵み
バナナチップ
110g
原産国フィリピン
加工者 株式会社友口(福岡県)

9
「南国フィリピンの太陽の恵み、バナナをココナッツオイルで
サクッとフライにしました。
食物繊維を含む、マイルドで軽い、ほどよい甘みをお楽しみ下さい」

バナナチップってもっと硬いイメージだったんですが
思ってたより全然硬くないですね!
アゴを鍛えすぎているせいかもしれませんが。
噛むと外側がパリッとして、中はサクッとサラサラ崩れていくような感じで
思ってたよりかなり食べやすい。
砂糖の甘さは控えめでバナナの甘い香りと味が広がります。
バナナ味のバナナって感じのバナナの香りの味がします(誰にも伝わらない表現)
カロリーは高く、100gあたり(1袋110g入り)542カロリーでございます。

ーーーーー

検索してみると、ダイソーセレクトという袋の芋けんぴも出てくるんですが、
店頭にはありませんでした。
でも日本産で90gって書いてあるから、多分同じ澁谷食品のやつかな?

本当は「100均編」として各社のものを揃えようと思っていたんですが
行動範囲にあるセリアは2店舗とも芋けんぴどころか食品の取り扱いがなく、
キャンドゥは潰れて無くなってしまっていたので、
もはや100円均一ではなくなったダイソーのみという悲しい結果になってしまいました。

キャンドゥうううううう!!帰って来てくれぇえええ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

芋けんぴ旅・コンビニ編

各地でアホみたいに芋けんぴを買っているのでついでにレビューしてみました。
「芋けんぴ旅」とかいうタイトルをノリで付けましたが
近所で100円均一菓子コーナーをウロウロしているだけで実は全然「旅」してないです。

では、芋けんぴレビューコンビニ編はじまるよ!

------------
ファミリーマート
2
素材の甘み 「いもけんぴ」
95g
澁谷食品株式会社(高知県)
ファミリーマートの共同開発

「九州を代表するさつま芋『黄金千貫』を使用
ほどよい硬さで、満足な食べごたえです」

ちゃんと甘いけど、砂糖は強すぎない素材の甘み!
硬さもほどよく、パッケージに書いてある文言通りでした。
ザ・スタンダードな芋けんぴと言った感じ。

特に少ないような気はしませんでしたが
こちらは95gで他コンビニは100gなのでほんのちょっと量が少ない。

------------

ローソン(ローソンセレクト)
3
「芋けんぴ」
製造元 株式会社村田製菓(宮崎県)
100g

「芋本来の風味を残し、
ほんのりした甘みに仕上げました」

表面の砂糖が強めで
食感は硬すぎないけど砂糖コーティングが厚いので
噛んでいると時々砂糖のシャリホロ感がある。
甘いもの好きにおすすめ。

これはたまたまかも知れませんが
袋のサイズ(横幅)よりも長い芋けんぴが何本も入っていて
思わず指の間に1本ずつ挟んでバルログ、又はウルヴァリンをしたくなりました。
ちなみにコンビニ「ポプラ」もローソンセレクトを置いているみたいです。

------------

ミニストップ
4
「芋かりんとう」
100g
製造者 横山食品株式会社鹿児島工場

「九州産の黄金千貫を100%使用し、
さつまいも本来の風味を生かした、ほんのり甘いお菓子です。」

かなり硬い!グッと噛んでバリッと砕く感じです。
最初は硬さに驚きますが、慣れてくるとまあまあ普通に食べられます。
調子に乗ってボケーッとテレビなどを見ながら食べていると、
端の方など、硬すぎて歯にめり込むかと思う部分もあるので注意。
屈強な九州男児にはこれぐらいじゃないと物足りないのかもしれません。
あと、一番(量が少ないファミマのものよりも)カロリーが低い。

【おまけ】同じミニストップにあったので
5
「大学芋せんべい」
株式会社 村田製菓(宮崎県)
60g

「九州産黄金千貫使用」
「黒ごまの風味とサクッとした歯ごたえが特徴の芋菓子です」

平べったい短冊状の芋せんべい
裏のゴマが透けて見えるくらい薄いのでパリッとしていて
噛んでいるとごまがあって香ばしいですが芋の風味はあんまりない。
甘さは控えめで、大学芋な感じはしません。
「ごま付き芋せんべい」という風に食べれば普通においしいですが
「大学芋」と言われるとちょっと物足りないような気がしてしまう。
芋よりごまがメインといった感じ。

60gと重量は少ないように思えますが、一つ一つが薄いので
袋を開けてみると思ったよりたくさん入ってます。
カロリーは296と芋けんぴと比べると控えめ。

------------

セブンイレブン(セブンプレミアム)
6
九州産のさつまいもを使用した
「薩摩芋けんぴ」

100g

株式会社 村田製菓(宮崎県)
セブン&アイグループ共同開発

製造はローソンと同じ村田製菓
砂糖強めな村田製菓……と思いきや、それほど強くは感じません。
袋の下の方にある小さめのものほど砂糖感強くなっていく感じでした。

硬さも控えめなような気がしましたが
No.1の硬さを誇る(※私が勝手に言ってるだけです)
横山製菓の直後に食べたせいかもしれません。

------------

近場にあるコンビニ芋けんぴはこんな感じでした。
一応食べ比べしてみましたが、
どれ食べても「芋けんぴおいし~い!!」って感じなので
正直言ってそんなに違いはないです(笑)
一つだけ「おすすめとして人に食べさせる」とかならファミマのですかね~。

まだ行けてないんですが、デイリーヤマザキは
どうやら渋谷食品の芋けんぴが置かれているっぽく、
コンビニでは村田・渋谷が強いですね。

スーパー・ドラッグストア等では「南国製菓」という高知県の会社の商品もあり
ここには出てこなかった「南国製菓」ですが実はなかなか侮れません。
芋けんぴ界における南国・渋谷・村田・横山
なんかアイドルグループみたいな名字の並びですが
まさに芋けんぴ四天王と言っても過言ではないのです……

ゴゴゴゴゴ……

つづく……
か……わかりませんが
……気が向いたら書きます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

おや?ココナッツサブレの様子が……

言わずと知れた懐かしビスケット
「ココナッツサブレ」

私は「ココナッツ」自体は正直苦手ですが
ココナッツサブレは大好きです。

近年小分けの包装になりました。
サブレが正面向いてるの、いまだに違和感ありますね~。
(以前は棚に並べた本のような感じで側面をズラーッと見せて入っていました)
袋も平たくなってコンパクトな印象に変わっています。
前の永久に食える感じも良かったんですけどねぇ!

最近ミニサイズの袋入りがコンビニに置かれたりしているのを見て
波が来ているんじゃないかと思っていたところ……
【本題】
その「ココナッツサブレ」アイスが出ていました!
1
ファミリータイプ的な箱入りですが、もちろん個包装で
一つ一つが小さ目なので一度に数個食べても余裕!
一度に数個食べる必要ないですけどね!

細めの箱に7個入りなので
大きさは思ったより小さくて
掌に3個ぐらい余裕で並べられるくらいのサイズというか……
無理したら二口くらいで食べられるようなサイズというか……
いや、分かりにくいな!無理して食べちゃダメ!
あ……ココナッツサブレと同じ大きさにアイスがはさまったサイズです。

これが
あまい!おいしい!
ビスケット部分の味は完全にココナッツサブレ!
思った通りの味!!(良い意味で)
食感はもすっとしたやわらかい感じになってます。
挟んであるアイスはミルク感強めの甘いバニラ味でした。
このアイス、かなり甘いけどおいしい!!
ミルキーとはこのことかって感じです。

店で見て飛びついてしまったものの、食べる前には
「ココナッツサブレを買ってセルフでアイスを挟めば良いのでは……」
などと少しばかり思ってしまいましたが、
アイスもいい具合にたっぷり入ってるし
手軽に食べられるし、自分でココナッツサブレとアイス買っても値段同じくらいだし
ココナッツサブレとはちょっと違ったココナッツサブレを楽しめるので損はないでしょう。

「ココナッツサブレ」の商品画像貼るためにAmazonを見ていたら
いっぱい種類があって驚きました。
スタンダードなやつはスーパーでもよく置いてあって、
「トリプルナッツ」もつい先日発見して今手元にあるんですが、
発酵バター!焼き芋!メープル……!!おいしそう……。
スーパーで全種取り扱うくらいもっと流行ったらいいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

孤独のおやつブーム

年末にフィナンシェにハマっていたことをちょっと書きましたが
最近また1人ブームが発生したのでちょっと書いておきます。

去年、やわらかすぎる焼き芋に対してグチを書きましたが
「ねっとり芋」の台頭によって焼き芋への興味が萎んでいき、
勝手に柔らかい焼き芋を食べて便秘を解消するがいいさ若い女よ!
などとスーパーの焼き芋マシーンすら睨み付けていました。

しかし……
さつまいもへの思いは消えていなかった!!

ある日スーパーで袋菓子を物色していますと、
「お買得気分」という100円均一(税込108円)のシリーズがあり
いくつか買って帰りました。
Photo
お買い得「気分」とは、
実は気分だけで別にお買い得ではないのではないか……
などという思いが頭をよぎるが
「ふるさと自慢」というマークが付いたものは
ちゃんとそれぞれその県の会社が製造元になっているので良い感じです。

愛知のしるこサンド
千葉のピーナッツせんべい
そして、高知は「芋けんぴ」
正確には「深層水芋けんぴ」という仰々しい名前です。

そう、芋けんぴですよ!!
ガリッとするほど固い芋けんぴ
「なんで芋けんぴの画像を出さないんだ」と思っている方も居るかもしれませんが
とっくに食べ終わって袋を捨ててしまったのです。
よって、お買い得気分ふるさと自慢の芋けんぴの画像はありません。

御当地お菓子は数種類だけで、他は普通のせんべいやチョコがほとんどですが
ふるさとを自慢していない普通の黒糖かりんとうは滋賀県産でした。

この「お買得気分」シリーズを販売している
ジェーシーシーという会社のホームページを見てみると
「全国各地の菓子卸会社が共同出資したお菓子の企画会社」らしく
なるほど全国各地の製造元があるわけですねー。
今現在全部でどの程度あるのか知りませんが
もっと「ふるさと自慢」シリーズ増やしても良いと思う!

ちなみにお買得気分シリーズのページを見たら
芋けんぴが売上1位!!
スーパーにコンビニ各社にホームセンターまで至る所に置いてると思ったら
やっぱり需要があるんですねぇ!
近所のスーパーなんて、100均菓子の芋けんぴ含めて3種類置いてたしな~。

ただ、うちの近くのセブンイレブンには売ってませんでした。
ホームページを見ると芋けんぴ自体は存在しているみたいなんですが
……ヒカキンが紹介したんじゃないでしょうね?
今度別の店舗に行ってみようと思ってます。

色んな所で購入した芋けんぴ、まだ3種類ほどですが
食べ比べてみると案外違うもんですね。
ほぼ全部が九州産のさつまいも「コガネセンガン」で同じなのに
表面の砂糖の強さとか食感が物によって結構違います。

検索すると色々変わり種の芋けんぴがあるのも気になる所です。
本場高知では揚げたて芋けんぴが食べられるとか。いいなぁ。

今現在コンビニスーパードラッグストアなど色々な所に行き
ついつい同時に他のお菓子も買ってしまい
Photo_2
こういう関係ないお菓子も増えていき
食べるのが追いつかず(でも短くても4月くらいまでもつので余裕ですけどね!)
我が家ではお菓子が大渋滞を起こしてますが……。

もし今地震などが起きたらこのお菓子満載袋を持って逃げようと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

焼き芋のこと

なにも書くことなくて全然更新しないのもアレなので、
どうでもいい話をひとつ。

最近急に焼き芋が食べたくなって、スーパーの焼き芋を買いました。
家に帰って、さっそく食べようと思いましたが
少食なんで半分だけ食べて、残りは後で食べようと
まずは真ん中から半分に割ろうとしたんですね
そしたら、
なんじゃこりゃ!指がめり込む!
やわらかすぎて芋が割れなーい!!!!(怒)
(横に居る菊川怜が尻で踏む)
キャッ!割れてない!ハズキルーペだーいすき!
(芋はぺちゃんこ)

うちに菊川怜は居ませんが
とにかく芋がぐにゃぐにゃで割れないわけです。

昨今、ねっとり系の芋が人気とかなんとか、かすかに聞いたことがあるんですが
これがそれなのか!!?
芋の天ぷらばっかり食ってる間に世の中が変わってる!

食べてみると、味は普通に甘くておいしいんですが
これちょっとやわらかすぎやしませんか
もはやスプーンで食うレベルでぐにゅぐにゅ
一体自分は何を食ってるんだろう?
焼き芋を買ってきたはずが皮に入った芋味のペーストを食っている状況。

でもこれが今やスタンダードで、農家のひともやわらかい芋を作ろうと頑張ったんでしょうね。
一応調べたら芋の種類によって特徴が違って
「ほくほく系」といわれる焼き芋もあるようです。
(今回焼き芋を買ったスーパーにはありませんでしたが)
あとはスーパーの焼き芋マシーンに入ってる時間が長すぎて
単にハズレのぐにゃぐにゃになった芋を掴んだという可能性もあるかもしれません。
「ねっとり」という表現とも全然違うような気がしました。

自分はやわらかい焼き芋は正直もう買わないかな〜
あれを好きな人が居るならそれはそれで全然問題ないし、
存在していることに何も文句はないんですが、
「焼き芋」を欲してる時にあのぐにゃぐにゃ芋は違うんだよ〜。
焼き菓子のスイートポテトは好きだけども!

ただ、あの品種って料理に使ったらどんな感じになるんですかね
味自体はかなり甘くておいしいと思うので、焼き芋じゃなくて
別の料理とかお菓子だったらものすごく気に入る可能性もあると思う。
むしろ、中身を丸めただけでスイートポテトや芋ようかんとして出されたら
うまいうまいと喜んで食べる可能性がある。

グチグチ言う割に単純な私ですが
世の中の風潮やブームと気が合わない食べ物ネタシリーズならたくさん書けそう

「たい焼き尻尾まであんこたっぷりは別に嬉しくない問題」
「何でもかんでもチーズいれるな問題」
「米食えないくらいなら早死にした方がマシ問題」

タイトルで主張が全部終わってる感があるので書くかどうかは微妙なところ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

憧れの「どんどん焼き」

私自身食べた事はないのですが「どんどん焼き」という食べ物をご存知でしょうか。
駄菓子のせんべいではなく、お好み焼きに似たもので、
昔は東京でも屋台で売られていたそうです。

どんどん焼き-Wikipedia
入っている具にも色々ありますが、
丸型のもの、二つ折りにしたもの、割り箸に巻きつけたものなど、形も様々。

食べ物について書かれたエッセイを読んでいると
この「どんどん焼き」というものについては色々な方が書かれています。
屋台の思い出を語るおっさん達の楽しそうな様子も相まって憧れが募ります。

■池波正太郎『食卓の情景』

屋台のどんどん焼きは、店によって色々な特徴があり、
子供たちも自分好みの店を探しに遠くの街まで行っていたとか。
どんどん焼きの他にもパンカツ(三角に切った食パンに卵・メリケン粉をといたものをつけて焼き、ウスターソースをかける)
など興味をそそられる食べ物がたくさん出てきます。
池波さんの言う「どんどん焼き」は
エビ天・イカ天やパンカツ、といったメニューの総称なのかな?
子供の頃は仲良くなった屋台の店主にオリジナルのメニューを提案した事もあったそうです。
大人になってからもどんどん焼きを作ってビールを飲んでいたとか。

池波さんは別のエッセイでもどんどん焼きについて書いているようですが現在未確認。
 

■阿刀田 高『食卓はいつもミステリー』

「屋台の味」の項でどんどん焼きにふれています。

やはり家でも作っていると書かれており、
作り方は
「熱い鉄板の上に水と卵でといたメリケン粉を薄く流す
鉄板の上で円形を作って固まりかけるところに
切りイカ(スルメを機械で細かくしたもの)をほぐして広げ、紅しょうが、干しえびを散らす。
フライ返しでギュウッと押し付け、クルリとひっくり返し表の方も焼き、
またもとに戻して筆で醤油を塗って完成」

四分の一に切った新聞紙にのせて食べる”と余分な油を吸って良いらしい。

かなりこだわりを持っていらっしゃいます。
どんどん焼きはソースのイメージがありましたが
醤油味で、切りイカが入るんですね。


■吉田戦車『逃避めし』

http://www.1101.com/sensha_meshi/2009-10-22.html
(↑元々webでの連載なので本文が読めます)

タイトルは「どんど焼き」ですが、本文に「どんどん焼き」とも呼ばれると書いてありました。
店では「海苔がぺろっと貼ってあった記憶もある」そうです。
戦車さんは岩手出身なのでウィキペディアに載っている情報とだいたい一致していますね。
こちらも醤油味。

実際に作ったものは円形、単行本の挿絵は二つ折りの形でした。

「どんどん焼き」屋台の思い出を持った大人は高確率で家で作っているという事実が浮き彫りに!

今のところ知っているエッセイはこの三つだけですが、
最後に私が鉄板焼き屋台に憧れを持つようになった原点と思われる児童書がコチラ

■富安陽子
『キツネ山の夏休み』

この本自体が好きで何回も読み返していました。
どんどん焼きとは違うけど似ているのが
主人公が縁日に行くシーンで出てくる「洋食焼き」
これはどんどん焼きが進化した「一銭洋食」の流れを汲んだもののようです。
本の中に出てくる説明は
「鉄板の上にといた小麦粉をのばし、その上に
きざみキャベツと天かすと紅しょうがを目にもとまらぬ早業でばらまく」


↓イメージの近い動画がありました
どんどん焼きは洋食焼きでお好み焼き?言いたい事はわかるけど!(笑)


「キツネ山の夏休み」の洋食焼き屋台のオヤジが、なぜか子供には洋食焼きを売らず
安い「食パン焼き」しか売ってくれないというのが印象に残っています。
食パン焼きは、鉄板で焼いた食パンにソースと青海苔をまぶしたもの。
洋食焼き100円、食パン焼き70円。
この食パン焼きの方も良いですね。パンカツよりも簡単です。


山形県は今もどんどん焼きが名物として残っているらしく、動画もありました。
割り箸にクルクルッと巧みに巻きつけてジュウってやる所がなんとも良いですね!
しかも、出来上がると表面に具材が三色並んでる~!
持ち手が付いているからお祭りとかで歩きながら食べるのに良さそう。

しかし最初に言った通り、食べた事がありません。
自宅でも簡単にできる物ですが、食べてしまったら
今以上に憧れを抱く事はできないだろうと思うと、なんだかもったいない気がして。
やっぱり最初は縁日とかで食べてみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

「コレジャナイロボ」キャンディ

コンビニで目立っていたので買ってしまいました。

「コレジャナイロボキャンディ」

コレジャナイロボ - Wikipedia

1
雑なかわいいパッケージですね!

「食べてびっくり!?」「これじゃなーい!」と、気になる感じ。

袋の裏もごちゃごちゃ面白い事が書いてある。
「ホームページも見にきてね!(行くと全然ムードちがうけどね!)」とか(笑)
実際にホームページを見てみたら、以外にきちんとしてて期待を裏切られた。
コレジャナイロボ オフィシャルサイト

で、肝心の中身はというと
「食べたかったのはコレジャナイ!」
「コレジャナイ(?)4つの味」

……と、なにか仕掛けがある様子。

こちらが問題のキャンディ
2
コーラ味、ソーダ味、レモン味、グレープ味

個包装にもロボの絵が書いてあるのは良いが、
コレジャナイロボ(敵)とか、雑なネーミングがまた。
コレジャナイロボ(青)の顔が結構好きだ。
イライラしてるような、へんな口してて。

青を食べてみると……

……!?

「コレジャナイ!」

青なのにグレープ味だ!
なんと、青=ソーダ味だと思ったら違う!
ここが“コレジャナイ”ポイントだったんですね!
飴玉の色も青いのにびっくりです。

袋の裏の「食べてからめくってね」という所をめくると
「あおなのにグレープ でもまあこれでいいね☆」
なんて、ネタばらしが書かれています。
なるほど、めくって確認してから食べれば……。

全然関係ない話だけど、レモン味の飴をたべると鼻に汗をかくのって自分だけ?

全体的に明るくおちゃらけた感じが楽しい「コレジャナイロボキャンディ」でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

エンゼルショコラはおいしいだろ……

テレビ朝日で平日夜に放送している帯番組「お願いランキング」
ちょい足しなどをやっているあの番組、
暇人なのでしょっちゅう見ているのですが、
美食家がファミレスの料理やらを食べて、厳しく批判したり、
新商品を褒めちぎったりするコーナーがあるのは結構有名でしょう。
いつもは川越シェフが出ているこのコーナー、
今回は甘いものだからか、川越が多忙なのか、女性ばかりでした。

本日は「ミスタードーナッツ」

新商品にまじってオールドファッションやエンゼルショコラが入っていて、
それ自体よく分からないチョイスだったけど
その日、評価の対象になった商品の中では売上1位で
私も好きな「エンゼルショコラ」が最低評価だった事に驚き!

エンゼルショコラとは、ココア味のフレンチクルーラーに
生クリームがサンドしてあるドーナッツ。【エンゼルショコラ】

正確な商品名は「ショコラフレンチ エンゼルショコラ」
いつも文句ばかり言っているイメージのおばさんがショコラティエらしく、
商品名に2つも“ショコラ”とついているのに、チョコ感がなく、詐欺だ!とか。

んなもん、見りゃわかるだろ馬鹿!
しかも「ショコラ」をウィキペディアで調べたら
ショコラ (Chocolat)
チョコレート、或いはココアを表すフランス語。
チョコレート色のことを指すこともある。

だってよ。
良いじゃん、チョコ感なくても。
チョコレート色のココア味ドーナッツだから良いじゃん!

エンゼルショコラって一時期店頭から消えてませんでした?
単に売り切れてただけかも知れませんが、
たまに食べたくなって店を覗いても置いてなくて、泣く泣くエンゼルフレンチの方を買ってたんですよ!
ほぼ同じものだけど、ちょっと苦味があるショコラ生地の方が美味く感じるのだ。

庶民の安い舌ナメんなよ!
まぁ、売上1位ってことは……ねぇ。
おばさんたちの意見を真に受けて、変なリニューアルとかしないといいなぁ。

美食家の大先生方は実際にミスドなんか買わないでしょ?
買わないプロより買う素人の意見を信じて、ミスドにはこれからもエンゼルショコラを売り続けて欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

懐かしの駄菓子

なつかしおやつを購入してきました!

書籍「まだある。」を読んで以来ちょっとしたなつかしブームが到来しているので、
駄菓子コーナーのあるスーパーに寄ってみたところ
なつかし駄菓子の他にもうまい棒どんだけ味あるんだよ!とか色々楽しめました。

選んだ末に購入したのがこちらPhoto

・純露
べっこう飴と紅茶飴の二種類が入った飴。
黄色い方はとても甘く、茶色い紅茶飴は数も少なめで上品な甘さ。
「宝石の味……純露」「キャンディの傑作」の自信過剰なキャッチコピーに恥じない美味しさ。
気品のある甘さ……って、俺が言う前にUHA味覚糖が全部自分で書いてます。

・さくら大根
ぱりぱりの酢漬け大根。まあ、普通に漬物……ですね。
おいしいが子供時代は殆ど買った記憶がない。
似た味の、すももが汁に浸った駄菓子の方をよく買っていた。
たぶん、汁がある事にお得感を見出していたのだろう。
すもも汁をチュウチュウ啜ってはむせていたような気がする。
子供の頃からケチ臭かったんだな、と気が付いて絶望。

・チーズあられ(写真左下)
「チーズ」の名前を冠しているがまったく派手さのない、
「ハンバーグにチーズが乗ってたらつい頼んじゃうんです!」みたいな女からは見向きもされなそうなタイプの菓子。
ほどよい塩味とさっくり軽い歯ごたえが好きでよく食べていた。
昔はもっと大きい袋にぎっしり入ったやつを食べていたと思う。あのデカ袋を家に常備したい。

・蒲焼さん太郎/焼肉さん太郎(写真右上)
「さん太郎」ってなに?何なの?そもそも何の蒲焼なの?
まあ旨いからいいや、安いし。でお馴染みの「蒲焼さん太郎」
パッケージのうしろを見たら「おさかなのすり身にイカ味を混ぜ合わせて板状にのばしたものを食べやすいようにカットしてオーブンで焼き上げ、その後みりん、醤油、七味等で味付けして蒲焼風に仕上げた」ものだそうだ。
焼肉さん太郎の場合は説明文の「蒲焼風に」が「焼肉風に」に変えられています。
つまり、同じって事……か……?いやいや、そんな事は……まさか……。

・やきそば屋さん太郎(写真右中央)
また「さん太郎」かよ!と思いきや「やきそば屋さん」「太郎」なのか。
ぶたのキャラが太郎?
製造者が蒲焼さん太郎と同じく「株式会社 菓 道」な事にも注目だ。
あまり記憶にない菓子だが、1つ10円なのが大変魅力的である。
袋のうしろに記載された「召し上がり方」が「袋から手のひらに菓子を出す」「口に運ぶ」的な2つのイラストだけで説明されているのが面白い。
なぜわざわざ……しかも、袋から直接つまんだって別にいいじゃんか。

・ど~ん太郎(写真右下)
上記の「やきそば屋さん太郎」と似ているが、麺の形がきちんとうどん風になっている。
「お湯をかけてもおいしい」らしい。
パッケージのキツネが満面の笑みで「キツネなし!」と言っているのが何ともいえない。
このキツネはなんとなく懐かしい気がするので、多分昔も食べていたんでしょう。
何が何でも「太郎」なんだなこの会社……。

細々した菓子を選ぶのはやっぱり楽しい。
10円~30円の駄菓子最高!
最近は少し値段の高い駄菓子が増えていますね。
あと、串カツとかの容器丸ごとで売ってるやつも多かった。
あれをたくさん買って、家にズラリと並べて好きなだけ食べたら幸せだろうなァ。
やりたいけど、700円とか地味に高いんだよなー。

他には「ヨーグル」という、ヨーグルト風の容器に入っていて小さい木のヘラで食べるあの駄菓子の巨大版が出ていて、初めて実物を見たので買おうか迷いましたが、結局食いきる自信がなかったため断念。
パンに付けたりするのも公式な食い方らしいが……。
200円くらいだったと思います。興味のある方は是非買ってみて下さい。

よくよく見たら「まだある。駄菓子編」の表紙にチーズあられが載ってますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

おっさん×チョコ

本日ご紹介する商品は……おっさんのチョコ!

甘いチョコレートとヒゲオヤジの織りなすハーモニーが絶妙なコチラ!
「スーパーマリオ ペロティ」

Photo
ヒゲオヤジチョコペロペロ!ペロペロ!

子供たちに、このヒゲオヤジチョコを食べさせるなんて……。
なんという悪趣味!ぼくの頭をお舐めよ!ってか!?
おとなしくアンパンマンチョコを生産していれば良いものを、なぜ道を誤ってしまったのでしょう!
レベルの高い変態だと思うのだがどうだろうか。
パッケージのドヤ顔ルイージの存在も謎。

スーパーの安売りコーナーで見つけたわけだが……
やっぱり売れなかったんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)